情報発信力

2019年メルマガは既にオワコン?今後も生き残る本物の情報発信戦略とは

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではメルマガの今後と可能性についてまとめました。オワコンだと思うのはちょっと早すぎです。

スマホが普及したことでSNSやアプリによるコミュニケーションが盛んになり、メールアドレスの意味が昔と比べて全く異なるものに変わりました。携帯電話キャリアが提供するキャリアメールを使うことなどまずありません。

しかしビジネスの場においては「Webメール」は重要な情報伝達手段であり、メールを見ない日はないというくらいいまだにメールが使われています。

ポイント

携帯キャリアメールは全く使われることはないが、でもPC上でWebメールは今も普通に使われています。結局、今後メルマガはやるべきなのか?それともオワコンなのか?ここが運命の分かれ道です。

*結論から言うと、個人ブログ(個人ビジネス)をやっている人は間違いなくメルマガをやるべきです。

メルマガは今後も普遍的に生き残るツールです。その理由と今後の情報発信戦略の動向について解説します。

2019年LINEアフィリエイト市場の崩壊

少し前はまだ規約が緩かった

2017年頃からLINE@での情報発信がかなり有効的な手法となり、オプトインアフィリエイトが全盛の時代を迎えました。

LINE側も規制を強めるより登録者を増やすことに力を入れていたという背景も影響し、当初はできないはずの他社の宣伝、外部リンクへの誘導(アフィリエイトリンク)が堂々とできていました。

本来LINE@には規約がありましたが、当時はまだその辺りがすごく緩かったんですね。そのため、メルマガはもうオワコンだから絶対にLINE@を使うべきという風潮がかなり高まることになりました。

大量アカウント削除騒動!

LINEバブルによりLINE@を使い始める人が増えると、LINE側は登録者の量よりも質を高めることに力を入れ始めます。徐々に規制を強化し始め、そしてある事件が起きます。

*2018年8月頃、ついにLINE@の大量アカウント削除騒ぎがありました。原因は他社の宣伝、外部リンクへの誘導(アフィリエイトリンク)が規約に引っ掛かったことにあります。

LINE側が本来の規約に則るようになってきた証拠です。

料金プランの変更

そして最も大きな影響が出ることになるのが、2019年LINE@の料金プラン変更という大変化が起こる事です。2019年の春以降からサービスの統合やプランの変更が行われ、料金体系が全く変わります。

ポイント

それが配信通数に応じた従量課金制です。基本料金は安くなりますが、従量課金なので配信数が多ければ多いほどコストがかかり、これまでとは比較にならないほど莫大なコストが掛かります。

LINE@で情報発信できないことはないでしょうが、登録者が増えると共に配信通数も増えるのでコスト増は確実に覚悟しなければなりません。

*これはつまり「LINE@+オプトインアフィリエイトの終焉」を意味します。

メルマガは時代遅れで稼げない、間違いなくLINE@だ!とこれまで散々言われてきましたが、料金プラン変更と規約強化で2019年にLINE@アフィリエイト市場は確実に崩壊しました。

時代に左右されない不変のメルマガ

規約に左右されない

まずそもそもの考え方ですが、LINE@というのはLINEのシステムを借りて配信するわけなのでどうしてもLINE社の規約に従わなければなりません。LINE社が提供しているサービスを使うわけなので当然と言えば当然ですね。

ポイント

メルマガは基本的に規約がとても少ないです。サーバーを使って基本的に独自ドメイン(自分のURL)からメールを送るので、規約というのはほとんどありません。

*これは自分自身のWordPressブログを運営するのか、他人のサービスを借りて運営する無料ブログをやるかの違いと同じ考え方です。

メール配信も同じで、メルマガのように規約やサービスに左右されない普遍的な資産を育てておいた方が、これから5年後10年後を考えた時に圧倒的に行き残れる可能性が高いのです。

圧倒的に低コスト

メルマガはほとんどの場合が月額制ですが、圧倒的に低コストで済むというメリットがあります。月額料金は平均で3,000円程度もあれば十分でしょう。

読者がまだ少ない最初のうちは無料で使える所もあります。メルマガにかかる費用は料金プラン変更後のLINE@と比べると圧倒的に低コストです。

まだまだ稼げる

ネットメディアで何かしらの情報発信をしている方、個人ブログ(個人ビジネス)をやっている人は間違いなくメルマガをやるべきです。メルマガは必須です。なぜなら、メルマガはまだまだ稼げるからです。

まだまだというか、オプトインアフィリエイトが流行って一時期目立たなくなっただけで、メルマガの稼ぐ力は実は昔と変わっていません。

流行り廃りに流された人が「メルマガは稼げない」と言っていただけ。オプトインアフィリエイトとかLINE@とかが流行って、それに流された人達がメルマガが終わったと言っていただけです。

LINEアフィリエイトブームに乗っかって、メルマガを軽く見た人達はブーム終了と共にあっという間にいなくなってしまいました。

5年後10年後も生き残るメルマガ

自分名義の資産を作る

WordPressブログをやっている人は自己メディアを資産化することの重要性をよくお分かりだと思います。短期的に見たら無料ブログの方が最初はアクセスがありますが、長期目線で見るとWordPress(自己所有のブログ)以外は有り得ません。

*無料ブログがだめではないですが、本当の意味で自分の物じゃないので、規約があったり突然サービス終了したりアカウントが消されるリスクがあります。

だけど独自ドメインのWordPressブログなら完全に自分の資産となる。メルマガもブログも自分名義なので、5年10年後もやり続けられるます。

自分がオーナーになること

スマホ世代に合わせたLINE@は短期的に稼ぐには理にかなったサービスでした。しかしあくまでLINE社のサービスを借りて行う話なので、LINE社の思うようににされて当然です。

無料ブログもLINEアフィリエイトも「借り物」なので当然規約があります。メルマガやWordPressブログのように自分名義の資産になるものに力を入れなければなりません。

誰かのサービス、誰かの土俵の上でビジネスを行っていると、結局はその誰かに振り回されることになってしまう。メルマガを配信し続け長期目線で自分だけの資産構築をするべきなのです。

まとめ

自分がオーナーである場所で全力を出さなければなりません。自分がオーナーの会社、自分がオーナーのブログ、自分がオーナーのメルマガ。誰かの土俵の上で頑張っても仕組みに踊らされるだけなのです。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST