仕事と働き方

【有給休暇の5日以上取得が義務化】世界一休まない日本人は悪習を断ち切ろう

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では有休の取得義務化についてまとめました。世界一有給休暇を取らない日本人はどれだけ休めるのでしょうか。

働き方改革関連法の施行によって、2019年4月1日から5日間の「有給休暇取得」が義務化されました。これは朗報ですね。働き方改革の大きな目玉の一つと言っていいと思います。

これまでは有休を使う時には自ら申告する必要がありましたが、今後は、企業が必ず5日間(年10日以上の有給がある人に)取得させなければいけません。

エクスペディアが発表した【世界19ヶ国 有給休暇・国際比較調査2018】によると、日本の有給休暇取得率は3年連続で最下位でした。悪い習慣を断ち切らないといけないですね。

5日消化させないと企業へ罰則が

有給休暇を使える条件

まず有給休暇は半年間以上勤務していてることと、さらにその間8割以上出勤している労働者に10日間与えられるものです。新制度の対象になるのは、10日間以上の有給休暇がある人になります。

対象者は全労働者ですが、労働時間と勤続年数によって変わります。条件は下記の通りです。

入社後6ヶ月経過しているフルタイム社員(派遣・契約も含む)
入社後6ヶ月経過している週30時間以上勤務のパート社員
入社後3年半以上経過している週4日出勤のパート社員
入社後5年半以上経過している週3日出勤のパート社員

勤続年数が長くなるにつれて有休付与数は増えるので、自分の保有数は常に確認しておきましょう。

罰則は労働者1人につき1罪

今回の施行で以前より少しは罰則について厳しくなったかと思います。海外から比べるとまだまだユルいのは間違いないですが、5日消化させないと企業へ罰則があるということは知っておいて損はないです。

今回の有休取得義務化でも年5日の有休を取得させなかった場合は刑事罰となり、企業は30万円以下の罰金を支払う必要が出てきます。これは労働者1人につき1罪となるので、違反した人数分ということになります。

5日間とはあくまで最低限の基準ですからね、これすら守れないような企業はもう会社経営やめた方がいいくらいですよ。

時季指定する場合は就業規則で明示

有給休暇とは、基本的に労働者の好きな時に好きな分だけ使うことができる制度です。ただし、繁忙期にまとめて使われるとさすがに会社も大変です。

ポイント

休暇に関する事項は、労働基準法第89条により就業規則の絶対的必要記載事項になります。そのため有給休暇の時季指定をする場合は、その内容を就業規則に記載しなければならなくなりました。

これまで、自分の会社の就業規則を見た事が無いという人も多いのではないかと思います。だけど今後は時季指定について就業規則に記載が無い場合も罰則の対象となります。

日本人は世界一の休み下手?

世界一休まない日本人

2009年:世界最下位(有休消化率53%)
2010年:世界最下位(有休消化率56%)
2011年:世界最下位(有休消化率45%)
2012年:世界最下位(有休消化率38%)
2013年:世界最下位(有休消化率39%)
2014年:下から2位(有休消化率50%)
2015年:下から2位(有休消化率60%)
2016年:世界最下位(有休消化率50%)
2017年:世界最下位(有休消化率50%)
2018年:世界最下位(有休消化率50%)

*まずそもそも、日本人は自分の有給休暇が何日あるのかすら把握していません。日本人の約50%は自分の保有する有給休暇の日数を知らないようです。

僕自身も、社畜時代は自分にどれだけ有休があるかなんて知りもしませんでした・・。教えてもらってないというのもありますが、社畜脳から抜け出るには、まず自分で知ろうとしないといけないですね。

病欠でしか有休を使わない文化

日本だと、インフルエンザとか病欠の時にやっと有休を使うみたいなイメージです。ちなみにインフルなら4~5日使うので、それだけかなり消化することになりますよね。やっぱりこれって異常ですよ。

ちなみにドイツでは病欠は有給から差し引かれません。残業もほとんどせず、GDPは世界4位(日本は3位)という生産性の高さです。

欧米なら、有給休暇とは別に「病気休暇」まであるのだから驚きです。ブラック社畜時代は病欠の時でも有休使った記憶がないので、超異常でした。

経営者が「有休隠し」をする場合も

ウチの会社には有休なんてないよ!って、そんなことを平気で言う経営者もいますが有り得ないことです。たぶん地方の中小企業とかだと、こんな会話がまだされている会社があるかもしれません。

ポイント

年5日の有給休暇の取得義務は正社員はもちろん、契約社員、パート・アルバイトなどの非正規労働者も含まれます。あえて知らせない悪徳経営者もいますが、パート・アルバイトの人さえも使える絶対的権利です。

すべての事業場が2019年4月1日から対象なので、大企業や中小企業だけが対象ということではありません。その辺のスーパーやコンビニでさえも今回の新しい有休制度が適用されます。

やっと法律で具体的に義務化されたわけですが、あまりに今までの制度がユルすぎましたね。

遠慮せず会社は休んでいい

働きすぎると働けなくなる

連日のように過労自殺の報道が絶えず、心が痛みますね。つい先日も、大分県職員だった当時26歳の男性が、残業113時間を苦に自死に至ったニュースが話題になりました。

前任者による引き継ぎは3時間だけで、深夜に及ぶ残業や休日出勤を繰り返しても仕事が終わらず、絶望に至ったようです。

僕もブラック企業経験者なだけに、余計に気持ちが入ってしまいます。働きすぎて心身を壊すくらいなら、遠慮せず休みましょう。

適当でも、社会は回る

日本人は基本的にみんな真面目で責任感が強いです。僕も管理職をしていた頃は「適当でも社会は回る」なんてことは考えられませんでした。

ポイント

毎月200時間以上も残業する社畜を経験して分かったのは、真面目すぎる分だけ人生がハードモードになっていくということ。そこまで1人で負担しなくても、会社も世の中も十分に回ります。

渦中にいる時は、なかなかそこに気付くのが難しいのもまた事実ですが、今は真実がよく見えるようになってきました。

休めないのは社畜の洗脳

究極を言ってしまえば、会社が回るとか回らないとか、全て経営責任なので従業員には関係のないことです。

人事権も無く、経営判断もすることがない従業員が、人が足りないとか会社が回らないとか考えなくていいんです。人が休んだり、辞めても回るようにしておくのが経営者の仕事です。

僕もよくそんな事を言われましたが、責任を押し付けようとしてくるのは、経営者が無能だからです。会社を休むのに責任を問われたら、そこに未来はないと判断して転職した方がマシですよ。

まとめ

オーナーでもない「いち従業員」である以上、有休でいつ会社を休もうが個人の自由です。もし責任を押し付けようとされたら、社畜として洗脳したい証拠なので、そんな所は早く辞めた方がいいと思います。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST