悪徳業者との戦い

詐欺まがい高額塾の中身とは!?肝心のノウハウは全く得られない衝撃の実態

僕は過去に2つの高額塾から合計で653,712円を返金させたことがあります。1つが約30万円弱の入塾料だから2つ合計で約60万円、プラス交通費など諸経費の請求です。・・本当に長く険しく激しい戦いでした。

もちろんその他にも、返金などにならず良いコンサルをしてくれる人もほんの一握りだけいましたよ。セミナー、高額塾、個別コンサル、電話コンサル、ネット上に数あるサービスは全て経験してきました。

裏も表も見てきた僕がこれから真実を語ります。高額塾の中身はどうなっているのか!?
衝撃の実態を実体験と共にお伝えします。

スクール料金30万円の内訳とは?

ノウハウはほとんどない

高額塾の中で設定金額の例として最も多いのが「30万円」という料金です。目安として受講期間が3~4ヶ月くらいが一般的。サポート期間が半年なら30万円~50万円といったところです。

でこの「30万円」という金額なんですが、問題はこれが何に対しての額なのか?ということです。それだけのすごいノウハウや具体的手法を得られる!と思ってしまいがちですがそうではありません。

30万円のうちノウハウは1割以下、9割以上をサポート体制に支払うつまりほとんどノウハウはないってこと。

ノウハウに支払っているお金は1割の3万円くらいの価値だけで、あと残りの額は塾のサポート体制に払っているようなものです。

ケツ叩きに27万円払っている

ノウハウに3万円くらいの価値があればまだいい方ですね。たいていは大したことないものばかりなので。あとは何にお金を払っているかというと塾からの「指導料」にお金を払っているのです。

実は入塾生は高いお金を払った分、多くの人が「行動しない」というパターンに陥ります。高いお金を払ったからそんなに頑張らなくてもいいだろう、という気になってしまうんですね。その心理を業者も良く分かっています。

作業を進めるようにケツ叩きをするサポート体制、これに27万円も払っているのです。サポートとかコンサルって言いますが、実態は大したことありません。

やる気があって参加して、何かにつまずいて質問しても返信まで平気で1週間とか待たされます。これはもう本当に待たされます。

「高いお金を払ったあとは行動しない」という心理を逆利用して、業者ものらりくらりやってくるんです。こんな茶番にお金を払うのは本当に馬鹿らしいですよ。

95%は「詐欺まがい」だと思っておくべし

そもそもノウハウがクソ

うちはサポート体制が売りです!ってみんな言うんですけど、確かにレスポンスの早い所もあるんです。だけどそもそもノウハウがクソなので、いくらレスポンスがちょっと早くたって意味ないんですよね。

僕のチャットワークにはいまだに生々しいやり取りの履歴がありますが、塾生が集団で運営側に対して批判コメントをしまくっていました。あまりにお粗末なノウハウすぎて炎上状態でしたね。

断定されにくい巧みな詐欺

例えばこんな例があります。PPCアフィリエイト呼ばれる、PPC広告(Yahoo!やGoogleの検索結果に表示される広告)を使った手法のアフィリエイト。これで毎月50万円稼げますよ!と誘ってくるんですね。

PPC広告(Yahoo!やGoogleの検索結果に表示される広告)を出すには当然ですが広告費がかかります。ところが「毎月50万円稼げる」という所を大々的に取り上げて、その他にかかるリスクや広告費には一切触れない。

確かに毎月50万円稼げるかもしれないけど、実際やってみるとその倍近く広告費がかかる・・。みたいなことがよくあります。

業者の言い分としては「毎月50万円稼げる」ことに関して嘘は言ってないと、こうくるんですね。いやいや、そんな経費とリスクがあるなら最初からやってないから!

証明が難しい「詐欺まがい」

業者はこのような「意図的にだますためためのもの」を証明することの難しさをよく熟知しています。だからメリットの方を大きく大きく言うことで、さも最初から悪意はなかったように見せかけるのです。

中身はスカスカのノウハウにも関わらず、1クリックで月収100万円とかコピペだけで不労所得とかの有り得ない大風呂敷を広げます。そのような広告に消費者も反応して購入してしまっていたというのもまた事実です。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら