ビジネスコラム

なぜ副業禁止?その会社は今すぐ転職した方がいい。それはただの奴隷契約だから

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では副業禁止の会社についてまとめました。副業や兼業は完全に個人の自由です。それを認めない会社などすぐに転職していしまいましょう。

最近でこそ本当にやっと少しずつですが、副業容認の会社も現れてきました。だけどまだ多くの会社で副業が禁止されていることは周知の事実です。しかもそれを当たり前として受け入れていたのがこれまでの時代の常識でした。

なぜ会社では基本的に副業禁止なのか?
日本人は真面目がゆえにそれでも頑張ってきたわけですが、同時に悪しき風習も引きずってきてしまいました。

学生の頃からそこに疑問を持っていた僕は、やはり元々からサラリーマン体質ではなかったのでしょうね。

副業禁止は「職業選択の自由」に反している

会社に禁止できる権限などない

日本では憲法で職業選択の自由が保証されているので、副業したり兼業するかどうかは完全に個人の自由です。万が一副業や兼業が原因で会社を解雇されたとして、労働者が会社を訴えるというケースでは多くの場合で会社側が敗訴しています。

ポイント

そもそもですが、会社が社員に副業を禁止させているということ自体がおかしいことです。副業禁止は憲法22条に定められた「職業選択の自由」に反しているという考え方が一般的で、会社が勝手に副業禁止という就業規則を作ってるだけの話です。

そんな会社は辞めてしまうのが1番ですけどね。会社ってそんなに絶対的なものではないし、個人の自由を奪う権利もありません。

副業禁止にしたがる会社の本音

副業禁止にする会社の多くは「本業に支障をきたすから」みたいなことを理由にしてますが、そんなのは建前ですね。辞められるのが怖いから、ずっと忠誠を誓わせたいからというのが本音でしょう。

社員は会社に四六時中尽くすべきという悪しき風習、忠誠を誓わせたい経営者の束縛、独占欲により多くの会社で副業禁止になっています。会社の独占欲で労働時間外の時間まで拘束する権利なんてどこにあるんでしょうか?

そういう会社は仕事以外の時間もとにかく拘束したがってきます。休日や連休ともなると、ゴルフや食事会などととにかく「余計なイベント」を入れようとする。それがどれだけ社員の士気を下げていることか・・・。

会社は従業員に生活力をつけられたくない

生活力を身につける機会を減らしたい

もし自分の人生の主役は会社であり、一生かけて会社に仕えて尽くすことが自分の人生だという人はそのまま頑張って下さい。そこまでの考えならそのまま頑張った方が幸せな人生を過ごせるでしょうから。

ポイント

「社員が生活力を身に付ける機会をできるだけ減らしたい」というのが、副業禁止にしたがる会社の本音です。今日も明日も明後日も、同じように会社のために労働して欲しいからです。

「労働者を守る気は一切ない。だけど会社は守ってくれ」という考え方に賛同できる人は、社畜の才能にあふれている人です。

会社のために死ぬのと同じ

自分の人生の主役は自分自身であり、悪しき習慣や固定観念に捉われず主体的な人生を送りたいという人は副業禁止の会社からは今すぐ離れるべきです。そこで自分の人生が本当の意味で昇華することはないでしょう。

会社はとにかく尽くさせるための考え方を植え付けてきます。副業禁止もその一つ。尽くさせるだけ尽くさせるけど、社員の人生に責任は取らない。会社のために死ぬのと同じです。

会社員が月給をプラス10万円するのはかなり難しい

成果を上げても給料は上がらない

最近給料が上がった!毎年上がり続けている!という人が果たしてどれくらいいるでしょうか。給料というのは会社にとって「必要経費」なので、社員に給料を多く支払うことは本来の目的と逆行することになってしまいます。

日本のほとんどの会社では給料は「必要経費方式」になっているため、成果を上げる=給料が上がる、という仕組みになっていません。「利益分け前方式」になっていないので、いくら成果を上げても従業員の給料は上がりません。

明日も来月も同じように働いてもらうためのお金=給料なので、サラリーマンの月給がプラス10万円増えることなど夢のまた夢。無理やり残業するしかありませんが、そうなると時間を切り売りする報われない働き方になってしまします。

ラットレースから抜け出せ!

時間を切り売りしていてもラットレースから抜け出すことはできない(この辺はロバートキヨサキ氏の本を参考にどうぞ)ので、自らの手で収入を得る方法を身に付けるしか手はありません。

*会社員+ブロガー(アフィリエイター)は最強の組み合わせですが、会社がどうしても副業禁止というなら転職しましょう。

会社には尽くさせるけど自らの力で収入を得る事は認めないなんて、それただの奴隷契約ですから。

まとめ

会社員・従業員から抜け出すにはビジネスオーナーになるしかありませんが、そんなに難しい話ではありません。ブログやHPを作って代わりに働いてもらえばいので、ネット上に資産を作るのは今の時代なら誰にでもできることです。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST