HP作成・SEO

【すぐ分かる!】0から始めるWebサイトの作り方と公開までの流れ

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではWebサイトの作り方を0から始める初心者でも分かるようにまとめて解説しています。

ホームページとかWebサイトとか呼び方が色々あって、そもそもどれが正しいのか何がどう違うのか分かりにくい!って思うかもしれませんが、実は「Webサイト」と呼ぶのが正式です。

ホームページとは本来ブラウザを開いて1番最初に表示されるページのことを指すので、ここでは複数ページの集まりのことを総称してWebサイトとしています。

サイト作りのポイント

今のWebサイトの作り方と種類は大きく2パターンに分かれます。この2つの違いと作り方を理解すれば、現在のサイトの作り方はほぼ全てマスターしたようなものです。

ということでまずは2種類のサイトの作り方の違いとそれぞれのメリットデメリット、そしてサイト公開までの流れを見ていきましょう!

2つのサイトの違いを理解して選ぶ

ブログタイプかHPタイプか

2種類のサイトの違いといってもそんなに難しいことはありません。ブログタイプのサイトかホームページタイプのサイトのどちらかの違いでしかないので。

世の中のサイトはほぼ全てこのどちらからのサイトです。会社やお店のサイトはホームページになっていることが多く、個人で作っている僕のこのサイトはブログタイプのWebサイトになっています。

どちらも複数ページが集まっているWebサイトであることには変わりありません。ホームページは会社概要やスタッフ紹介など整理された情報を見せるのに向いていて、ブログは更新が前提なので新着情報を見せるのに向いています。

ブログタイプかホームページタイプか選び方に迷う人は、自分がどんなサイトを作ってどんな情報を見せたいのか用途に合わせて決めましょう。

目的に合わせてタイプを選ぶ

例えば10ページの会社ホームページは、htmlファイルというファイルを10ページ分作成すればそれでサイトは完成です。(もちろんその後ページを追加していくことも全然できます)

選び方のポイント

そもそも見せたい情報がある程度決まっていて1度作ったらそこまで頻繁に更新するわけじゃなければホームページタイプ向き。サイトに追加情報をどんどんストックしていくならブログタイプ向きです。

ブログ記事は新しい記事から時系列で順番に流れていきます。ホームページは作成した順番に関わらず好きな場所に配置できるという違いがありますね。

Webサイトの作り方

ドメイン(URL)を取得する

ホームページタイプでもブログタイプでもまず最初にやるべきことはドメイン(URL)を決めることです。これからサイトオーナーになるわけなので、世界で1つ自分のだけのURLを決めましょう。

URLはネット上の自分の住所のようなものです。短く分かりやすく簡潔なものがGoogle(検索エンジン)からも好まれます。

ドメインを決めよう

このブログであればhiro07.comというのが僕が決めて取得したドメイン(URL)です。自分のサイトの象徴とも言えるほど大事な名前になります。

ドメインをこれまで取得したことがないという人は「お名前.com」が使いやすく便利なのでそこで探してみて下さい。
↓↓
世界にたった一つ自分だけのURLを決めるなら、お名前.comで

サーバーを借りる

これもWebサイト作りには欠かせない作業です。ドメイン(URL)はネット上の自分の住所のようなもので、サーバーは自分のサイトを設置するための土地のようなものになります。

住所(URL)と土地(サーバー)があればあとはWebサイト(店舗)をネット上に出すことができますね。

一般的にネット上の住所(URL)は購入し、土地(サーバー)は購入ではなくレンタルして使います。自前で土地を準備することもできなくはないですが相当な知識と技術が必要なので借りましょう。

住所(URL)は誰かとかぶってしまわないように自分で決めて購入しておきます。これで第3者とバッティングすることがなくなるので安心です。

XSERVERかmixhost

ネット上の土地(サーバー)を貸し出ししてくれる業者さんはたくさんいますが、最強のレンタルサーバーというのが実はもう決まっています。

最強の2大レンタルサーバー

レンタルサーバーならXSERVER(エックスサーバー)かmixhost(ミックスホスト)です。サイト表示の高速性、安定性、実績と人気を考えてもこの2つがずば抜けています。

この他にも確かにレンタルサーバー業者はいますが、結局コスパや機能性を突き詰めていくと必ずこの2つに絞られていくのです。

ちなみに僕はこのサイトでmixhostのレンタルサーバーを使用しています。

XSERVER(エックスサーバー)とは?


高速・高機能・高安定性のエックスサーバーは知名度と実績で他のレンタルサーバーを大きく引き離している超人気のサーバーです。法人・個人合わせて運用サイト数は160万件以上となっています。

サイト運営者、アフィリエイターの間でエックスサーバーを知らない人はいないと言ってもいいくらいですね。

エックスサーバーのポイント

高速表示、高い安定性、リーズナブルな料金(月1,000円程度)どれを取っても1級品のレンタルサーバーです。エックスサーバーを業界1と推す人も多いです。

初心者だろうが玄人だろうがここを使っておけばまず間違いないです。エックスサーバーの詳細はコチラから
↓↓
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

mixhost(ミックスホスト)とは?

mixhost
2016年まで「サーバーと言えばエックスサーバーの一択!」が定説でしたが、2017年に突如現れたmixhostが市場をガラリと変えることになりました。他社をゴボウ抜きし、一気にトップクラスの仲間入りを果たしたのです。

mixhostのポイント

より早く、より高品質を追求したmixhostはとにかく高スペックで使いやすい。さらにエックスサーバーでは必要な初期費用3,000円もmixhostなら要りません。

僕がmixhostを気に入った理由は色々ありますが、とにかく設定がとても簡単で使いやすく、お試し期間を過ぎても辞める気が一切起こりませんでした。

*URLを「https」にするためのSSLという超重要な機能がありますが、これが無料でしかも設定不要でできることには感動しました。

値段もエックスサーバーよりさらに安く、しかも高速・高性能で使いやすいのでここに決めました。mixhostの詳細はコチラから
↓↓
桁違いの高速化、高性能サーバーmixhostが10日間無料お試し中!

HP作成ソフトかWordPressを使う

サイト公開までもう少し!

ドメインという住所(URL)が決まって土地(サーバー)まで準備できたら、あとはいよいよWebサイト(店舗)をネット上に出すだけです。

Webサイトにはブログタイプとホームページタイプの2種類があることは前述のとおりですが、この2つでWebサイト(店舗)の作り方が異なります。

2種類のサイト作成方法

ホームページタイプはHP作成ソフトを使ってサイトを作り、ブログタイプはWordPress(ワードプレス)を使ってサイトを作ります。作成後サーバーにアップロードして完了です。

僕のこのサイトはブログタイプなので、サーバー内にWordPress(ワードプレス)をインストールしてサイトを公開しています。

WordPressを無料でインストール

WordPress(ワードプレス)とはサーバー内にインストールができる無料ブログソフトウェアのことです。WordPressでブログサイトを作りますが、エックスサーバーやmixhostならこれを簡単にインストールすることができます。

最強の2社以外のサーバー(例:さくらサーバーなど)ではWordPressのインストールが分かりにくく使い方も厄介な場合があります。サーバー選びから間違えてはいけない理由がここです。

エックスサーバーもmixhostもマイページにログインすれば簡単にワードプレスをインストールすることができます。

ワードプレスなら商用サイトも作れるし、プラグインという他のソフトにはない様々な機能を追加して使うことができます。

無料ブログならもっと簡単では?

無料ブログはブログサービス提供会社のブログを借りてサイトを作るので自己所有のWebサイトにはなりません。商用サイトも作れないし規約変更でブログが削除される可能性すらあります。

商用サイトを作るにしてもアフィリエイトをするにしても無料ブログはまずやめておいた方がいいです。Livedoorブログのスマホサイトのように余計な広告が絶対に消せない事もあります。

HP作成ソフトの場合

HP作成ソフトと検索すると色んなソフトが出てきます。素人向けのホームページビルダーからプロが使っているDreamweaver(ドリームウィーバー)まであって、正直初心者の人はどれがいいかまず分からないはずです。

HP作成ソフトを習得するまでに時間をかけていては、いつまでたってもサイト公開することなどできません。とは言え、世の中に公開されるサイトなのでデザイン性やクオリティも重要です。

選ぶべきHP作成ソフトは初心者でも簡単にホームページが作れるほどの操作性であり、同時にデザイン性やクオリティも高く見た目がいいサイトが作れるソフトであること。

そんなワガママを叶えてくれるとってもバランスのいいHP作成ソフトが実はあるんです。それが僕も使っているSIRIUS(シリウス)というHP作成ソフトです。

SIRIUS(シリウス)では直感的操作で物販サイトもビジネスサイトも簡単に作れてしまいます。しかも見た目も素人っぽさは全く感じさせないクオリティです。

HP作成ソフトのポイント

今はサイトをPCよりスマホで閲覧する人の方が上回っています。HP作成ソフトで最も重要なのはスマホサイトですが、SIRIUS(シリウス)では数クリックでPC用サイトとスマホ用サイトの両方を作ることができます。

「モバイルファースト」の時代で最も重要なのは、スマホサイトがきれいに見やすく作れるかどうかということです。スマホ対応のサイトが同時に作れないなど論外なのです。

閲覧者の画面サイズに合わせてWebサイトを構築する技術を、専門用語でレスポンシブウェブデザインと言います。 

レスポンシブウェブデザインに対応しているHP作成ソフトだから僕はSIRIUS(シリウス)を選んで使っています。事実、商品がサイトから売れるのは7割以上スマホサイトからとなっていますからね。

SIRIUSの詳細はコチラから

まとめ

Webサイトを作る際はスマホサイトを最重要視しましょう。スマホでも見やすいWordPressで作るか、レスポンシブウェブデザインに対応しているHP作成ソフトを使うことがポイントです。1度Webサイト作ってしまえば半永久的に自分の財産となってくれますよ。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら