ビジネスコラム

思うは招く。「どうせ無理・・」に負けない心を教えてくれた植松努さんのTEDxSapporo

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。植松努さんの伝説のスピーチにいつも胸が熱くなります。どうせ無理・・は大敵ですね。

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式のスピーチや、堀江貴文さんの近畿大学卒業式のスピーチなど、圧倒的に話の中に引き込まれてしまう「伝説のスピーチ」というものがあります。

*孫正義さんの【志】のスピーチもそうですね。想いが詰まった人の話にはいつの間にか引き込まれてしまいます。その熱量に圧倒的に引き込まれます。

あのスティーブ・ジョブズ、堀江貴文、孫正義と同じくらいの感動・感銘を受ける語り手、それが「植松努」さんという方です。パソコンの前で人の話にここまで聞き込んでしまうことってなかなかありません。

植松努さん?って誰だそれ

植松電機を経営

植松努さんという人を知らない人ももちろんいるでしょう。北海道赤平市という、人口およそ1万人程の小さな町で植松電機という会社を経営している方です。植松電機では主に機械開発設計/機械製作を行っています。

*その植松電機ですが、今では修学旅行で訪れる子供達の数が赤平市の人口を超えてしまうとか。北海道の小さな町の会社に、なぜそんなにたくさんの人達が毎年訪れるのか?

理由は社長である植松努さんのもうひとつの顔にあります。それは植松さんが子供の頃から憧れていた宇宙開発事業を地元赤平で実現し、世界に3つしかない「微小重力実験塔(コスモトーレ)」を作ってロケットの飛行実験をしていること。

宇宙開発事業に携わる

植松電機は宇宙開発・研究をしている会社なんですね。夢だった宇宙開発事業に携わることができるようになった植松さんが、子供の頃に「どうせ無理」という言葉で未来を諦めさせられそうになった体験を語ってくれました。

それがTEDxSapporoでの感動のスピーチです。「どうせ無理」「お前なんかにできるはずがない」という言葉を学校の先生や大人達に投げかけられ、孤立しながらも夢を追いかけたという話です。

*初めてこの動画を見たのははたぶん3年くらい前だったと思いますが、約20分という時間があっという間に過ぎたのを今でも強く覚えています。

世界中が感動した植松努さんのスピーチ

 

テーマは「思うは招く」

仕事や人生や自分自身に迷いがある人、自分の夢を本気で追いかけたい人は必ず見て下さい。ユーチューバーの動画を見るのもいいですが、同じ20分間を使うならどんな動画よりも遥かに価値があります。

僕自身、自分の好きな事を本当に最後まで追いかけていくかどうか瀬戸際のタイミングだったので、余計に心に響いたのかもしれません。見る人によっては涙を流してしまう人もいるでしょう。

スピーチのテーマは「思うは招く」どれだけ周囲から孤立しても思い続けること、夢を夢のまま終わらせないことの大切さを改めて気づかさせてくれます。

夢を追いかける時はたいてい孤立する

好きなことを貫くと、周囲で反対する人が必ず出てきます。例えば親や学校の先生、今勤めている会社の同僚や上司、結婚しているなら奥さんや旦那さん、下手すると周囲全員が反対者になっていることがある。

僕がブラック企業を辞める時はとにかく猛烈な「辞めさせない攻勢」に苦しめられました。絶対に上手くいかない、辞めると不幸になる、必ず失敗するぞ的な言葉や引き止めを集団で仕掛けてくるのです。

今思えば本当に宗教じみてたなぁ・・ブラックどころかただのオカルト団体だった。本当に全員敵だらけ、四面楚歌状態でしたね。でもそれでも植松さんと同じ気持ちで闘っていました。

ドリームキラーが現れた時

こんな時に100人中99人は周囲に流されてしまう。周囲にほだされて迎合してまう。もしそうなってしまうと、100人中99人が歩むような望まない人生を自分も共に歩むことになるでしょう。

ポイント

なぜか四面楚歌の状態に陥る現象が訪れたら、本当に好きな事をやる資格があるかどうか神様からのチェックテストのようなものだと思えばいいです。そこから抜け出す瞬間の賛同者はたった1人、自分だけです。

たった1人しかいなくても、99人から否定されてもそれでも自分の好きな事を1人選んだとしたら、それが自分が心から本当に好きな事であり本当にやりたい事だと言えるのです。

ヒリヒリするような緊張感を楽しめるかどうか

孤独に打ち勝てるかどうか

100人中99人に反対されても、たった1人になって孤独に苛まれても好きな事を貫けるような人だけが、本当に好きな事だけで人生を埋め尽くせる。神様からのチェックテストが訪れる時は本当に1人ぼっちです。

*会社を辞めて好きな事で生きていこう!などと大きな決断をする時は特に、不安もあるし保証も約束もない中でヒリヒリするような緊張感が訪れます。

本当に自分の好きな事で生きてる人ってごくわずかなので、100人中99人の意見を却下してでも自分の道を貫く選択ができないと”その他大勢”の中に紛れるだけです。その緊張感を楽しめるかどうかですね。

ポイント

やりたい事を夢のまま終わらせるのって本当に簡単です。何もしなければいいだけなので。どれだけ周囲から孤立しても思い続けると、少しずつ状況は好転していきます。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST