仕事と働き方

新時代のワークライフバランスとは?元社畜が提案するこれからの働き方

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。ワークライフバランスなどとは無縁の底辺ブラック企業社畜だった僕が、新時代の新しい働き方を提案します。

僕はかつてとんでもない会社で働いていました。どれくらいのブラック企業にいたかというと、毎月200時間以上も残業し、休みは週に半日あるかないかというような生活でした。

当時のことを思い出しても、バランスどころか「ワーク」の方しかありませんでした。仕事以外の記憶がまるで浮かんできません。

まるで牢獄にいるかのような生活でしたね。そんな底辺ブラック企業から大企業や上場企業まで様々な働き方を経験した結果、「新時代の幸せな働き方」についてある一つの結論を見出すことができました。

ポイント

年金不安、非正規雇用の増加、終身雇用制度崩壊、残業代削減などなど、これまでに良しとされてきたワークライフバランスだけでは乗り切れない現状が訪れています。新時代の働き方を確立する時です。

これまでの働き方や考え方だけでは、この先の時代を乗り切っていくことが難しくなってきました。この先の困難を乗り越える新しい働き方を確立しましょう。

まずは徹底して「ライフ」に重きを置く

働く時間は最短に「定時退社が必須」

ワークライフバランスの本来の意味は「仕事と生活の調和」ですが、これまでの時代は徹底してワークの方に重きが置かれてきました。当時の僕のように、長時間労働が利益を生むという考え方の社会でした。

長時間労働が利益を生むという幻想の時代は完全に終了しました。これからは高い生産性の時代です。

どちらにしても働き方改革の影響で、世の中全体が「残業代削減」の流れです。ここまできたら1秒でも早く帰宅して個人のスキルアップに努めるか、副業に取り組んで個人で稼げるように頑張るのが最適解となります。

個人のスキルアップに努めないと仕事の生産性は上がらないし、個人で稼ぐスキルを身に付けないと会社の給料アップもなかなか期待できません。

複数の柱を持つことで安定する

経団連の会長と日本最大企業であるトヨタの社長が「終身雇用は守れない」とそろって発言しているのです。1つの会社、1つの仕事にしがみつく時代は完全に終わりですね。

ポイント

1つの会社、1つの仕事で生涯を終えようという考え方はかなり高リスクです。もしフリーランスになってもやっていける力とか、転職市場でも評価されるスキルや人間力など、複数の柱を自分の中に築いておきましょう。

考え方として、もし今の会社や今の仕事を辞めた瞬間に「残るものがゼロ」であれば人生がハードになります。

1日の大半の時間を「ワーク」のみにつぎ込んでいると、自己研鑽する時間が全く取れません。定時で帰って個人スキルを伸ばす時間を作りましょう。

基本的に激務の会社はまずNG

過去の僕のように超激務の会社に勤めているという人は、早めに見切りをつけることをお勧めします。そこに人生を費やしても、見合うリターンはほぼ得られないからです。

会社の価値を見極める

Googleが新規株公開を行った時、創業時から働いていた従業員が大金持ちになりました。急成長する自社の株を購入していたからです。会社が急激に成長し、その会社の株を買う価値があるとかでない限り、基本的に激務の会社はNGです。

株式公開前のGoogleのように、鬼のように成長していて神のようなリターンが見込まれる会社なら別ですが・・。富を分配しない日本の会社では、このような事例はほとんど起こりませんね。

まだまだ過労働の文化が根強い日本人は「ワークからライフへ」考え方を180°変えなければなりません。

ライフの時間を「資産」へと変えていく

自分の価値を高める時間へ

まず基本的な事実ですが「会社の仕事」をどれだけ頑張って成果を上げたとしても、個人にその実績や信頼はほとんど蓄積されません。会社の株価へは反映されますけどね。

ポイント

仕事ができるサラリーマンは、会社に評価や実績を吸収されていることをもっと自覚しましょう。会社の価値は上がりますが、個人の価値を上げるにはやはり「ライフ」の時間にしかできないことなのです。

なので仕事ができるサラリーマンがやることは、「定時退社」のために前倒しで仕事を終わらせる準備をしておくことです。

前倒しすぎると新たな厄介事を頼まれる確率が上がるので、その辺はバランス感覚で切り抜けましょう。

汎用性、資産性の高いスキルを磨く

どんなにホワイト企業でも、どんなに毎日定時退社していたとしても、その会社でしか通用しないスキルしかないのであれば「社畜」同然です。誰かに飼われてなければ生きられない、から早く脱出しましょう。

例えば転職サイトに登録した時、自分のスキルや経験値に対して企業からどれくらいのオファーが届くでしょうか。それがまさに自分の「市場価値」です。資格でもスキルでもいいので、ライフの時間を市場価値を高める時間に使いましょう。

いつでもどこでも働ける汎用性の高いスキルを身に付けておけば、会社に対して弱腰にならずにすみます。強気で生きていけるスキルがあれば自信を持って生きられますよね。

個人で稼ぐスキルを磨く

そして究極なのが「個人で稼ぐスキル」を磨くことです。会社収入とは全く別の、個人の副業で稼ぐことができるようになれば怖いものはありません。中でも下記のようなスキルは特にお勧めですね。

  • HP作成、SEO対策
  • ブログ&アフィリエイト
  • セールスライティングスキル
  • FXトレード(余裕があれば)

長期的に見て将来は自分が働かなくてもお金が生み出せるようになるもの、これは最高のスキルになります。

ブログやHPは自分の代わりに働いてくれるようになりますし、さらにセールスライティングスキルがあればモノやサービスも売れます。

今の時代、ビジネスオーナーは意外と簡単です。ブログやHPは「金融資産」と同じなので、サイト作成スキルを身に付ければその時点でビジネスオーナーです。自分が所有するサイト達を雇っているような状態ですね。

ポイント

ビジネスオーナーからさらに上を目指すなら、最終形態は「投資家」です。FXトレードなどからスタートして、不動産やファンドまで扱えるようになれば最強ですね。

僕も今はまだビジネスオーナーですが、投資顧問会社で働いていた経験を活かし、最終目標である投資家として成功するまで走り続けます。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST