ブログ

会社員にとって最強の副業はブログだけど、ただの日記を書いても意味なしです

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では会社員にとってブログが最強の副業である理由と、特化型ブログの作り方についてまとめました。

元ブラック社畜のhiroです。
ブラック企業を抜け出した後は「会社員」という働き方を捨て、副業で磨き続けた自分のスキルを頼りに生きています。

会社勤めをする人が始めるのに最も最適な副業が「ブログ」です。
実はブログからはかなり多くのスキルを身に付けることができるので、副業で始めるならこれで間違いないです。

日記じゃ意味ない理由

会社員にとって最強の副業の1つはブログだけど、ただの日記を書いてもマジで意味ないです。
ブログなら間違いなく専門性のある特化型ブログをやるべきで、かなりの人気ブロガーじゃない限り日記は誰にも読まれない。専門性が高いほど少ないアクセスでもモノやサービスが売れて収益になります。

多くの人がブログに抱くイメージは「日記」ですが、ただただ日記を書いているだけでは副業として成立しません。

読まれるブログ、副業として成立するブログの作り方とその記事の書き方について解説します。

ブログは大きく2種類に分けられる

テーマを決めない雑記ブログ

多くの人が「ブログ」に対して持っているイメージに最も近いもの、それが雑記ブログになります。

「雑記」というくらいなので、簡単に言えば何でも好きな事を好きなように自由に書くブログですね。

いわゆる日記ブログや浅く広くの趣味ブログも「雑記ブログの1つ」です。テーマを1つに絞らないので、何を書いてもOKというスタンス。

ポイント

テーマが絞られてないので「何でも書きやすい」というのが最大のメリット。気になった話題の商品についてや流行りのダイエット法など、トレンドや変化に合わせて柔軟にネタを選ぶことができます。

書く内容が日記や雑記でいいのでターゲットが絞られません。つまり間口が広く多くの人に読まれやすいという特徴があります。

え、雑記ブログめっちゃいいやん!となりがちですが、もちろんメリットもあればデメリットもあるんです。

雑記(日記)ブログのデメリット

何でも書いていいので確かにユーザー属性を選ばず、多くの人に読まれる「可能性」が多少は高いかもしれません。

だけど「収益化」ということを考えると実はちょっと難しくなります。

雑記ブログは自由度が高くて間口が広い分、ブログを読みに訪れる人の属性が絞られにくくなります。「誰に」どんな「広告」を紹介して手数料を得るかという、ブログ収益化の見通しが立てにくいのです。

ブログ内で紹介する広告から自分の収益が発生するわけですが、ターゲットが絞らてない分、ブログからモノやサービスが購入されにくいというデメリットがあります。

内容が軽くて読みやすいと同時に「心に深く刺さりにくい」ため、ブログへの訪問しやすさはありますが人の心を動かしにくいのです。

ポイント

アクセスが集まりやすいのを武器にして、アクセス数をお金に換える広告も確かにありますが、アクセス集めのパワーゲームに陥りやすく、莫大なアクセス数を集めるブログ上級者との勝負にはまず勝てません。

カリスマブロガーやインフルエンサーブロガーがよく使うのが「アクセス数をお金に換える広告」です。これは強者の戦略なので、初心者向きではありません。

テーマを絞った専門ブログ

専門ブログとは雑記ブログとまさに対極で、テーマやジャンルを1つ絞って1つの内容に特化した記事を書き続けるブログのことです。

ブログやアフィリエイト初心が最もやりたがらないのが「ジャンルを絞る」ということです。1つに絞ることにより、ターゲットとなる人が減って人が集まらないような不安を抱いてしまうんですね。

僕自身もまったくその通りだったので、気持ちはよく分かります。だけど僕が副業で稼げるようになったのは「テーマやジャンルを1つ絞る」という行動を始めてからなんです。

テーマやジャンルを1つに絞って専門的に深堀りしていくという、理系的発想ですね。文系の僕にはこれがどうしても抵抗感がありました。

だけど途中で気づきました。

ネット上でも、何となくではモノやサービスは売れないということに。狙って絞っていくことで収益が出るようになります。

専門ブログのメリット・デメリット

専門ブログはテーマを絞っている分、ネタを探すのが雑記ブログと比べるともちろん難しくなります。そして内容も「濃い記事」がユーザーから好まれます。

ポイント

誰でも何でも書ける雑記ブログに比べると専門ブログの方が難易度は上がります。人の役に立つ記事、価値のある記事を書く必要があります。だからこそ収益が出やすいのです。

ビジネスの原理原則として、やはり人の役に立つという基本は外せません。ゴミ記事をいくら書いてもしょうがないですからね。

「悩み+問題解決」がブログ記事の基本形になります。悩みの深いテーマ+それに対する答えをブログ記事で発信しましょう。

専門ブログの例と作り方

テーマ・ジャンルの絞り方

1番分かりやすい専門ブログはこのブログです。僕が運営しているこのブログはテーマ・ジャンルを1つに絞り、それを深堀りしています。もちろん基本形である「悩み+問題解決」に沿って記事を書いています。

テーマ・ジャンルは自分の得意分野がいいですね。過去の経験値や成功体験が反映されるようなものだとなお良いです。

そんなこと言っても、自分には経験値も成功体験もないです・・という声をよく聞きますが、それは自分の価値に気がついていないだけ。僕は「ブラック企業から抜け出した」という経験だけでずっとやってきています。

社畜時代に200時間以上残業しいていたにも関わらず、残業代も出ないワーキングプアのド底辺だったということがまず僕の特徴ですね。

広告を先にリサーチしておく

どれだけ自分の得意分野や語れるテーマだったとしても、あまりに二ッチで特殊すぎるとその先に紹介する広告が無い場合もあります。なので先に広告をリサーチしておくことがとても重要です。

ポイント

「悩み+問題解決」で人の役に立つ記事を書くというのが大原則ですが、ボランティア活動になると副業にはなりません。記事を創造するクリエイターはプロとして収益化を考える必要があります。

専業ではなく副業でやる場合ももちろん同じです。広告主と個人をつなげてくれるASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録して広告を探しましょう。

専門ブログは資産になる

このブログはもちろん専門ブログでして、「働き方」「生き方」がテーマになっています。僕自身が苦労してきた経験を元に、同じような境遇で苦しんでいる人やブラック企業撲滅のために発信をしています。

「悩み+問題解決」で人の役に立つ記事をどんどん書いていると、徐々に検索エンジンから自然と訪問者が訪れるようになります。最初は大変かもですが、だんだんいつの間にか収益が発生するようになりますよ。

これがブログの最大のメリットで、いつの間にか自分の代わりに働いてくれるようになります。もちろん価値ある記事であることが大前提ですよ。

残業代を稼ぐためにあえて遅くまで会社に残るとか、時間を切り売りする働き方からどこかで切り替えないと幸福度が上がっていきません。資産化するスキルを伸ばしましょう。

ブログは1にも2にもまずは続けること。
日記をいくら続けても資産化するのが難しいので、「悩み+問題解決」で人の役に立つ記事を意識しよう。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら