仕事と働き方

【出世・昇進したくない人へ】管理職の現実と出世リスクを避けて生きる方法

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では管理職の現実と出世よりも別の生き方を考えた方がいい理由についてまとめました。

hiroです。会社員時代は一部上場の大企業から、ベンチャー企業やブラック企業まであらゆる働き方を経験し、全ての会社で管理職もやってきました。

今、出世を望まない若い世代がとても増えているようです。実際、厚生労働省が発表している「労働経済の分析」では、平成30年度の調査において61%の社会人が「出世したくない」と答えています。

管理職を経験し会社で消耗してきた僕からすれば、正直言って「とても賢い選択」だなと思います。なぜなら、出世して幸福度が上がる例がほとんどないからです。

ポイント

出世には昔からメリット・デメリットそれぞれありますが、過去の働き方のようにメリットを享受しにくい時代になってきました。働き方そのものが変わりつつある今、出世はリスクにさえなり得ます。

世の中の働き方や雇用制度が大きく変わりつつある今、過去の働き方をそのまま継続していると、突然の「キャリアショック」が訪れかねません。

今の時代に出世・昇進しない方がいい理由と、新時代の賢い渡り歩き方についてまとめました。

出世・昇進したくないは普通の思考になってきた

昇進して給料が下がる、は本当にある

管理職になると何が起こるかというと、まず「仕事の量と責任の範囲」はこれまでの比じゃないくらい大きくなります。自分とは全く無関係の事でも、代わりに頭を下げたり責任を取らないといけなくなることもよくあります。

それに見合うだけ給料が上がればいいですが、下手すると昇進したのに給料が下がるなんてことも起こります。有り得ないですよね。

「名ばかり管理職」ともよく言いますが、出世したと思ったら残業代や休日出勤手当が出なくなり、総額が減るなんてことはよくある話です。名誉をとるか実利をとるか、嘘みたいな本当の話です。

役職手当や○○手当として充当されることもありますが、それは「賞与」に含まなくていいから、あえて手当という形を取るのです。

○○手当は目先のごまかしにすぎません。基本給を増やすと賞与まで上がるから、会社は基本給を1番上げたがらないのです。

中間管理職あたりが1番キツい

最も働き盛りの世代が、出世・昇格して1番就きやすいポジションが「中間管理職」です。この世で最も損をすることが多く、最も消耗が激しいポジションですね。板挟みになるこの役職は本当にキツい。

20代~30代後半くらいまでが最も多く、主任・係長・店長・課長代理・課長くらいまでのポジションです。会社で疲弊しているサラリーマンは大体この辺の人達です。

ポイント

若手が会社で出世・昇進すると、このポジションは必ず通らなければなりません。部下の失敗や面倒を見つつ、上司からの無茶な要求を聞きつつ、自分の成果や数字も残さないといけません。

さらに単身赴任や転勤も増えてきます。結婚して新居に引っ越したばかりでもう転勤、なんてことも普通に起こります。

それに見合う分の給料が返ってくればまだいいですが、まだ若いというだけで給料が低かったりしますからね。日本の雇用形態は本当に謎です。

45歳以上の社員に早期退職募集

もし仮に、20代~30代後半の苦しい時代を何とか乗り切ったとしましょう。中間管理職というポジションで、部下の面倒も見ながら上司の要求も聞き、何とか自分の数字も残してきた。

さあ、これまで頑張ってきた分、40代はもっといいポジションに就いて給料もたくさんもらうぞ!となるはずが・・・

日本を代表する名だたる大企業が、今、45歳以上の社員に対して一斉に早期退職募集をかけています。理由は簡単で、このポジションのいる人達の年収が平均より高く、会社の負担になっているからです。

室長、次長、部長、本部長など、一般的に40代以降に就くことが多いポジションの人達は、一般的なサラリーマンの平均年収よりも高い年収なります。

その年収ゾーンの人達(45歳~60歳)は平均年収700万円~800万円くらい。やっとそれらしい給料がもらえるようになってきたら、今度はこの高年収の人達を会社はどんどん「切りたい」のですね。

45歳以上の早期退職を募集した主な企業

コカコーラ
・アステラス製薬
・日本ハム
・エーザイ
・東芝

・NEC
・富士通
・カシオ
・アルペン
・千趣会
・光村印刷

「新卒採用を増やし、組織の若返りを目指す」のようなコメントも発表されていますが、要はリストラですよね。20~30代の頃から単身赴任も転勤もこなして頑張ってきた世代なのに、無念です。

これが日本の管理職の悲惨な現実です。
今の時代に出世・昇進しない方がいい理由が十分に分かりましたよね。できるだけここを避けて上手く生きていかなければいけません。

出世・昇進のリスクを避けて生きていく

会社に頼らず自分で効率的に稼ぐ

日本の管理職の現実は十分に分かったと思います。要は会社で出世・昇進して下手に年収が上がると、今度は早期退職のふるいにかけられるリスクが上がるということです。

ポジション(役職)による年収アップは、結局その会社でしか通用しないキャリアアップです。しかし、会社員が年収を上げるには「役職」という名の座るイスを上げていくしかありません。

ポイント

会社員が年収を上げるには出世・昇進しかない。だけど年収が上がったら今度は会社から切られやすくなる。もはや会社員は無理ゲーなので、会社を頼らず自分で稼げるようになるしかないと思います。

会社というフィールドで戦うのが悪いとは言いませんが、それにしても不自由度と難易度が高すぎるんですよね。

会社収入はそこそこでキープしつつ、自分で効率的に稼ぐ方に注力するのが1番かなと思っています。

速攻で帰宅してITスキルを磨く

出世も昇進も最初から目指さず、会社員はとにかく何が何でも「定時退社」するべきだと個人的には思っていて、自分の時間こそが人生を救う気がしています。

僕自身がそうっだたというのもありますが、人生の流れを変えるためにまず始めたのが「定時退社」です。何が何でも速攻で帰宅です。

どちらにしても残業代も削減の世の中です。定時で仕事を終わらせたら1秒で早く帰宅し、「自分の時間」を確保するのが賢明ですよ。飲み会も付き合いもムダです。そこからは何も生まれません。

僕の場合はWebサイト制作やライティングに特化し、「自分の時間」を確保しほぼ独学で学びました。ググれば全部出てくるので、独学で全然いけます。

自分の力がどれくらいか試すのに、クラウドソーシングで副業してみるのもいいですよ。ITスキルを使う副業はゴロゴロ転がっていますので。

定時退社後の時間の使い方

定時退社したら、お勧めは「ITスキルの向上」に努めることです。それこそブログでもいいし、Webデザインやサイト制作、Webライティング、YouTubeでもいいし、稼ぐ方法はネット上に無限に転がっています。

日本の無理ゲー感が凄いので、会社に頼らず自分で効率的に稼ぐのが最も賢い選択になりそうです。

会社に弱腰になる人生はつまらない

なぜITスキルがいいかというと、単純にまずITがこれからも伸び続けるからです。自宅でコツコツ学べるし、誰かに会うとかじゃないので、会社に身バレするリスクも少ないですよね。

もし副収入で20~30万円稼ぐことができたら、たぶん半数以上の人は会社を辞めてそっちに集中するか、会社に対して弱腰になることもなくなるでしょう。

ポイント

会社では「そこそこ平凡な人」として過ごし、ちょうど定時退社できるくらいで仕事を終わらせます。早すぎても遅すぎてもいけません。余計なコミュニケーシンも取らず、風のように定時で会社を去りましょう。

積極的に仕事を頼めるほどじゃないけど、任せてて不安ということもない。このくらいのポジションを維持しておけば、出世も昇進もしにくい「普通の人」でいれます。

出世・昇進より大事なことがある

強く生きるためには「個の力」

基本的に、会社に対して弱腰にならないといけない人生は面白くないです。虎視眈々と自宅で頑張り、誰よりも「強い力」を磨いておきましょう。強力なITスキルは転職市場で評価されるスキルになります。

会社でどうしても納得できない事があった時「じゃあもう来ないからいいです」と言えるくらいの力があれば最高ですね。

強く生きるには「個の力」を身につけるしかありません。会社に対して弱腰にならないといけない人生は面白くないです。これから先を強く生き残る道は「自分の力」に中にあります。

会社員は毎日定時退社して自宅でスキルアップに集中しましょう。

会社員は速攻で帰宅して自宅でITスキルを磨く→ネット上で稼げるように→ビジネスオーナーへ→投資家へ転身する、この流れです。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST