アフィリエイト

アフィリエイトで商品が売れる人と売れない人の違い【売れる仕組みを解説】

悩み中の人
アフィリエイトで商品が全然売れない・・。リンクはちゃんと貼ってあるのに、どうして売れないんだろう??
脱社畜ブロガーひろ
ブログで脱社畜したひろです。アフィリエイトで売れるためには、モノやサービスが売れる仕組みをまず理解しておく必要があります。

 

売れ続ける人と、全く売れない人。
これほどまでに人によって差がハッキリでるのは、もしかしたらアフィリエイトくらいかもしれませんね。

 

モノやサービスが売れるのは理由があります。
それがオンラインやアフリエイトであれば、なおさらです。

 

初心者の多くは、たったの1つの商品も売れないまま、半年もしないうちに挫折していきます。最初の頃なんて、本当にビックリするくらい何も売れないですからね。

 

本記事のポイント

  1. アフィリエイトで売れる仕組み
  2. 売れる人と売れない人の違い
  3. 売れる記事に必要なスキル

 

この3つを解説していきます。
これが分かれば大丈夫です。

 

あとはスキルを磨くだけ。
はっきり言うと、アフィリエイトは、もう完全にスキルの差です。スキルを身に付けるしかありません。

 

悩み中の人
うわぁ・・
商品が売れると、ASPの管理画面にこんな感じのが出てくるんだ!初めて見た・・。
脱社畜ブロガーひろ
ですよね。たぶん、まだ1回も見たことないという人も多いはず。初報酬の瞬間なんか、飛び上がるほどに嬉しいですよ。

 

まずは売れる仕組みを知りましょう。
モノやサービスが購入される仕組みを知り、スキルを磨けば、必ずアフィリエイトで成果を出すことができます。

 

アフィリエイトでモノやサービスが売れる仕組みとは?

モノやサービスが売れるプロセス

消費者の購買決定にはプロセスがあります。
と言っても、ここで難しく考えすぎず、自分が何か商品を購入する時のことを思い出せばOKです。

 

自分自身も消費者ですから。
ただ日頃は意識していないだけ。実はみんなが、毎日こんなプロセスでモノやサービスを購入しています。

①Attention 商品やサービスへ注目
②Interest 興味・関心を持つ
③Desire 欲しいという欲求
④Motive 商品を購入する動機
⑤Action 商品やサービスの購入

 

これがAIDMAの法則ですね。
④のMotive(動機)はMemory(記憶)と表記されることが多いですが、Motive(動機)の方が分かりやすいと思います。

 

このAIDMAの法則こそが、人が商品を購入するまでの心理プロセスです。
商品が高額になると、④はMemory(記憶)となり、保留したり、比較検討の段階へと移ります。

 

どんな時もこのプロセスです。
コンビニで水を買う時も、車や家を購入する時もです。④に差が出るだけで、この流れのとおりになります。

 

アフィリエイターの役割とは

アフィリエイターは販売者ではありません。
なので最後の⑤については、ハッキリ言って、広告主の商品販売ページの力に掛かっています。

 

アフィリエイターがやることは、AIDMAの法則①~④まで。⑤がグダグダだとモノは売れないので、まずは魅力的な広告を見つけましょう。

 

広告主の選定から

購入するページが分かりにくいとか、項目が入力しづらいような販売ページも、正直わりと多くあります。自分自身が購入意欲をそそられるような、魅力ある広告を選びましょう。

 

購入ページは超重要です。
これなら自分も買ってしまう、というような、魅力的な販売ページの広告主をまずは探しましょう。

 

アフィリエイトで売れる人と売れない人の違い

プロセスを作らずにリンクを貼っている

アフィリエイトで売れない理由は簡単です。
AIDMAの法則①~④の段階を踏まずに、いきなり商品リンクを貼っているんですね。これでは売れません。

 

何度も言いますが、アフィリエイターは販売者ではありません。そもそも、商品を販売しようとしてはいけないんです。

 

役割を明確に

まず役割を明確にしましょう。
やるべきことは①~④です。いかに注意を引いて、必要性や理由を明確にし、動機付けをするか。そこまでです。

 

購入させようとすると売れません。
力を入れるのは、①~④までのステップです。

 

売れない人ほどアフィリリンクだらけ。
文章の流れや脈絡もできていないのに、唐突にリンクを踏ませようとするから、売れないんです。

 

悩み中の人
ぐぬぬ・・これは耳が痛い。
とにかくクリックして欲しいから、確かにアフィリリンクを貼りまくっている・・。
脱社畜ブロガーひろ
実は逆で、リンクは少なく、そっと置くくらいでOK。そこまでの流れやプロセスに全力投球しなきゃダメです。

 

AIDMAの法則①~④までをしっかり作る。
売れる人は必ず、セールスまでの「プロセス」に注力しています。これが最大の違いですね。

 

売るのではなく「誘導」する

アフィリエイトの本質は「誘導」です。
①~④までのステップに力を入れる、これを言語化すると「誘導する」ということになります。

 

売るのではなくあくまで「誘導」
いかに誘導できるか、ここが勝負の分かれ目です。

 

ここにスキルの差が出ます。
いかに誘導できるかは、やはり人によって大きくさが分かれる所ですね。

 

なぜなら基本的に「文章」だから。
イメージ画像も大事ですが、基本的にアフィリエイトは、その人のライティングスキルが成果を大きく左右します。

 

ブログもホームページも、メルマガもすべて「文章」です。
モノやサービスが売れるライティングスキルを身につけましょう。

 

売れる記事に必要なライティングスキルとは?

売らずに売る?セールスライティングスキルとは

セールスライティングは面白いです。
何が面白いのかというと、それが「売らずに売る技術」だから。矛盾しているように聞こえますが、事実です。

 

まず前提として、多くのアフィリエイターは、基本的に自分の商品を持っていませんよね。他人の商品を「紹介」する人ですね。

 

ここが重要です。
自社商品のセールス手法と、他人の商品を紹介するセールスでは、販売までの導き方が異なるからです。

 

販売までの導き方

自分の商品を販売する人なら、営業マンのような営業トークが効果的でしょう。でも、他人の商品を紹介するアフィリエイトでは、ゴリゴリな売り方では売れにくいです。

 

いわゆる営業トークとは違うんですよね。
現実世界でモノ売る時は、保険とか不動産なんか特に、あからさまなスタイルで成立するじゃないですか。

 

でもネット上で、特にアフィリエイトだと、あからさまなアフィリリンクのページは読まれにくいんです。

 

なぜなら、そのページや記事に「価値」がないから。
その商品のことを知りたければ、販売元のサイトを直接見に行けばいいだけですからね。

 

悩み中の人
確かにそうかも・・。
でもどうやって、価値のあるページを作ればいいの?「売らずに売る」の意味が分からないんだけど。
脱社畜ブロガーひろ
じゃあ分かりやすく、ブログ記事での例を出しますね。ポイントは、売らずに置いてくる、です。

 

アフィリリンクは「置いてくる」

これはブログの例が分かりやすいと思います。
自社商品がある人は別ですよ、有料noteとか、オンラインサロンとか。じゃなくてアフィリリンク紹介の場合です。

 

アフィリエイトで成果が出ているブログでは、あからさまな商品紹介とか、あからさまな販売誘導って、ほぼないです。

 

ブログは特に、売れる記事に特徴があります。
それは下記のような形であることが多いです。

売れやすい記事の例

  1. 体験談+商品リンク
  2. 体験談+経験値+商品リンク
  3. 体験談+客観的事実+経験値+商品リンク

 

重要なのは、商品リンクの「前」です。
商品リンクの前に、どれだけ価値のあるコンテンツ(記事)を書くことができるか。ここにかかっています。

 

商品リンクは本当に少しだけ。
そっと置いてくる。そっと忍ばせる。それくらいの感覚です。

 

商品リンクの前段階に、どれだけ価値のある記事を書けるか。これがいわゆる、ブログのセールスライティングスキルってやつですね。

 

訴求のフレームワーク(文章の型)を増やそう

AIDMAの法則はまさに「型」です。
記事の型、ライティングの型ですね。色んな型があるので、スキルを伸ばすためにも、記事の型を増やしましょう。

 

その型が「訴求のフレームワーク」
ちょっと呼び方が小難しいので、「文章の型」と考えてもらえばOKです。

 

【PREP法】
Point(結論)
Reason (理由)
Example(具体例)
Point(再度結論)

【BEAFの法則】
Benefit(得られるメリット)
Evidence(論拠)
Advantage(競合優位性)
Feature(さまざまな特徴)

 

記事を書く時に、こんな「文章の型」を意識して書いてみましょう。闇雲に商品リンクを貼っていた時に比べて、記事の質がガラリと変わりますよ。

 

文章の型は自分の武器です。
武器を増やして、記事の価値を高めて高めて、最後にさりげなく商品リンク。これでOKです。

 

これで売れます。
アフィリエイトは誘導する、訴求する、正解へ導く。そんなイメージで記事を書いて、スキルを伸ばしていきましょう!

-アフィリエイト

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ