仕事と働き方

終身雇用が崩壊した今、とことん不真面目に生きていく人が幸せになれます。

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では日本の古い雇用制度に合わせた賢い働き方についてまとめました。転換期が訪れています。

終身雇用制度が崩壊の兆しを見せています。
そもそも学生時代の頃から終身雇用してもらおうとは思っていなかったので、自分の力に投資してきてやっぱり正解でした。

しかし、経済界からここまでハッキリ明言されるようになってきたのは大きな変化だと思います。
何となく空気としてはありましたが、これまでの常識がガラガラと崩れる音がだんだん明確に聞こえるようになってきましたね。「働き方改革」は自分で自分の中に起こした方がよさそうですよ。

そもそも日本のスタンダードが正しくない

個人が埋没する仕組み

そもそも論ですが、日本の雇用制度って世界から見ればすごく変です。すごく苦しい事を頑張ろうとする悪習のようなもので、日本の会社は世界でも珍しい独自の雇用制度になっています。

新卒一括採用、年功序列の賃金制度、拒否できない転勤、定年制などなど、当たり前になっている「日本の会社で頑張る仕組み」は既にオワコンです。

まさに個人が埋没する仕組みですね。
終身雇用制度が崩壊するのも当然のことで、逆にこんな苦しい仕組みがよく今まで続いてたなと驚きです。

戦時中に作られた年功序列の給与

年功序列の賃金制度の起源は、第二次世界大戦中に日本政府が推進した「生活給」と呼ばれる制度にあります。

ポイント

会社の給料は労働者とその家族の生活を保障するものでないといけない、というのが生活給の起源です。これが年功序列型の給与体系の元です。つまり、日本の会社の給与形態は戦時中から変わっていないということ。

第二次世界大戦は1940年くらいですよね。
80年くらい経ってますが、その間にどれだけ世の中が変わったことか。この仕組みのおかげで若い世代はどれだけ働いても給料が上がりません。

早く気づいた人だけが勝つ

若いからたくさん働いて当然、若いからまだ給料が少なくて当然、こういった古い考え方の世代はまだ多いです。だけど、正直言って、若い世代は徐々に気づき始めていると思います。

だってこれまで会社に忠誠を尽くしてきて頑張ってきたそんな世代の人達が、終身雇用制度崩壊のあおりをモロに食らっているわけですから。

これまで必死で会社に忠誠を尽くしてきたはずの世代が、終身雇用制度崩壊により早期退職を迫られるという理不尽な世の中になってきました。やはりこれから先は、不真面目に賢く生きていかなければいけません。

会社で頑張ることが報われる時代ならまだよかったですが、リターンが無いことが表面化してしまっています。

会社に忠誠を尽くす時代の終わり

忠誠を尽くしてきた世代の特徴

若いから給料が少なくて当然とか、そんな古い考え方をしている世代の方達にはある特徴があります。それは「少なからずとも会社にいい思いをさせてもらった経験がある」人達です。

バブル時代にボーナスをたくさんもらったとか、経費をたくさん使えたとか、会社から良い思いをさせてもらった経験が「忠誠」につながっています。

だけど・・今の世代はどうでしょうか?

外車を乗り回せるほどボーナスが多いわけでもないし、頑張っても給料は上がらず、転勤したとしても終身雇用は確保されていません。

年収1,000万円でも不自由

正直言って、転勤に耐えられる日本のサラリーマンのメンタルは一体どうなっているのかと不思議に思うことがあります。僕にはどう考えても信じられません。

会社の言う通り転勤ばかりで仮に年収1,000万円でも、家族有の場合なら税引き後の可処分所得(実質使える手取り額)は680万円ほど。これが単身赴任なら、さらに余計なお金が掛かります。

苦しいリターン率ですよね。
転勤までして頑張ってきた世代が早期退職を迫られているわけですから、やってられないはずです。

頑張る場所を変える時が来た

どれだけ会社で頑張っても年功序列で給料は上がらず、転勤や単身赴任までしても終身雇用は確保されていないとなると・・。

ポイント

今や会社で頑張ること自体がオワコンになりつつあります。定時でさっさと帰って自宅で副業を頑張るか、転職して自己の技能を高めるか、自分のために力を注ぐべきです。

生産性の無い会議や飲み会に参加すると、それだけで人生をすり減らすことになるでしょう。

働き方、生き方を変える節目の時代

辛い努力の時代は終わり

これからの時代を生きるのに必要な考え方は、「辛い努力」を無理して頑張るではなく、「適切な場所」で集中して努力することです。適切な場所でなければさっさと自宅に帰るか、さっさと転職しましょう。

英語では社会に出て初めて就く仕事を「First Job」と言って、そもそも最初から転職が前提とされています。我慢し続けているのは日本人だけ。

ゴールドマン・サックスに就職した若者でも平均して2.4年で転職するので、合わなければ彼らはどんどん辞めていきます。

フリーランス人口逆転の日は近い

そもそもアメリカでは終身雇用が前提とされておらず、平均勤続年数は約4.5年。多くの人が社会経験を重ねるにつれて、自然とフリーランスとして生きていくための技能と専門性を高めていきます。

転職回数が多い事をネガティブに捉えられえるのは日本だけ。イギリス、アメリカでは4年に1度は転職し、専門職に就きながら技能を高めジョブホッピングを繰り返します。

海外では生涯の転職回数が10回前後。
日本の雇用制度が異常なだけで、そもそも不真面目に生きている僕らからすれば、終身雇用崩壊も驚きではありません。

脱・日本独自の頑張る仕組み

総括すると「日本独自の頑張る仕組み」を真面目に頑張り続けても、幸せにはなりにくいということですね。

ポイント

フリーランス、キャリアビルダー、起業家、投資家、トレーダー、経営者、ユーチューバー、ゲーム実況者、ブロガー、アフィリエイターなど、年収上限の無い世界で尽力しましょう。

日本の会社の給料は「利益分け前方式」ではなく「必要経費方式」になっているので、会社業務を死ぬほど頑張って成果を出しても給料は上がりません。

個人の成果は会社に蓄積されて最終的に株価に反映されます。つまりオーナーが喜ぶ。

辛い努力を続けることは個人のためにならないので、会社員は副業で毎日自分の資産を積み上げる行動をするべきなのです。

まとめ

動画を上げる、ブログを更新する、HPを作る、トレードをする、投資技術を磨くなど「個人で稼ぐ」行動を毎日やりましょう。会社の仕事は不真面目にサッと切り上げると幸せが近づいてきます。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST