Webデザイン・SEO ブログ

WordPress人気有料テーマを徹底比較ランキング!最強のテーマとは

悩み中の人
wordpressのテーマって結局どれを使えばいいの?たくさんありすぎて、どれがいいのか分からない・・。

こんなお悩みを解決します。
様々な人気有料テーマを実際に使い倒してきた僕が、各メリットや特徴はもちろん、やってしまいがちな失敗例などをテーマごとに解説します。

本記事の内容

  • 各テーマの特徴
  • 各テーマ毎の問題点
  • 陥りがちな失敗例
  • 収益化しやすいテーマとは?

有料テーマを検討している時点で、サイトデザインはもちろん、SEOへもこだわりがある人だということは間違いないと思います。だからこそ、テーマ選びで失敗したくないですよね。

僕自身、これまでに様々な有料テーマを導入してきましたし、失敗もしてきました。最短だと、3日しか使わなかったものもあります・・。

脱社畜ブロガーひろ
ワードプレスのテーマは後から変更すると大変です。僕のように過去の200記事をリライトするような修行をしたくなければ、初めから間違いないものを選んでくださいね。

テーマ独自のタグとかあるので、それの書換えだけでも手間はかかりますからね。
ということで、そんな失敗例も含めて、各テーマごとのメリットや優位性について解説していきますね。

ワードプレス有料テーマお勧めランキング

有料テーマ
総合比較ランキング
価格と
コスパの良さ
デザイン性の高さ カスタマイズ性 SEO
の強さ
初心者
向け度

公式ページを見る

moodmood
14,800円


公式ページを見る

moodmood
11,000円


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfiedsentiment_very_dissatisfied
24,800円


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfied
11,000円
+3,980円*


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfiedsentiment_very_dissatisfied
14,800円

*SANGOは追加で+3,980円(上位版は+4,980円)の子テーマ導入が推奨で、SANGOユーザーはみなさんほぼ導入済みです。

各テーマを1つずつ解説します

こちらの表にある各5テーマですが、どれも超人気の有料テーマですね。誰もが最初の導入時に検討し、悩む対象となっているほどの有名なテーマです。

SANGOやJINも有名なテーマだけに、順位が下位になっていることに驚く人もいるかもしれません。その理由もこれから下記詳細で説明します。

これだけ見れば全て分かります

  • 1位 アフィンガー
  • 2位 ストーク(スワロー、アルバトロス含む)
  • 3位 賢威
  • 4位 SANGO
  • 5位 JIN

僕の順位はこちらですが、ネット上でもほとんどこちらのテーマで人気が分かれていますよね。なので有料ワードプレステーマで迷っているなら、この記事を読むだけで、ほぼ全ての特徴やメリットが分かるようになります。

WordPress有料テーマそれぞれの特徴

最強のテーマAFFINGER(アフィンガー)

結論から言ってしまうと、AFFINGER 一択なんです。
これはストークも賢威もSANGOもJINもすべて使ってきた僕だからこそ、ハッキリ断言できることです。

SEOに強いのはもちろんですが、中でも僕が最も素晴らしいと感じ、特に高評価である理由が「カスタマイズ性の高さと自由度」という点です。

SANGOやJINもカスタマイズ性はあります。ただし本当に自分好みのデザインにするには、中級クラスくらいのCSSの知識と経験が必要になるため、玄人好みという感じですね。

SANGOやJINみたいなテーマは、深くやり込めばやり込むほど、確かに勉強にはなります。ただしその分、まるで「迷いの森」に入るかのように、カスタマイズに莫大な時間を費やす覚悟が必要です。

AFFINGERなら一瞬で解決してくれる

  • 行間の調整
  • フォントのサイズ
  • ↑それをスマホとPCそれぞれで調整できる
  • サイト幅(記事幅)の調整

例えば上記のような細かい調整も、AFFINGERならデフォルトで調整可なので、一瞬で解決できます。

↑簡単ですよね。素晴らしいです。
ところが普通の有料テーマであれば、例えば下記のようなCSSを自己責任で書き加えていかないといけません。

 追加CSS例
@media (min-width: 1180px) {
.single .d-5of7 {
width: 730px; 
}
.single .d-2of7 {
width: 28%;
}
 
.entry-content > p {
line-height: 1.7;
margin: 0 0 2.8em;
}

↑意味分からないですよね(苦笑)
やっていくと分かるようになりますが、やる必要もないかなって感じです。AFFINGERならこんなことしなくても大丈夫です。

設定が細かすぎるという指摘について

アフィンガーは設定が細かすぎて大変!という指摘もありますが、長い目で見れば間違いなく大幅な時短になります。CSSを勉強しつつ試していく方が、ものすごい時間と労力を使うので、肝心の記事更新に当てる時間が無くなるんです。

有料テーマを検討している時点で、サイトデザインにこだわりたい人ということには間違いないはずです。

であれば使っていく中で、確実にもっともっと自分好みにデザインを変えたくなるんです。その時に必ずぶつかる壁がCSS(ウェブページのスタイルを指定するための言語)というやつなんですよ。

ほぼCSSを触らなくていいアフィンガー

設定が細かくて大変なのではありません。CSSを触らずに、デフォルトで誰でも簡単に細かな設定ができるというのが、アフィンガーの超絶メリットです。

高い収益力は間違いなくNo1

ブログで最も重要なのは「記事を書く」ことですからね。
僕も数々の有料テーマを使ってきましたが、ここまで記事更新だけに集中できるテーマは、アフィンガーが初めてです。

だからこそかもしれませんが、アフィンガーを使っている人は、とにかく収益化に成功している人が多いという特徴があります。稼いでいる人が多いんです。

カスタマイズ範囲が広いからこそ、余計なことをせず記事更新に集中できる。これがアフィンガーの本質です。初心者でも上級者であっても、最も自信を持ってお勧めできるテーマです!

詳細はコチラから

STORKは高性能かつシンプル

僕が最初に使った有料テーマ
それがブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」の有料テーマである、こちらの「ストーク」でした。

OPENCAGEと言えば、他にも「スワロー」や「アルバトロス」とかも有名ですね。どれも「シンプルかつ高性能」という点では、本質的には大差ないと思います。

カスタマイズを考えない初心者向け

  • シンプルかつ高性能
  • サイト速度が軽くて速い
  • カスタマイズ性は低い

OPENCAGEの有料テーマはとにかくシンプル
だからサイト自体が軽くて、サイト表示速度が最も早いテーマの1つとなっています。

軽くてサクサク使いやすい

SEO対策の指標として、サイトが軽くて読込速度が速いというのは非常に重要です。検索エンジンであるGoogleから好まれやすくなるのはもちろん、PageSpeed Insightsでも良い点数が出やすいです。

サイト立上げ時間も最短

細かな設定が少ない分、最初のインストールから1時間もあればシンプルなサイトを公開することができます。

カスタマイズを気にせず、STORKやスワローのデフォルトのサイトデザインが好きだな、という方にはお勧めです。

*ただし自分がレベルアップしてWordPressの扱いに慣れてくると、物足りなさを感じることが出てくるかも。その点ではやはりアフィンガーに軍配が上がります。

デモサイトをよく見てみよう

OPENCAGE社のデザイン性が好きかどうか、デモサイトをよく見て判断してみて下さい。後から色々変更したくなりそうなら、CSSを触って調整してくということをお忘れなく。

デモサイトを見てみて、これなら何も変えずそのままでOKというくらい気に入れば、OPENCAGE社のテーマが向いているかもですね。

デモサイトを見てみる

10年以上売れ続けている賢威

第3位は「賢威」です。
現在バージョン8まで出ていますが、販売開始されたのはもう10年以上前になります。

ずっと賢威だけ使い続けている人もいるくらいで、実績も知名度も最高クラスの超ロングセラー商品です。

SEOの歴史を支え続けているテンプレート

元々はネットショップ向けのホームページテンプレートとして始まったのが賢威です。会社のHPやネットショップで多数使用されていて、本格的なプロっぽいサイトを作れるのが特徴です。

僕がサイト作成用で賢威を購入したのはもう5年程前ですが、以降もずっと無償でバージョンアップを続けており、時代の変化に合わせて常に進化していますね

積み上げられ続けている強み

  • 賢威フォーラム
  • 賢威カスタマイズ専用サイト
  • ノウハウの蓄積

発売からもう10年以上経っているので、とにかく事例の蓄積は他の比じゃないです。「賢威 カスタマイズ」とかでググってみればすぐ分かりますが、事例を紹介する個人サイトも数限りなく多いです。

アフィリエイトを学びたい人へ

購入者限定のサポートフォーラム(質問と回答例)も過去スレッドの数がハンパなく多く、自分が質問したいと思った事は、ほぼ過去に誰かが同様の質問をして回答例が出ているような状態ですね。

優秀なアフィリエイターが多い

賢威ユーザーの特徴としては、とにかく研究熱心な人が多いということ。どちらかというと男性ユーザーが多く、追求型の人やアフィリエイターが多い印象ですね。価格も高く、本格派という感じです。

賢威ユーザーは古参の人が多くて、最近のブロガー界隈の人はほぼいなって感じですね。HTMLの知識も最低限は必要になるため、ユーザーはほぼ旧来のアフィリエイターで占められている気がします。

実績や情報の蓄積がスゴいのは間違いないので、ブログに限らずアフィリエイトやSEOを本格的に取り組みたい人にお勧めです。

詳細はコチラから

SANGOは柔らかく優しいデザイン

次はSANGOですね。
SANGOはとても柔らかくて優しいデザインのテーマです。開発者のサルワカさんのWebデザイン知識もすごくて、僕もかなり勉強させてもらいました。

女性にも人気のテーマ

テーマ自体がすごく柔らかい印象で、女性ユーザーも多いですね。デザインを好きになる人も多いはずです。

サルワカさんの知識がすごい

サルワカさんの「サルワカのWebデザイン入門」ではかなりの知識を学べます。Webデザインを学びたい人には参考になるはず。HTMLとCSSの基本が詰まっています。

ただ逆に言うと・・
「サルワカのWebデザイン入門」で紹介されていることの多くも理解していかないと、SANGOを自由に使いこなすのは難しいですよ。

子テーマ「POLIPU」導入必須

それもあってか、SANGOのカスタマイズをある程度やってくれている、有料の子テーマ「POLIPU」をみなさん使っています。僕も追加で購入して使用してみました。

POLIPU上位版で+4,980円ですが、これだとアフィンガーよりも合計金額が高くなります。しかしPOLIPUを導入しても、カスタマイズが完全に終わるわけではないです。

POLIPUを導入すれば、確かにある程度のカスタマイズは不要になるかもです。でもそれでも、まだまだ自分で修正や設定することがたくさんあります。

想像の5倍以上は深くやり込まないと難しい

SANGO自体は確かに素晴らしいテーマです。しかしCSSの知識や経験値など、思うとおりにしようとすればするほど莫大な時間を費やすことになります。

シンプルに見えるけど難しい

SANGOを好きなように使いこなしたいのであれば、HTMLとCSSを使いこなせないとほぼ無理ゲーです。初心者であれば子テーマ「POLIPU」を導入しても、まだまだ先は長いですよ。

ブログはそもそも、肝心の記事更新をするだけでも、相当な時間がかかりますからね。HTMLとCSSを本気で学ぶ覚悟があって、「SANGO沼」とか「サンゴ礁」と呼ばれる超ヘビーユーザーと同じくらい、どっぷりハマれる人ならお勧めできると思います。

詳細はコチラから

JINは素晴らしいテーマだけど・・

さて最後はJINですね。
JINは僕が最も時間を費やしたテーマであり、個人的には最も苦労したテーマでもあります。勉強させてもらいました。

実は使う人を選ぶテーマ

有料テーマ導入から全く何もしない超初心者か、逆に自分でバリバリカスタマイズできる超玄人か。JINは意外にも使う人を選ぶテーマになっていますね。

  • WordPress超初心者
  • バリバリできる上級者(ひつじさん本人)
  • あまり収益性を求めない人
  • 最強のアフィンガーをまだ知らない人

こんな人に向いてますね。
JINは初心者が導入しやすいテーマかもしれませんが、上級者になれなければ、伸び悩む人が多いです。

超絶初心者と上級者の二極化

まずJINのユーザーですが、超絶初心者と上級者の二極化となっています。というか、JINユーザーのほぼ8割以上が初心者さんという印象ですね。

JINにしてよかった~と言っている人の多くは、カスタマイズを何もせず、ブログやアフィリエイト初心者の女性に多いです。圧倒的に初心者が多いので、ネット上に情報も少ないです。

JINのテンプレートを使うと女性向けのオシャレな感じにすぐなるので、それ以上追求しようとする人がほぼゼロ状態に。深くカスタマイズしている人は極めて少なく、初心者のまま更新が止まっている人が多いです。

ネット上に解決策や情報が少ない

なのでネット上には、JINユーザーによる問題解決情報が蓄積していません。初心者さんが多くて、ぶっちゃけJINで大きく稼いでいる人はごくごく稀ですよ。

解決策はサルワカさんのサイトで

JINで分からなくなったことを検索しても、ネット上には使い込んでいるユーザーの情報が少なく、結局サルワカさんのサイトに行き着きます。これがJINあるあるです。

サルワカのWebデザイン入門」のどこかのページにたどり着きます。僕自身、サイトのカスタマイズやJINでの問題解決方法は、ほとんどサルワカさんのサイトから学びました。

そしてSANGOへ乗り換えて挫折する。
僕も一時期そうでしたが、このパターンに陥る人が多いんですよね。

悩み中の人
ブログで稼ぐことに集中したいな・・。
CSSとか勉強もしていきたいけど、有料テーマ買って少しでもブログ収入が作れないと、続かない気がする。
脱社畜ブロガーひろ
まさにその通りで、続かないです。
ブログは記事更新に集中しないと、余計に絶望しますからね。

ブログは記事更新と収益アップに集中すべし

ということで、総合的に見て「記事更新と収益アップ」に集中できる、最強の有料テーマランキングがこちらになりました。

有料テーマ
総合比較ランキング
価格と
コスパの良さ
デザイン性の高さ カスタマイズ性 SEO
の強さ
初心者
向け度

公式ページを見る

moodmood
14,800円


公式ページを見る

moodmood
11,000円


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfiedsentiment_very_dissatisfied
24,800円


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfied
11,000円
+3,980円*


公式ページを見る

sentiment_very_dissatisfiedsentiment_very_dissatisfied
14,800円

*SANGOは追加で+3,980円(上位版は+4,980円)の子テーマ導入が推奨で、SANGOユーザーはみなさんほぼ導入済みです。

有料テーマを選ぶ最終基準

  • いかにコスパが良いか
  • 低リスクかつ「時短」になるか
  • 記事更新と収益アップに集中できるか

 「コスパ」「時短」「収益アップ」この3つの最重要基準で考えた時に、やはりこのブログでも導入しているとおり、第1位はやはりAFFINGER(アフィンガー)が最もお勧めですね。

後からのリライトも大変ですよ。 どうせなら買って後悔なく、間違いないテーマを選んでくださいね!

-Webデザイン・SEO, ブログ

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ