情報発信力

【DRM】PV数に依存しない最強の仕組みダイレクトレスポンスマーケティングとは?

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではPV数に依存しないDRMの仕組みについてまとめました。ブログとは最強の相性です。

個人サイトやブログを運営する上で最も相性が良く、かつ最も収益を最大化できるマーケティング手法がDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です。これが実践できればアクセス数に一喜一憂する必要が全くなくなります。

最近のブログブームでPV数+クリック型広告のセットが定番の流れになっているようですが、僕らからすればものすごく効率が悪くしんどい手法です。

ポイント

ブログのPV数と収益は比例しない。僕らのようなネットメディア運営者にとってはこれは常識です。アクセスが多いに越したことはありませんが、DRMを理解し実践している者にとってはアクセスの「質」が最も重要になります。

安定して長期定期に収益を出していくには集めたアクセスをいかに価値あるものと交換するか、ここにかかかっています。PV数に左右されない盤石の基盤はDRMで作ることができます。

DRMはブログやHPと最も相性が良い

DRMの定義とは

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは一体何なのか?どういう仕組みなのか?ここから解説していきたいと思います。

*まずDRMをブログやHP運営者の立場から超実践的に表現すると、ターゲット(訪問者)に提供する価値を自動化で届ける仕組みということになります。

ターゲットというのはブログやHPの訪問者ですね。Google、Yahooなどの検索エンジンから、何かしらの悩みや問題解決方法を求めて情報を得ようとしている訪問者のことです。

その人達に何かしらの価値を提供することができるから、そのブログの存在価値があるのです。PV数のみに執着し誰かの役に立つ記事で価値提供ができないのであれば、それはただのゴミ記事だということです。

メルマガでさらなる価値提供を

ブログ記事で価値提供し誰かの役に立つ記事を書くのは最低限として、DRMではそこからさらなる価値提供を目指します。より直接的に、よりダイレクトに、より継続定期に価値提供していくためにメルマガを使います。

メルマガ無しにはDRMは成立しません。訪問者は悩みや問題解決に対するより有益な情報を求めています。DRMはメルマガで訪問者に対し、より濃密でより実益性の高い情報をダイレクトに届けます。

検索エンジンで何かを検索する人は必ず「答え」や「解決策」などの有益な情報を求めています。情報発信者は日記ブログでなどではなく専門ブログで価値を発信する必要があります。

メルマガは必ずやらなければならない

ブログの価値はメルマガで倍増する

DRMはブログやHPと最も相性が良いというか、ブログをやっていてメルマガを発行していないのは、ブログ本来の価値を半分しか活用できていないのと同じことになります。

ブログ運営者本人にとってももったいないことだし、ブログ訪問者へとっても十分に価値提供ができていない。自分のためにもターゲット(訪問者)のためにも、メルマガ読者は必ず獲得するようにしておきましょう。

江戸商人の「大福帳」に学ぶ

江戸時代の商人は「大福帳」と呼ばれる顧客名簿を必ず持っていました。当時の江戸は木造家屋でしょっちゅう火事になっていましたが、商人たちはまず大福帳を持って逃げだします。

ポイント

商人は火事で店を失ったとしても、大福帳を元にお得意さん回りをしてすぐに商売を復活させることができました。それくらい、商売には昔から大福帳(お得意様リスト)が大事だったということです。

大福帳(お得意様リスト)= 現代のメルマガ読者リストです。

DRMの具体的ステップ

集客

まず集客ですが、DRMに最も向いている集客方法はブログです。ブログが全ての起点になります。どんなSNSやどんな新しい流行りのメディアができても必ずブログに繋げることができるからです。

FacebookやInstagramやTwitterなどどんな新しいSNSが流行したとしてもブログだけは不変的に存在し続けます。ブログで情報発信してSNSで拡散してメルマガ読者獲得が理想形、完成形です。

信頼構築

ここで「教育」とよく表現されますが、つまり信頼構築のことですね。獲得したメルマガ読者に対しこちらからメールで価値ある情報を提供し続けていくのです。それが読者との信頼構築に繋がります。

なぜキャバクラ嬢は連絡先を聞きたがるのか?実はキャバ譲やホストもDRM実践者です。
顧客の連絡先を聞いて連絡を取り信頼構築を行っていますよね。あれはメルマガ読者を集めているようなものです。

販売

そして最後に販売ですね。
いきなり商品を買ってくれでモノを購入する人はいません。価値ある情報が提供されて信頼関係が構築された時に人は動く。

信頼関係がある状態で自分の悩みや問題解決ができると分かった時に、人は商品を購入します。メルマガの大きな利点はこちらからアプローチできること。待ちじゃなくて、自ら価値提供しに行けることにあります。

まとめ

ブログやHPが「待ち」の商売であることと比べると、メルマガは「攻め」の商売です。自分の好きなタイミングで好きな時に顧客へこちらから連絡を取ることができます。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST