仕事と働き方

定時退社は気まずい?会社も社員もメリットしかないので、迷わず帰ろう

 

悩み中の人
定時退社するの気まずいな・・。本当なら帰っていい時間なんだけど、このモヤモヤ何だろう?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 定時退社が気まずいわけない理由
  • まだ気まずく感じる人でも、すぐ帰る方法
  • これからの働き方と生き残り方

定時で帰りたいのに、社内の空気的にそれがなかなかできない・・。ひと昔前なら、こんなこともよくありましたね。

しかし今の時代、企業も残業代削減の世の中です。定時退社で仕事を切り上げられないような会社は、もはやオワコン化まっしぐらですよ。

脱社畜ブロガーひろ
もはや今の時代、定時退社で悩んでいる場合じゃありません。世の中は、短時間労働&生産性最大化の時代です。 

定時退社で脱社畜しました

この記事の筆者である僕ですが、社畜時代からガラリと働き方を変え、定時退社することで脱社畜しました。即帰宅して自分のために時間を使わないと、負のループからは抜け出せません。

とは言うものの、うちの会社はまだ、空気的にそんな雰囲気じゃないんだよな・・。という人もいるかもしれませんね。

社内の空気として、まだ定時退社は気まずいような雰囲気にあっても、それでも定時退社はできます。もちろん僕はしていました。周囲に気を使わずに帰宅するための、コツとポイントも解説しますね。

役員や経営者でもない限り、定時退社なんて、いち従業員ならマストですよ。旧来からの考え方と、これからの行動を変えましょう。

今の時代、定時退社が気まずいわけない理由

定時退社で黒字、残業は赤字

ぶっちゃけ今の時代、定時退社は当たり前。
なぜなら今の日本社会は、生産年齢人口が少ない構造のため、以前のような長時間労働で利益を生むことができないからです。

長時間労働では利益が生まれず、社員が残業すればするほど赤字。それなのに早く帰らせないような会社は、本気で近いうちに潰れます。

時間=成果 に直結しない

できるだけ長時間働き、早く安く大量に作ることで勝てたのはもう過去の話。それは人口が増え続けていた「人口ボーナス期」の時代だけです。時間が成果に直結しないのに会社にいても、赤字が増えるだけ。

今は早く帰った方が、会社も喜びます。
もはや今の会社に、残業代を出すほどの余裕と体力もありません。

働き方改革が定時退社に与える影響

2019年4月から始まった働き方改革。
これにより時間外労働が規制され、有給休暇の取得や、割増賃金率の引き上げなど、企業へ多大な影響が出ています。

企業が受けた最大の影響は、簡単に言うと「以前のように、従業員にムチャな働き方をさせにくくなった」ということです。

企業が今後やらないといけない事

  • サービス残業はさせられない
  • 社員1人当たりの生産性向上
  • 有給休暇を漏れなく取得させる
  • 正確な勤怠管理と労務管理
  • 経費削減、コストカット経営

このあたりですね。
以前は法律がちゃんと整ってなかったので、サービス残業など、いくらでも無理をさせられたんですよ。でももう、今はそれができない。

サビ残もさせれない、有休も取得させないといけない、コンプラも守らないといけない。こんな状態で、残業代だけ払う余裕などあるはずありません。むしろ、早く帰ってもらいたいくらいです。

定時退社は、コスト削減。
逆にこれで気まずいとかなら、会社はもう、衰退に向かっているかもですよ。

悩み中の人
なるほど、確かにそうだ・・。
確かにそうだけど、現場ではまだ、実際に気まずい空気がまだあるんだよね。
脱社畜ブロガーひろ
そこで解決策です。今度はこの時代を活かし「人出不足」を逆手に取ると、働き方をコントロールしやすくなりますよ。

 

まだ気まずく感じる人でも、サクッと定時退社する方法

辞めると困る人になれば、定時で帰りやすい

まずは社内でのポジション取りからです。
そもそもですが、会社内において、自分自身の価値はきちんと確立できているでしょうか。まずここが重要です。

もし自分が、いつでも交換可能な人材であれば、会社に対して弱腰に働くことしかできません。これだと、労使関係はものすごく不利です。

自分が有利な状態で働く

「主導権」を握って働かないと、上司や会社の言いなりになりやすいです。他がいない、いないと困る、最低でもこんな状態でいたいですね。自分の意見や考えが、明らかに通りやすくなります。

会社業務なんて、仕組み化されてますからね。
1~2年も仕事してたら、たいていの事はできるようになります。まずは会社に対して、弱腰に働くことがないようにしておきましょう。

人出不足は定時退社の後押しになる

基本的に今はどこも人出不足です。
日本は生産年齢人口(15~64才)が少ないので、人出不足になるのも当たり前。これでさらに価値が上がりやすくなります。

優秀な人材確保が難しい今、ある程度のポジションで働いておけば、代わりの人材が探しにくい状態まではすぐに持っていけます。働き手に有利な流れです。

利害関係で強い立場へ

会社と社員も結局は利害関係のつながりなので、自分が強い立場に立っておきましょう。時間内にサクッと仕事は片付けて、有無を言わさず定時で帰る。気まずさなど感じることもなくなります。

悩み中の人
人手不足だから仕事量が多く、すぐ帰れない状態が続く、という可能性もあるよ。働き手にはむしろ不利なのでは?
脱社畜ブロガーひろ
それって、人事権もない一般社員の責任じゃないですよね。経営者や管理職の責任で、マネジメントが悪いんですよ。

ここで「働き方改革」を思い出して下さい。
企業はコンプライアンスを守り、サビ残もさせることなく、コストを抑えて経営しないと生き残れなくなりました。

会社として無理な(違法な)残業はNGだし、かと言ってコストアップもできない。そうなると自然に、社員が時間内に終わるような労働分配や、マネジメントをせざる得なくなってきます。

当然、人材流失も会社としてリスクです。
そうなれば解決策として、やはり「交換しにくい人材」になっておけば、会社では有利に働けますよね。

自分の価値さえ上げておけば、時代の流れ的にも、定時退社は楽勝です。

定時退社には、もはやメリットしかない

定時退社を毛嫌う世代は、消えていく

定時退社を毛嫌う世代っていますよね。
それってほんとんどの場合で、サラリーマンとしての働き方や年収が、残業代頼りだった世代の人達です。

しかし事実として、残業代に頼りきっていた世代は、会社の大きな負担となっています。会社はもう、面倒を見きれません。

淘汰される働かないオジさん

日本を代表する企業が、次々と「早期退職者募集」を始めています。対象者は主に45歳以上の社員、またはシニア社員です。残業代どころか、基本給だけ高く働かない人達は、会社はもう雇えなくなっているんです。

定時退社を毛嫌う世代は、切られます。
これまでは気まずかったかもですが、今はむしろどんどん定時退社しましょう。

定時退社の絶対的メリット

定時退社の絶対的メリットは「時間」です。
残業して終電ギリギリに帰ってた生活に比べると、圧倒的に自分の時間を確保できます。自分の時間ができたら、勝負の始まりです。

今は「週休3日」や「副業容認」の流れがどんどん加速しています。早く帰った後、自宅でどう過ごすか、ここで今後の人生が左右すると言っても過言じゃありません。

定時で帰った後にやった方がいい事

  • 副業を始める
  • ブログやYouTubeを始める
  • ビジネス書を読みまくる
  • プログラミングを勉強する
  • 動画編集スキルを磨く

こんなところですね。
今後も伸び続ける市場は、間違いなく「IT系」です。

ITスキルを伸ばすことに注力すれば、今後の未来が明るくなることは間違いないでしょう。

定時退社の後はスキルアップを

定時で帰った後、家でダラダラはまずいです。
せっかく自分の時間が作れたので、趣味でも勉強でも、何かしら有意義な時間を過ごすことをお勧めします。

これまでの時代から最も変化したこと、それは「人と会社の関わり方」です。お互いの関りが減り、自由度が上がります。

お互いの依存度が減る働き方へ

会社も以前のように社員を拘束しなくなるし、社員も以前のように会社頼りにできなくなる。互いの依存度が減るので、定時退社が気まずいどころか、それが当たり前になってきます。

多少でも、自分で稼げる人は強いですね。
月に数万円でも、個人スキルで得られれば、それはとても大きな財産になります。

とにかくスキルアップです。
定時退社の最大のメリットを、最大限に活かしましょう。

スキルアップは誰でもできます

-仕事と働き方

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ