アフィリエイト

会社員は「夕食」を捨てる覚悟でアフィリエイトに打ち込めば成功できる

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では会社員がアフィリエイトで成功するためのコツと具体的な方法についてまとめました。

hiroです。
アフィリエイトの魅力に憑りつかれ、その可能性にワクワクした日から今までずっとこれだけは辞めずに続けることができています。

やってみて分かったのは、ほどほどの覚悟や作業量では成果が出ないということ。まずは副業でアフィリエイトを始める人が多いと思いますが、腹を決めて取り組まないとリターンを得るのは難しいです。

会社員が副業として始める際の絶対的成功法則を本記事でまとめます。そして、これは過去の甘かった自分に向けてのメッセージでもあります。

何かを得るためには何かを捨てて時間を作らないといけません。会社員にとってはその極致になる方法かもしれません。

仕事を終わらせ速攻で自宅に帰る

まずは定時帰社が大原則

僕はこのブログや各SNSで、会社員が幸せになる方法はまず「定時退社」からだと口すっぱく伝えています。理由はいくつかありますが、残業代に頼る働き方では一生そこから抜け出せないからです。

多くの会社では定時が5時か6時になっているはずです。ムダを排除して速攻で自宅に帰りましょう。

ポイント

さらに追い打ちをかけるように、今、働き方改革の影響で各企業が一斉に残業時間短縮の動きになっています。どのみち残業代に頼る働き方はできなくなってきたので、割り切って即帰宅するべきです。

どれだけ長い時間会社にいたとしても、その行動で個人が豊かになることはありません。

早く帰るためにムダを徹底排除

無駄な仕事、無駄な会議、無駄なミーティング、無駄な飲み会、そして超無駄な二次会。考えてみれば会社員というのは「他人の時間」にとても多くの時間を縛られています。

日本の会社で頑張る仕組みはすでに崩壊しつつあります。世間体は捨て、無駄な行動を排除した方が幸福になりやすいです。

・満員電車での通勤
・ムダでしかない会社の飲み会
・無意味な会議やミーティング

上記のような行動が「正解」だったのは、会社員の平均年収がピークだった1997年までです。以降はずっと右肩下がりに。

今、会社員がこにに時間を費やしても給料は上がらないし、終身雇用も保障されない世の中になってしまいました。

定時退社できないなら転職を

これだけ働き方改革が推進され、時間外労働の上限が規制されているにも関わらず、いまだに定時退社できないような会社はハッキリ言って転職した方がいいと思いますよ。

この先何年その会社で働き続けるのかも分からないのに、そこまでして果たしてそれが本当に自分のためになるのでしょうか。定時退社して早く家に帰り、自宅でブログやアフィリエイトに打ち込んでおかないとヤバいですよ。

副業を育てるために、会社員生活は早めに割り切ることをお勧めします。終身雇用もなくなり、これから給料が上がっていく見込みもかなり薄いです。

もし仮に宝くじで6億円が当たったとしても、まだそこで働き続けたいほど会社が好きなら別ですけどね。

自宅での誘惑を排除する方法

まずは夕食を捨てろ

会社で働き出すとすぐに、仕事が終わってからの楽しみは「お酒を含んだ夕食」になりがちです。つまみのようなおかずと共にビールや発泡酒を飲みながらTVを見て過ごす、みたいな。

ビールやストロングゼロを飲みながら夕食を楽しんでいると、あっという間に時間は無くなります。DVDやYouTubeも見たくなるので、余計にまずいです。

副業アフィリエイトで本気で成果を出そうと思うなら、覚悟を決めて夕食は捨てましょう。これが1番時間を消費してしまいます。

ポイント

定時退社で帰宅したらラクな格好にすぐ着替えて、まずPCの電源を着けます。パンやおにぎりを口に放り込んで5分で食事は終了。あとはひたすら手を動かしましょう。

本当に成果を出したいと思うなら、これくらいはしないといけません。まずはブログを更新するとかペラサイトを1個作るとか、毎日更新でひたすら作業です。

明日の作業の準備までやっておく

これをルーティン化して毎日やるのがベストですが、人間何が1番難しいかというと、最もシンドいのは「毎日継続」することです。

継続は力なりと昔の人はよく言ったもので、決意は簡単ですが毎日継続が鬼ほど難しいです。そのためには「予習」まで済ませておきましょう。

例えば明日のブログのネタやテーマを決めておくとか、ある程度の骨組みだけでも下書きしておくなどですね。

ガチ真面目じゃなくてストレスも抜く

ブログやアフィリエイトで成果を出そうと思うなら絶対的作業量は確実に必要ですが、ガチで真面目にやりすぎると逆に糸が切れてしまいます。

作業のルーティン化は重要ですが、ガチで生真面目にやり過ぎるとストレスがたまって逆に継続しづらくなります。頭でっかちにならず、バランス良く笑いやアルコールもたまには入れてあげて下さい。

慣れたら1日の作業後の時間を自由に使えるようになります。まずは1日の作業を終わらせて、お酒やYouTubeは残った最後の時間で。ちょとだけ息抜きです。

副業にガチコミットで自由になれる

会社の給料はまず上がらない

今、大企業や上場企業でさえも昇給率は1~2%程しかないと言われています。金額にすると3,000~4,000円、わずか飲み会1回分です。延々と働き続けてもなかなか望むような生活は送れません。

ポイント

自身の正当な評価は「基本給の昇給」ですが、基本給はボーナスにも反映されるので会社はそれを1番嫌がります。飲み会1回分の昇給であれば、月3万円昇給するのに10年かかる計算になります。

だから○○手当で給料が上がったように見せたがるのですが、その分は賞与に反映しなくてもよく、かつ役職手当などで多大な犠牲だけはしっかり求められるのです。

ネット上に自分の分身を創る

結局のところ、自由になるためには労働収入から脱却するしか他ありません。そのためには「自分の分身」を作ることが1番です。

ブログやHPは「自分の分身」として24時間365日代わりに働き続けてくれます。ネット副業が最強の理由は、不動産オーナーのような資産家と同等の状態になれることにあります。

家賃が勝手に入ってくる不動産投資家、それよりもはるかに低リスク低コストで高収益です。今ネットに強くなっておくと、永続的に頭を使って稼ぐことができるようになります。

年金も全く期待できないので、生涯労働となると、老後に肉体労働はキツすぎますよね。今のうちにネットに強くなっておくのが得策ですよ。

自由になるにはビジネスオーナーか投資家になるしかありませんが、まずはネット上のオーナーになりましょう。今後も僕はネットにガチコミットで稼ぎ続けます。

まとめ

良い循環をもたらすためにまずは「定時退社」が大原則です。そして夕食を捨てて速攻で机に向かい、あとは鬼作業です。コツコツ継続していくしかありません。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST