日本の借金額1000兆円は大嘘!?テレビや新聞で報道されない対外純資産額世界一のお金持ち国家という真実

国民1人あたり800万円以上の借金!?

新聞・TV・ネットニュース、マスコミ各社で恐怖を煽るように報道され続ける「日本の借金」についてですが、果たしてあの報道は本当なのでしょうか?日本には1000兆円以上も借金があると報道されているのになぜ日本はいつまでも破たんしないのか・・?

日本の借金を全国民に換算すると、国民1人当たり約800万円以上の借金を背負っている事になる・・・。子供や孫の世代にまでツケを残している・・。というような話や報道をニュースで聞いたことがありますよね。

結論から言うと、この「日本の借金額1000兆円以上で財政破たん寸前」「国民1人当たり約800万円以上の借金を背負っている」という話は大嘘のようです。というよりも報道のされ方、表現の仕方が間違っているという方が正しいかもしれませんね。

麻生太郎氏が日本の借金(国債)をわかりやすく解説

麻生さんが日本の借金についてわかりやすく解説している動画です。国民一人当たり800万円以上の借金とは一体なんだったのか。むしろ国民の方が貸しているって話です。政府が借りて国民が貸している。

まず、いわゆる「国の借金」と呼ばれているものは「国債」ってやつです。平たく言うと国債とは将来国がお金を返すので足りない分を借してもらうねっ、ていう約束で国(日本国)が発行する債券のことですね。

国民の方が貸しているのに、政府の国債残高が1000兆円以上もあるもんだからそれがまるで国民が背負っているみたいにマスコミでは報道されているわけですね。こんな報道のされ方をずっとしているので、僕たちは頭を切り替えるのに少し時間がかかるかもしれません。

国債を買っているのは銀行、保険会社、日本銀行

その国の借金である「国債」を買っているのは、民間銀行、保険会社、日本銀行がほとんどなわけです。銀行や保険会社はお金を預かるのだけでなく、預かったお金を貸したり運用して利益を出すので、運用のために国債を買います。

銀行に預けているお金や保険会社に収めている保険料というのは、誰のお金かというと私達国民のお金ですよね。つまり国がお金を借りている先は、銀行や保険会社を通じて(私達国民が預けているお金なので)ですが、私達国民が政府にお金を貸しているということなんです。

民間銀行

預かったお金を貸し出し利ざやで利益を出したい。お金を預ける人はたくさんいるけど、借りてくれる人が少ない(不景気で企業も積極的に設備投資しないから)ので、国から国債を買って(つまり国民である私達のお金で)運用している。

保険会社

集めた保険料をそのまま据え置きしてるだけでは、大災害や有事の際に支払う保険金が足りないし会社として利益が出せない。集めた保険料を運用してお金を増やしたいので国から国債を買って(つまり国民である私達のお金で)運用している。

日本銀行

日本銀行とは世の中に出回るお金の量を調節する「銀行の銀行」のような役割があり、政府の銀行。政府の銀行なので現物(紙幣)を発行するかもしくは返したことにしますねって処理すればそれで終わり、完済したことになるだけ。

 

だから「国民一人当たり800万円以上の借金」というのは全く逆の話で、国民一人当たり800万円以上のお金を貸しているってこと。なんだよそれって感じなんですけど、実は全く真逆の話なんですね。

日本銀行というのは「政府の銀行」です。右から左にお金が動いているだけで、国は円を発行(印刷)できるわけなんで、返すのなんて簡単ですよね?というかむしろ現物(紙幣)すら要らないですよね。

だってお互い「円」ですから。政府の銀行が国にお金を貸しているので、わざわざ現物(紙幣)を用意する必要すらありません。返したことにしますね、っていう書類にポンとハンコでも押せばそれで終わりっていう、なんともあっけない話ですね。

 

日本とギリシャの違いは自国通貨建てかどうかってことです。ギリシャは国債を発行しても国内で国債を買う人が少ないので、海外からお金を集めなければなりません。でもギリシャには信用力がない(国が傾きかけているので信用が低い)から、国債を買ってもらってお金を集めるには金利を高くする必要がありました。

自国通貨建てでお金を集められず、さらには金利も高く設定しているので、借りている金額よりも高い金利の利息分をつけて貸主にお金を返さなければなりません。日本の借金とは全く意味と内容が違います。

だからギリシャはあんなことになったのに、日本が同じようにはならないというのはこんな理由があったんです。2国とも同じように国債発行していますがその中身が全然違うんです。日本は経済を深く理解していますよね。

人気YouTuberのRaphael(ラファエル)さんの解説

人気YouTuberのRaphael(ラファエル)さんも日本の借金について解説しています。ラファエルさんと言えば破天荒なキャラクターで、普段の動画では無茶なことをして炎上なんてこともありますが、実はものすごく勉強家でありビジネスマンでもあります。

真面目なことを話すのがラファエルさんのキャラじゃないので、この動画では照れ隠しで酔ったフリをして話していますが、すごく分かりやすく解説です。この人が世間一般のイメージにあるような普通のYouTuberじゃないって動画を見ると分かります。

麻生さんの解説が少し小難しく感じる方はラファエルさんの話の方が分かりやすいかもしれません。細かい数字は別として大筋を分かりやすく解説しているので、今まで信じていたものとか固定観念みたいなものが崩れるはずです。

日本は世界一のお金持ち国家!?

じゃ日本に借金が1円もないのかというとそうではありません。日本も「国」といて他国から借りているお金はあります。日本国が他国から借りているお金は600兆円くらいです。え・・?600兆円も借りてる?って思いますけど安心してください。

その代わり他国に貸しているお金が900兆円以上もあります。その差額はプラス300兆円以上です。これを対外純資産と言って、対外純資産額約3兆ドルで日本は25年以上連続で対外純資産額世界一、つまり日本は世界一のお金持ち国家なのです。

そうなんです、日本は世界一お金を持っている。世界最強の国が日本なんです。まぁだって日本人男性の平均労働時間が世界一ですから、これで国民1人あたり800万円以上の借金って言われたらたまらないですよね。

日本ダメダメ論に隠された真実とは

だからやたら不安を煽るような報道だったり、日本ダメダメ論みたいな論調が非常に多いですけど、表面だけで判断したらいけないんですよね。判断してるわけじゃなくても、新聞やニュースで流れていたらいつの間にか無意識に潜在意識に入ってきますからね。

日本にはお金がない、日本は借金だらけ、日本はダメダメというような印象を作っておいて、その先に一体何があるんでしょうか?そんなことして誰かに何か得することがあるなんて思えないんですけどって感じですよね。

例えば自分が中小企業の社長だったとします。うちの会社には金がない、経営が苦しい、って日頃から言い続けていたら、給料削減とかボーナス減とかしやすいでしょうかどうでしょうか?

国にはお金がない、日本は借金だらけ、日本はダメダメって言い続けていたら税金を上げやすいでしょうかどうでしょうか。とまぁそういうことかもしれません。ちなみに日本のGDPが低い!とか下がっているというのもカラクリがあるので、それはまた別の記事で紹介したいと思います。