Webデザイン・SEO

mixhostならWordPressのインストールも独自ドメイン設定も簡単です

悩み中の人
mixhostの設定って難しいのかな?WordPressがサクッと使えるようになるといいな。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 独自ドメインの追加設定
  • WordPressのインストール方法
  • WordPressにログインするには

スペックとコスパ最強のmixhost
そんなmixhostは、サーバーの設定も実はとっても簡単です。

脱社畜ブロガーひろ
この記事ではmixhostの独自ドメイン設定と、WordPressのインストール方法についてまとめました。

設定は簡単です

他社サーバーと比べて、mixhostは管理画面も分かりやすく、初心者でも非常に使いやすいです。独自ドメインを追加して、WordPressのインストールまであっという間です。

正直使いにくいサーバーもありますからね。
それから比べると、mixhostで手間取るなんてことはまずないですよ。

普通にやれば全然問題なしです。
では早速いきましょう。

まずはmixhostに独自ドメインを追加しよう

サーバーにドメインを追加

まずmixhostで使うページは2つです。
契約内容確認などの「マイページ」と、サーバーパネルの「cPanel」2つともブックマークしておきましょう。

今回使うのはmixhostマイページではなく、サーバーパネルの方です。オレンジ色のcPanel の方になります。

自分の好きなドメインを取得しても、サーバーに追加しないと使えません。サーバーお引越しの際も、今回のドメイン設定は必要です。

慣れればあっという間。
いつもの作業、みたいにすぐなりますよ。

cPanelにログイン

ログインするとこんな画面。
ページ真ん中あたりのドメインという欄に「アドオンドメイン」の項目があります。ここから設定します。

では追加していきましょう。
「新しいドメイン名」に、取得したドメインを入力します。ここは”ドメインのみ” で、http:// とかは不要です。

サブドメインとドキュメントルートは勝手に表示されるので、そのままで大丈夫です。

ドメインの追加をクリックで完了です。
たったこれだけ。これなら誰でもできますよね。

mixhostサーバーと独自ドメインを結びつける

ドメイン側にログイン

今度はドメイン側の設定です。
お名前.comの場合で解説しますね。サーバーとドメインの関連付けを行って、紐づけをしてあげる必要があります。

お名前.com Navi からログインします。ログインしたら管理画面からドメインを選んで、詳細から「ネームサーバー設定」に進んで下さい。

ネームサーバーとは?

DNS(Domain Name System)サーバーとも言います。初めは聞きなれないですね。これは「対象のドメインをどのサーバーで使用するか決定するアドレス」って考えると分かりやすいです。

このアドレスで紐づけができます。
ここでは、その他のネームサーバーを選びます。

その他のネームサーバーをチェック。
デフォルトでは枠が2つだけなので、枠を追加して、全部で5つに増やします。

+ボタンで枠5つにしました。
この5つ全てに、mixhostのネームサーバーを入力して下さい。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

このままコピペでOKです。
5つ全てに入れたら、サーバーとドメインの関連付け作業は完了です。

お名前.com はドメイン設定が楽ですね。
管理もしやすいので参考にしてみて下さい。

お名前.com ドメイン登録

これはドメイン取得の度に必要な作業です。
簡単なのでサクッと覚えておきましょう。

mixhostのWordPressインストールはとっても簡単

WordPressもボタン一つ

ではいよいよWordPressですね。
WordPressのインストールも、サーバーパネルからになります。cPanel の方にログインしましょう。

ログインしたら「スクリプト」の欄があるので1番下までスクロールして下さい。そこの左端にWordPressのロゴがあるのでそこを押します。

Wロゴがありますね。
ここから入ると、WordPressインストールのボタンが出てきます。

ここで「Insall Now」を押します。
設定はまだないので、サクサク進んでもらって大丈夫です。WordPressはオープンソースなので、もちろん利用は無料ですよ。

重要なソフトウェアのセットアップ

セットアップ画面、ここが重要です。
まず最初に「ディレクトリ」ここを空白にして下さい。

赤枠のところに最初は「wp」と記載されてあります。ここを必ず消しておきましょう。必ず「wp」は消して下さい。

これでURLが変わります

  • ①https://サイトURL
  • ②https://サイトURL/wp

①の状態を「ドメイン直下」と言います。
トップページのURLは、どう考えても②より①がいいですよね。

「wp」を残したままにすると②がトップページのURLになってしまうので、ここは必ずドメイン直下の状態にしておきましょう。

プロトコルの選択

次にプロトコルの選択です。
先ほど「wp」を消したディレクトリの、2つ上にあります。

プロトコルの選択は必ず「https」にしておきましょう。ドメインを追加した際に、mixhostが自動的に「SSL化」の設定をやってくれているからです。

HTTPSのURLを選ぶ

  • ①http://
  • ②http://www.
  • ③https://
  • ④https://www.

今、Web上にはURLが4つあります。
①②は「非SSL」なので論外です。③④が「SSL化」のURLですが、WWWなしがお勧めなので、③がベストですね。

mixhostは「SSL化自動対応」です。サーバーにドメイン追加後、どんなに遅くても48時間以内にはSSL化が完了します。

ひとまず③にしておけばOK。
これで完了です。

サイト設定、管理者アカウント

サイト名は好きな名前でOKです。
まだ思いつかない人は、そのまま進んでも大丈夫です。サイト名もサイト説明も、後から変更できますので。

ログイン情報は覚えておこう

UsernameとPassword ですが、ここは必ず変えます。ユーザー名とパスワードは大切なログイン情報ですから、設定したら忘れないようにしておいて下さい。

今後もずっと使いますからね。
必ず覚えておきましょう。

後は言語を「Japnanese」に設定です。
その他は、特に何も触る必要はありません。

他に高度な設定もあるようですが、何もしなくて全然大丈夫です。その他は何もせず、インストールすればこれで完了です!

mixhostでWordPressのログイン方法が分からなくなったら?

最初のあるある

これ、あるあるなんですよね。
WordPressの使い始めによくあるのが、まさかの「ログイン方法が分からなくなる」ということです。

ログイン画面がどこか分からない・・
ウソみたいな話ですが、最初の頃はここにどうたどり着くか、本当に分からなくなってしまうんですよね。

WordPressのログイン方法

  • ①https://サイトURL/admin
  • ②https://サイトURL/wp-admin
  • ③https://サイトURL/wp-login.php

このあたりですね。
①が楽でいいと思いますよ。

後はユーザー名とパスワード。
最初に設定しておいたAdminUsernameとAdminPassword を入力すればOKです!

WordPressはすぐ慣れます

WordPressは慣れですね。
難しいことはなくて、あっという間に慣れます。mixhostなら、特に使いやすいです。

使いにくいサーバーもある

mixhostはWordPressの設定も簡単ですが、非常に使いにくいレンタルサーバーもわりと多いです。特にさくらサーバーやロリポップあたりは、設定とか正直使いにくいですね。

比べると、使い勝手がまじで悪いです。
レンタルサーバーは、mixhostのような運営しやすい所がお勧めですね。WordPressは特にです。

mixhost

mixhostはコチラから

何より、サイト運営が楽です。
アフィリエイト広告も気にせず使えるので、mixhostでどんどん稼いでいきましょう。

こちらもCHECK

mixhostがWordPressやサイト運営に最適な理由とは

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hiro(ひろ)

hiro(ひろ)

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

-Webデザイン・SEO

© 2021 元ブラック社畜hiroのブログ