ブログ

自分のネットメディアを育てたい人は、批判も味方に変えると伸び続けます

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではブログやSNSなど、自分のネットメディアを大きく伸ばすコツについてまとめした。

hiroです。
今はTwitterをうまく活用していて、ブログを中心に自分のネットメディアをどんどん成長させています。順調に伸びていますね。

先日、下記のツイートをしました。

上記のツイートが「約15万人」に届いています。
東京ドーム3個分なので、Twitterはスゴいですね。まだまだ伸びており、フォロワーさんも増え、ブログにもどんどん流入しています。

ツイートした翌日もまだ伸び続けていますが、それには「ある理由」がありました。これができるようになれば、個人メディアはどんどん成長していきます。

ネット上の批判を避けると、伸びない

反対意見は必ずある

インターネット上で発信をしていると、自分の意見とは違う考え方の人が必ず出てきます。まあこれはネットに限らず、日常でもよくあることですが、「価値観の違い」はあって当然ですよね。

*ネット上では特に、この「価値観の違い」が大きな起爆剤となり、自分の想像以上の反応が返ってくることがあります。

ポイント

ネット上の発信には文章や動画など色々ありますが、相手と直接話すわけではないので、当然リアルよりも「伝わりづらい」です。この伝わりづらさと価値観の違いが、大きな拡散の根源になります。

さらに日本のSNS社会はまた特殊で、1度誰かを「叩くサイクル」に入ると延々その人が野次られたり、とにか継続して批判が集中しますよね。下手すると「炎上」までいくことも。

じゃあネット上では無難に過ごしておけばいいかというと、それでOKだとは全く思っていません。

批判も無いような行動だと稼げない

最近ようやく分かってきたのは、ネット上で批判も無いような行動だと、Twitterだろうがブログだろうが何一つ伸びていかないということです。つまり、稼げない。

最初のツイートの真意としては、後からツイートしたように、複業や兼業で働きながら誰でも投資家やビジネスオーナーにもなれる、ということでした。リスク分散の話ですね。

しかし、1度価値観が違うと感じた人達は、ツイートの真意を理解する事よりも反対意見を述べることに力を使います。この行動が、より大きく最初の僕のツイートを拡散してくれるのです。

*結果として、果実を得るのは批判の対象者になるわけですが、ビビッてこれを避けてしまうとここまで大きく拡散されることはありません。

無難な情報発信をただただ続けていても、誰かの「心に刺さらない」ので、高評価も低評価もどちらも得ることができないんですね。

なかなか炎上まではしない

批判が怖いとか炎上が怖いという心理はもちろん誰にでもあるかもですが、炎上ってよほどの影響力がないとそこまでできません。

*「自分が炎上出来るもんなら燃えてみろっつんだよ、この燃えないゴミどもが」という名言を吐いた人がいましたが、確かに炎上はハードルが高いです。

ポイント

せめてネットニュースに取り上げられるくらいないと「炎上」とは呼べないと思いますが、そこまで注目を集めるくらいの影響力があれば、桁違いに稼ぐことができますよ。

リングに上がり、矢面に立ち、摩擦をものともしないような人ほど、より大きく成功していますね。

成功を求めるか、収益0円を選ぶか

収益0円ならボランティア活動でOK

これまでの話は全て「ネットメディアを育てる」という観点からまとめています。だから別にネットは趣味程度でしかないとか、ブログも日記を書くだけという人は、無難に過ごしておけば良いのかなと。

*ブログや各SNSをビジネスとは切り離して考えているのなら、ボランティア活動でOKだと思います。ネット上で成功を求めるなら、無難では無理ですね。

ポイント

好感度抜群の超人気ユーチューバーでさえ、必ず低評価もつくし、動画の中に広告も毎回必ず入れています。ビジネスとはそういうことだし、それが嫌ならボランティア活動ですね。

批判を避けるならボランティア活動、これが鉄則です。しかし潤いません・・。

批判はまともに見なければいい

価値観の違う人から低評価を受けたり批判をされたとしても、ネット上の出来事なので、その人達に分かってもらおうとすること自体がかなり難しいです。

解釈の違いや齟齬に対して「違うんだよこうなんだよ」と、説明にエネルギーを使ってもしょうがないです。それよりも、自分のさらなるファン獲得に向けて、価値あるコンテンツを生み出した方がよっぽど前向き。

批判する時間も、批判に対抗しようとする時間もモッタイナイので、気にせずブログやツイートを続けた方が得策です。

この辺の処世術が上手い人は、アンチすら逆利用して、アンチに働いてもらったり宣伝してもらったりしていますよね。それくらいのメンタルでいいと思います。

批判ツイートほど伸びていく

ちなみにこのブログを書いている今も、Twitterの通知がどんどん止まりませんが、批判コメントの方達がどんどん拡散してくれています。

ポイント

支持してくれている人の方が圧倒的に多いですが、それでもまだネガティブな意見の方達が伸ばし続けてくれており、たった1ツイートが16万人以上の人達に届きそうです。ありがたいことです。

実績がどんどん大きくなり、モチベーションも上がりまくりです。

一歩先のネットリテラシーとは

ネット上で先を行く人達

批判されたりアンチから罵倒されることはもはや当然のことで、むしろ歓迎しつつ自分の実績に変えている人達を見ると、2歩3歩先を進んでるなと感じざるを得ません。

*アンチについて「ある程度のレベルに達すると必ず舞い降りる、迷惑な妖精みたいなもの」と表現している人がいましたが、舞い降りてすら来ないとなると、自分の成長はないですね。

批判すら味方に変えている人達は、ネットメディアの使い方のレベルが違います。学ぶことだらけです。

個性が埋没すると、終わる

やはりネット上で成果を出すためには、個性を埋没させないことだと思いますね。また、あまりに完璧で、あまりに突っ込みどころが無いのも面白くないです。

ブログや各SNSの発信で上手くいくためには、多少粗削りでもガンガン前に進んでいくことです。途中で批判が起きても、価値観の違いだから問題ナシ。良質なコンテンツの発信に全力を注ぎましょう。

ということで、これからも粗削りながらネット上の発信を頑張り続けたいと思います。フォロワーもブログも伸び続けているので、「個性を消さない」方法が正解であることは間違いなさそうです。

まとめ

ネット上で発信をしていると、自分の意見とは違う考え方の人が必ず出てきますが、価値観の違いはどうしようもないことです。批判に対抗しようとするより、より価値の高い情報発信に努めましょう。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら