大人の話題 好きなことで生きていく 学校では教えてくれないこと 引き寄せの力

頑張らない生き方で不思議と仕事も人生も上手くいく【脱社畜の実話】

脱社畜ブロガーひろ
脱社畜に成功したhiro(ひろ)です。頑張らない生き方を思い切って始めたら、人生が驚くほど軽くて快適に。逆に収入が上がりました。

 

元ブラック企業社畜のひろです。
歯を食いしばって頑張る人生をやめて、頑張らない生き方を試してみたら、めちゃくちゃ快適に過ごせるようになりました。

 

頑張ってもなぜか報われない時に、いくらジタバタしても逆効果です。これは社畜で消耗していた僕が、十分すぎるほどに証明できます。

 

なぜか悪循環に陥っている人は、頑張らない生き方をぜひ一度試してみて下さい。力の入れどころを間違っているのかもしれません。

 

ココに注意

社会人になって嫌な仕事から逃げるとか、我慢をやめるとかすると、人生詰んでしまうみたいに思っていました。大人になると、忍耐とか我慢とか当たり前だと。でもそれこそが明確な間違いでした。

 

ちなみに僕の社畜時代は毎月200時間以上も残業していて、過労で倒れるほど会社の仕事を頑張っていました。

 

ところが、それが間違いだったんですよね。苦しい努力、辛い努力をいくら頑張っても報われにくいです。

 

頑張っているはずなのになぜか上手くいかない。頑張れば頑張るだけ裏目に出てしまう。そんな時こそ一度立ち止まるべき。

 

頑張らない生き方を始めたら、なぜか仕事も人生も上手くいくようになります。僕の不思議な実話とともに、大切なポイントを解説しますね。

 

頑張る生き方に疲れた人が上手くいかない理由

本当は望んでない事を頑張っている

多くの日本人は真面目で勤勉です。
であるがゆえに、多大なエネルギーと時間を、本当は望んでいないことに費やしてしまいがち。

 

特に日本の多くのサラリーマンはこんな「努力の罠」にはまっている人が多く、知らぬ間に社畜化している人が大勢います。

 

義務感や責任感から努力を続けても、頑張れる度合いには限界があります。本来それは、他人の夢や目標なはず。自分が本当に望んでいることに集中すべきなのです。

 

それでボロボロになっていった人達がたくさんいます。僕自身もブラック企業で心身ともにボロボになりました。

 

頑張る生き方に疲れている時点で、本来、自分が進むべき道を歩めていない可能性大なんですよね。

 

頑張らない生き方を見つけるためにやること

MustではなくWishを探し出そう

頑張ることに疲れている人は「やりたくない事を必死にしている」可能性大です。やらなければならない事を、必死に頑張っているから疲れるのです。僕もそうだったのでよく分かります。

 

Must(~しなければならない)で毎日が埋め尽くされ、Wish(~したい)が全然できていないと、人生は疲れまくりです。

 

ココがポイント

今の自分が何で忙しいいか?を問われた時に、ほとんどの人が「Must」で忙しいはず。Mustに追われてバタバタしているはずです。だけど徐々に「Wish」を増やしていくことで、人生は少しずつ変えることができます。

 

現実としていきなりは難しいかもです。
でも少しずつMustを減らし、少しずつWishを増やしていく。これで人生の快適度は劇的に変わっていきます。

 

人生100のリストを作ってみよう

過去の僕のように「頑張る方向性」を間違えていた人は、本当に自分が望んでいる「Wish」をもっと明確にハッキリさせることをお勧めします。

 

本当に自分が望む「Wish」を明確に書き出し、あとはそれに向かっていく。やりたい事なんて、元々はシンプルな話です。

 

自分の望むWish(~したい)を明確にするめには、人生100のリストを作るのがお勧めです。ルールも縛りもなく、死ぬまでやりたい事を100個ただ書くだけでOK。

 

死ぬまでにこれはやり遂げたい、から発想すると、意外にも自分の望みがどんどん出てきます。できるできないは気にしない方がいいです。

 

欲望のままに従うのも良しなので、とにかく大きな大きな望みをどんどん出しまくるのがいいですよ。

 

こちらもCHECK

夢や目標は書くと実現する!?人生の100のリストを作って確かめてみた

続きを見る

 

会社の仕事を頑張らない生き方を実践してみた結果

いきなり人生を劇的には変えられない

結論から言うと、いきなりやりたい事を叶えるのは無理でした。理想としてはすぐに脱サラし、Wishだけで時間を埋め尽くしたかったんですが。人生を劇的に変えるのは、さすがに無理です。

 

Wishの未来へと変えるため、まずは「正社員」を捨てることにしました。頑張らない生き方へ少しずつシフトです。

 

ココがおすすめ

少しずつとはいえ、毎日深夜まで残業続きだった社畜にとってはかなり大きな改革です。まずは自分の時間を確保することから。転職して契約社員になり、これで残業ゼロ、定時退社の毎日がスタートです。

 

正社員である以上、どんな会社でも必ず組織へのコミットが求められるので、少しでもムダを省くための選択です。

 

会社では最低限だけ働き、秒速で帰宅して、自宅でとにかく副業に打ち込む。そして徐々に収入源を逆転させる、これしかありません。

 

Mustを極限まで減らすため毎日定時退社

死ぬまでやりたい事100を本当にやろうと思ったら、会社で時間を消耗する人生では、まず実現不可能です。

 

実践して分かったことは、全ての会社員は必ず毎日定時退社した方がいいということ。時間が来たら、爆速で帰宅しましょう。

 

自分の時間を確保しないと、やりたい事なんて1つもできません。どのみち給料も上がらず、残業代も削減されつつある世の中です。残って雑談とか、サビ残なんてしてるヒマはありません。

 

これまでいかに会社に時間を奪われていたか、自分の時間を確保できるようになって気付けました。徐々にシフトチェンジです。

 

頑張らない生き方で徐々にスキルアップ

会社で頑張る=経営者のために頑張るなので、基本的に個人の頑張りや実績は全て会社に吸収されていきます。

 

それでまでは完全に会社の養分だった僕ですが、会社のために頑張るのをやめたら、今度は自分にスキルが蓄積し始めました。

 

ココがポイント

自分の時間を使ってHP作りやブログなど、自分の好きなインターネット副業に没頭。好きなことをコツコツ続けていたら、自分で収入を作るスキルが上がっていきました。

 

もちろん徐々にですが、でもコツコツやれるのは、それが会社の目標や夢ではなく完全に自分のものだからです。

 

同じ頑張るにしても、それがどこに蓄積されるのか。それが消耗とスキルアップの分かれ道になりますよ。

 

こちらもCHECK

会社で昇給が期待できないなら副業で在宅ワークを始めよう【人生が変わる】

続きを見る

 

嫌な仕事も我慢も頑張らない生き方でいい

残業も飲み会も付き合いも手放してみよう

毎日定時退社する働き方に変えて分かったのは、会社で働くのに、残業も飲み会も付き合いも全く必要なかったということです。雇用形態に関わらず、これは全ての人共通ですね。

 

残業や飲み会や付き合いで失っている時間は、自分の想像よりもはるかに大きいですよ。思い切って手放してみて下さい。

 

人生のやりたいことリスト100の中に、残業や飲み会や付き合いが入っていれば別ですが。まあ、そんな人はいないですよね。僕は思い切ってそれを辞めたことで、徐々に人生が好転し始めました。

 

会社をすぐ辞められれば最高なんですけどね。こればっかりは、徐々にスキルを積み上げていくしかありません。

 

嫌な仕事や我慢を続けていても、たぶん収入は横ばいです。頑張らない生き方へ変えると、逆に豊かになれますよ。

こちらもCHECK

非正規雇用で働いた時の具体的な副業の進め方とは【在宅でITスキルを伸ばす】

続きを見る

 

-大人の話題, 好きなことで生きていく, 学校では教えてくれないこと, 引き寄せの力

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ