ブログ

【ブログは社会貢献】日記ではなく「刺さる」質の高い記事を書く方法

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではブログで質の高い記事を書く方法についてまとめました。

ブログやHP、サイト作りなどをこれまでやってきて確実に1つ分かったことがあります。アフィリエイトで成果を出すために必要なのは「発信する情報は社会貢献」であるべきだということです。

ブログやHPの目的は人それぞれですが、成果を出すとか収益化するということを考えるなら、やはり日記を書くという発想では厳しいですね。

趣味や記録として自己満足の中だけでやりたい人もいるかもですね。だけど、自分のメディアとして育てて収益性や影響力を持たせたいのであれば、質の高い情報を発信して社会貢献をするしかありません。

どういった記事から収益が発生して、どうやって質の高い記事を書き続けるかについて、本記事でまとめました。

社会貢献=誰かの役に立つ

人は自分にしか興味が無い

これから書いていくことは「収益化ブログ」に必要なこと、という前提なので、日記として好きにやっているだけという人には当てはまらないと思います。副業レベルでやりたい人はそのままどうぞ。

まず大前提として、人は基本的に自分にしか興味が無い生き物であり、よっぽど何か付加価値がない限り他人の日記を読むことはありません。信頼性もつきにくいので、モノやサービスも売れにくいです。

誰かの役に立つ、つまり誰かがメリットを感じないと読まれることはないし、収益も出にくい。

モデルや芸能人やなど「既に付加価値のある人」が、日常を日記ブログにするのなら見たい人はたくさんいるでしょう。

だけど普通の人がブログを始める時は、その記事やコンテンツが誰かにとってメリットがあるものでなければならいのです。

オリジナルの価値を発信する

少し難しい言い方になるかもしれませんが、日記ブログじゃないブログを書こうと思ったら、自分だけのオリジナルの価値を発信する必要があります。

ポイント

ブログの情報発信を難しく考える必要は全くありません。僕は「ブラック企業から必死に逃れた」という経験だけで今もやっています。発信できる価値は誰にでもいくらでもあります。

自分には発信できる価値なんて何もない・・と思うのは間違いです。過去の自分を救うためのメッセージ、と考えると書きやすくなりますよ。

始めた頃はブログ読者もまだいないので、まずターゲットは過去の自分に設定します。このブログもまずはそこから始まりました。

「過去の自分」をターゲットにする

経験値とかスキルや実績に自信が無く、何を発信したらいいか分からないという人は結構たくさんいますが、その解決策が「過去の自分」をターゲットにするということです。

過去に自分が悩んでいた事や困っていた事、できなかったけど克服できるようになったことなど、何でもいいです。ちょっとした成功体験でもあればなお良いですが、「代わりに調べました」でも全然OKです。

何もネタが無いという人でも「代わりに調べました」であればいくらでも書けます。過去自分が困っていたことの解決策、であれば絶対にあるはずです。

そしてジャンルを一つに絞ればそれが専門性となり、どこにでもある日記ブログではなく特化型ブログのできあがりです。

日記ブログと相反する特化型ブログ

書きたいことを書かない

オリジナルの価値を発信し差別化されたブログにするためには、どこにでもある日記ブログではなく専門性の高い特化型ブログにする必要があります。それが信頼を生み、信頼からモノやサービスが売れて収益になります。

ポイント

不思議な話かもしれませんが、特化型ブログでは自分が書きたいことを書いてはいけません。これが日記ブログとの最大の違いです。悩みが深いテーマに対し、その答えを書いていくのが専門ブログです。

世の中で必要とされている情報、悩みに対する解決策に徹底しましょう。あくまでも主軸は「誰かの役に立つ」ことです。

自我を消し去り、他人へ尽力する。自分ではなく他者にとってメリットがないと誰からも興味を持たれないですからね。

質の高い記事とは?

簡単に言うと「世の中が求めている情報、解決策、答えを的確に提供している記事」こんな感じかと思います。その逆がゴミ記事ですね。

「誰かの役に立つ」という主軸が抜けていると、ゴミ記事になりやすいです。自分だけ満足の記事では、それをいくら100記事200記事と量産しても決して収益化はしません。理由は、人の役に立っていないからです。

全く収益が上がらないことはないかもしれませんが、作業量とアクセス数に対する収益率がめちゃくちゃ悪いので、自分で自分の首を絞めにいっているようなものですよ。

PV数に依存しない高い収益率

日記ブログや雑記ブログの収益方法は、ほとんどが「クリック型広告」を記事に貼り付けるというものですよね。質の良し悪しに関わらず、ただひたすらにPV数を追い求める、みたいな。

ブログ訪問者が記事を読んで、モノやサービスを購入したりメルマガへ登録するなど、何らかの「アクション」を起こすような記事が本当に人の役に立つ記事です。

ポイント

「悩み+問題解決」の形で価値ある記事が作れていれば、必ずそこからモノやサービスが売れていきます。高い収益が必ず出ます。アクセスを集めたら偶然広告がクリックされて報酬発生、これでは間違いなく大きく稼ぐことはできません。

アクセス数を収益に変えれるのは「強者の戦略」ですよ。2~3年広告なしで毎日ブログを書き続け、それからやっと成立するような手法です。

初心者こそPV数は気にせず、ただただひたすらに世の中に与え続けることだけを考えましょう。

良質記事は自分の資産になる

勝手にモノやサービスが売れていく

「悩み+問題解決」の形で価値ある記事が作れていると、そこに勝手にアクセスが集まり、モノやサービスが勝手に売れていくようになります。これがブログ最大のメリットですね。

会社の仕事と違ってネット副業が最強な理由は、頑張った分が全部自分の資産として蓄積される所です。評価や実績が会社に吸い取られない。

価値ある質の高い記事をどんどん増やしていくと、過去記事からどんどんモノやサービスが売れていきます。不労所得のようなものです。日記からはまず起こり得ない現象です。

例え過去記事であっても、人の役に立つ記事であれば必ず誰かの心に「刺さる」ので、自然とモノも売れていくんですね。

個人でどんどん社会貢献を

これまでは学校を卒業したら「会社や組織に属して働く」というのが普通の働き方でした。ところが今は、ネットが普及して革命が起きているので、個人でもどんどん社会貢献することができるようになっています。

フリーランスとかブロガーとか流行っていますが、つまり個人で社会貢献をしている人が増えている、ということです。

ユーチューバーも同じで、世の中から求められている事を個人でやっている、ということですね。だから稼げているわけです。

ポイント

結局のところ、ブログ収入とは社会に価値提供した量のことなので、まずは徹底的に与え続けましょう。これをネット上でやっていること自体が超効率的なことので、やらない理由はないです。

社会貢献度合いと関係なく稼げるのはいわゆる「虚業」ですね。

株やトレードなどの投資家ほど稼げる職業はありませんが、まずはネットを極めることからがいいと思っているので、引き続き僕も頑張りたいと思います。

まとめ

収益性の高いブログにするのは「誰かの役に立つ」を徹底すること。価値の高い過去記事を増やせば、アクセスも収益も自然と集まってくるようになります。まずは徹底してギブ&ギブです。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST