仕事と働き方

同一労働同一賃金で非正規雇用の待遇改善に期待大の予感【不合理な待遇差が禁止に】

hiro
hiro
ブラック企業から脱社畜したhiro(ヒロ)です。非正規雇用者には特に朗報ですが、働き方改革がより具体的に進み始めていますね。

2019年4月から順次施行されてきた「働き方改革関連法案」ですが、当初の予定通りきちんと実施されているようですね。以前のようなブラック企業の悪質な勢いが、明らかに弱まっています。

2020年4月以降は中小企業にも残業時間の「罰則付き上限規制」が適用されるので、ますますブラック体質の会社は消えていく事になるでしょう。

ブラック企業問題はかなり改善されつつあるように感じます。日本の雇用が抱える次の課題としては、やはり非正規雇用者についてではないでしょうか。

ポイント

日本全体の約4割が非正規雇用労働者ですが、2020年4月からの「同一労働同一賃金」の実施により大きな改善が見込めそうです。まずはモデルとなる大企業の対応が注目されます。

大企業は2020年4月1日から実施、中小企業はさらに1年後の2021年4月1日からとなっているので、まずはモデルとなる大企業がどこまで待遇改善に手を打つか気になるところです。

もちろん完全に正社員と同一とはならないでしょうが、交通費や賞与などにまで影響が及ぶので、非正規にとっては大きな改革になりそうですよ。

フリーランスも良いと思いますが、僕自身は現状で「非正規+副業」がかなり強い働き方だと感じているのでここは気になるところです。

本記事では同一労働同一賃金の具体的な内容と、これからの最適な働き方について見ていきたいと思います。

働き方改革法の具体的な内容・影響とブラック企業の今後について働き方改革関連法が2019年4月1日より順次施工されており、大企業を中心に徐々にその影響が出ているようです。がしかし、「ブラック企業」を根本から根絶やしにするまでには至っていません。過労で自殺する人もいる世の中なのに、違反企業への罰則が弱すぎるのが大きな課題として残っています。...

非正規にとって朗報な同一労働同一賃金とは?

同一労働同一賃金の内容は?

これまでは非正規というだけで肩身の狭い思いをしてきている人が大勢いたことでしょう。今回の同一労働同一賃金ですが、先に実施された残業時間の規制と同じくらい、働き方改革関連法案の中でも大きな目玉の一つです。

同一労働同一賃金とは、同じような仕事に就いていれば正社員か非正規かを問わず、同一級の賃金を支払うという考え方になります。

基本給、ボーナス(賞与)、福利厚生、通勤手当や職務手当などの各種手当など、企業が同一基準待遇に改善を要求されるポイントは多岐に渡ります。正社員なら受けれるものほぼ全てですね。

非正規でボーナスや皆勤手当など以前はとても考えられなかったようなことも、今後は格差解消に向けて改善されることが期待されます。

これまで少ない賃金で大きく人を使うことができていた企業にとっては、今回の改正は都合の悪い話かもしれませんね。

⇒詳細は厚生労働省の同一労働同一賃金(働き方改革特設サイト)から

派遣も契約もパートも対象

いわゆる「非正規雇用労働者」の範囲ですが、これは派遣社員だけに限ったことではありません。契約社員もパートタイマーも同じように適用されます。

大企業では2020年4月1日から、中小企業では2021年4月1日から「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されます。

ポイント

企業は基本給や賞与などの個々の待遇ごとに不合理な待遇差を設けることが禁止され、非正規雇用労働者は自身の待遇について説明を求めることができるようになります。

つまり交通費、賞与、退職金などが、正社員とほぼ同等級に支給されるようになる可能性が格段に上がることが予想されます。

完全に同一の賞与は難しくても、業績や成果に応じた分は求めることができるようになるので、そもそも無かった賞与が支給されるだけでもかなりデカいですよね。

厚生労働省パート・有期労働ポータルサイト
パートタイム・有期雇用労働法周知リーフレット

同一労働同一賃金は非正規にとって完全な追い風に

より自由に柔軟に働きやすくなる

これまで「非正規労働者」と言えば不安定で社会的信用も低いという、マイナスなイメージしかありませんでした。しかし労働人口の約半数が非正規になりつつある今、適切な法整備も整ってきましたね。

不合理が解消されやすくなり、非正規で働いていてもある程度の生活基盤が確保しやすくなることは間違いないです。

とは言え今回の法整備を、単に自分の権利を主張する材料にするだけなら、充実した豊かさを得るのは難しいでしょう。ここをどう生かして自分らしく収入を得ていくかが今後重要だと思います。

非正規の最大のメリットは、正社員ほどガチガチに会社に縛られることなく自由に働けるということですよね。つまり自分の時間をどう使うかです。

改善はされるものの、まだまだ非正規の絶対収入が少ないことに変わりはないので。

非正規+副業が最強になってくる

やはり僕の提案としては、今後ますます「非正規+副業」がかなり強くなってくるということをお伝えしていきたいですね。

非正規でもかなり待遇改善はされるでしょうが、もう少しプラスで収入を作れるようになると人生がよりイージーモードになってくるからです。

ポイント

賞与や社会保険や福利厚生ありの非正規で働きつつ、例えばブログやYouTubeなどでコツコツ副収入を作れればかなりGoodです。副収入はフリーランスへの足掛かりにもなりますからね。

何とか脱サラしたいと言う人がいきなり独立は難しくても、とりあえず非正規+副業からというのはかなりお勧めの方法です。

副業が大きく育てばそっちを専業にしてもいいし、そのままダブル収入で行くのも全然アリですよね。

実は今後の「非正規雇用」はかなりアツい働き方

自分らしく働きやすい

例えば有名大学を卒業して、都会の超一流企業で働いて年収1,000万円前後を得ている人にはあまり関係ない話かもしれません。でも日本の平均年収から考えても、当てはまる人の方が多いはずです。

日本のサラリーマンの平均年収は400万円ちょっとで、正社員で疲弊しながら働いても、給料はほぼ上がらないのが現実です。

ぶっちゃけた話、給料が上がらない今の日本企業で消耗するくらいなら、副業を始めておいた方がよっぽど稼げますよ。会社は何も保証してくれませんが、副業は自分を助けてくれます。

自分の全精力を注ぎたいほど今の会社に注いだとしても、会社は普通に手の平を返しますからね。でも自分の力は自分を助けてくれます。

IT系の非正規は特にお勧めな理由

会社収入のみに頼らず副業で稼げる力もつけるとなると、「スキルアップ」というのが非常に重要なキーワードになってきます。

IT系の派遣や契約でスキルアップしつつ、社保や賞与ももらいながら自分にスキルを蓄積していき、副業でも稼ぐ。ネット社会の今、最強の働き方かもです。

2020年4月からの動きが楽しみですが、今後も待遇改善に向けた動きが進むことは間違いなさそうなので、さらにやりやすくなりそうですよ。

独立やフリーランスを考えている人は、非正規雇用のメリットを生かしつつ副業から頑張ってみることをお勧めします。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST