仕事と働き方

オワコンな会社にはさっさと見切りをつけて、全力で自分のために働こう!

会社に勤める意味とメリットって本当に少ないです。会社員である以上は会社にとって利益をもたらす活動をしなければならないわけですが、そこで自己成長やスキルアップが望めることってほぼ皆無です。

基本的に既に仕組み化された業務をこなし、いつでも交換可能な人材の中で仕事が回るようになっている。新規プロジェクトの立上げだとか色々ありますが、その努力と実績が蓄積されるのは個人ではなく「その会社」です。

そもそも他人所有の会社に、それだけの時間と労力を費やす価値があるのか疑問じゃないですか?そのエネルギーがもったいない。

ある程度社会で働いた後に個人ビジネスとか起業を意識すると、会社員の時間と労力って本当にもったいないことに気づきます。早く個人ビジネスやりましょう。

99%の会社はいらない

大半は他人の時間で忙しい

僕はこれまでベンチャー企業から1部上場企業まで様々な会社に転職してきましたが、いい会社なんて一つもありませんでした。いや、正確に言うといい会社はあるのかもしれませんが、結局は自分のビジネスじゃないってことです。

会社員として気になるのは給与とか待遇面でしょうが、そこがいくら良かったとしても上限はしれてます。仮に年収1千万円あったとしても、会社の仕事で忙殺されて自分の時間が全くないのじゃ意味ないですよね。

それって結局、他人の時間を過ごしてるのと一緒です。他人の時間・他人の人生を過ごすことが自分の人生になってしまう。

それなら年収1千万円で超激務の会社員より、年収300万円でも1日1時間くらいブログやるだけの方がよっぽどいいじゃないですか。

無理ゲーな働き方

日本人だと仕事の反対語は「休み・休日」になって、海外だと仕事の反対語は「遊び」になるそうです。有給休暇もまともに取れない日本人の働き方・仕事観がここにも見事に表れていますよね。

海外にはバカンスという言葉があって、長期休暇を取るのは当たり前になっています。バカンスは長期なので、通常の旅行とはまた別に取るんです。日本人は休みが取りづらすぎて旅行ですら過密スケジュールになってしまう。

病気の時しか有休を使えない「しんどい働き方」まともに休みも取れない、かといって昇給もしない会社ばかりなのにそれを何十年も続けるのってかなりの無理ゲーじゃないですか。

残業続きなら本気で考え直そう

サビ残、深夜残業は無意味

日本だとサービス残業は当たり前のような風潮があるかもしれませんが、サービス残業や深夜残業が日常化しているような会社はまじでオワコンです。本気で人生考え直すことを強くお勧めします。

そもそも企業がサービス残業を強いることは違法です。違法行為をしないと存続できないような会社なら、その会社は完全にオワコンです。欧米なら1分単位で残業代が支給されますし、サービス残業なんかやると処分対象になります。

深夜まで残業しても自分には何も残りません。月200時間以上残業していた僕が断言します。きっかけさえあれば気づくんですけどね。

僕の場合は大きな時間を浪費してしまったので、ブラック企業を撲滅するための発信やこのブログを運営するためのエネルギーに昇華しています。

失業保険はすぐにもらえる

毎日遅くまで真面目に頑張っていた人は安心して下さい。自己都合退職でも失業保険はすぐにもらえます。会社に離職票をすぐに送らせて、条件を確認したうえでハローワークに申請に行って下さい。

残業の記録を取っておくといいですね。タイムカードを無理やり切らせる会社もあるし、社労士と組んでタイムカードをごまかす会社もあるので。

特に退職前6ヶ月間の残業記録は重要ですね。どうせなら残業代請求できる期間(2年分まで)記録取っておくといいですよ。

最低限だけ会社で働く。あとは副業

空き時間に全力で副業

最も重要視しておくべきは「自分の稼ぐスキル」ですね。他人からもらう給料、会社から支給される給料じゃなくて自分でどれだけ稼げるようになれるかのスキル。ここを最重要視します。

会社はできるだけ定時で帰る。帰れなければ帰れるような会社に転職するか、どうせ会社員として未来がないんだから正社員を辞めて派遣か契約に切り替える。まず第一に時間の確保ですね。

時間を確保してそこで副業に没頭する。抜け出す道はこれしかありません。大企業や上場企業ですら昇給率は1~2%、飲み会1回分くらいの金額(3,000円~4,000円)しかないんですよ。さっさと見切りをつけて、全力で自分のために頑張りましょう。

現代のキャリアアップ

現代のキャリアアップって、どんな仕事をしてきたとかどんな有名な会社を転職してきたとかの経歴じゃなくて、「自分自身でどれだけ稼ぐスキルを身に付けたか」だと思うんですよね。

どれだけ会社で頑張っても、過労で倒れたり病気して会社で働けなくなったらもうそこで終わりです。それなら寝ててもネットが代わりに働いてくれるビジネスオーナーになった方がよっぽど強いですよね。

ネットを社員にすればいいんですよ。現代人なら誰でも可能ですから。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST