【ユルめホワイト業界6選】ホワイト業界の特徴と働いてはいけない業界の特徴

悩み中の人
ホワイト企業で働きたい!でも具体的にどうやって探せばいんだろう。ブラックな業界や会社では働きたくないな・・。

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • ホワイト業界の特徴とその理由
  • 本気でシンドいブラック業界とは
  • 今狙うべきニッチなホワイト業界

ホワイト企業や業界って一体どこ・・?
今回はそんな疑問にお答えしていきます。ホワイト企業や業界には特徴があって、ホワイトな理由が明確に存在します。

会社も大事ですが「業界」はもっと重要です。転職や就職する業界で、ある程度は人生の方向性が決まると言っても過言じゃないです。

働くなら、当然ホワイトがいいですよね。
であれば業界の傾向については、絶対に知っておいた方がいいです。

業界によって雲泥の差が出る

ちょっと極端かもですが。
でも左右の画像の2つくらい、業界によってはこれくらい人生に差が出るかも。僕はずっと右でしたけどね・・。

ホワイト業界の特徴や条件って、いったい何なのか?
逆に避けるべきブラック業界の特徴とは?

ここを解説していきます。
ホワイトにはホワイたる理由が、ブラックにはブラックたる理由と特徴があるんです。

もくじ

ホワイト業界の特徴とホワイトが生まれる理由

ユルめのホワイト業界とは?

では結論からいきましょう。
ずばり、お勧めのホワイトな業界は以下の6つです

お勧めのホワイト業界6選

  • 化学系業界
  • 海運業界
  • インフラ業界
  • 石油石炭業界
  • 国営、元国営業界私立大学業界
  • 私立大学業界

このあたりですね。
残業時間が少なく、有給休暇も使えて、絵に描いたようなホワイト企業が、明らかに他の業界よりも多いです。

特徴① 参入障壁が圧倒的に高い

ホワイト業界は競合他社が生まれにくい。
これがまず大きな特徴です。他の会社がこれから新規参入しようと思っても、かなりハードルが高い業界です。

化学も海運もインフラ(鉄道や電力など)も、そして石油石炭や大学など、明らかに今さらベンチャーが対抗できないですよね。

さらに超大規模な工場やとてつもなく大きな設備投資が必要で、しかも国の認可や法律が厳しいとかなどの「規制」が厳しいんですね。

参入障壁が高く競合他社も出てこないので、何もしなくても会社は安心安泰。つまり自動的にそこで働く人達も、「負担が少なくいわりに良い待遇を受けられる」ということになりますね。

競合が少ないっていいですね。
必然的に、そこで働く人もメリットを受けれらます。

特徴② BtoB か BtoG の商売

一般的にBtoB企業はホワイトが多いです。
消費者に直接商品を売るBtoC企業(飲食や小売りなど)が、ブラックになりがちなのは何となく分かりますよね。

BtoB(対法人)やBtoG(対行政)企業は、BtoC企業に比べてやはり競争率が圧倒的に低く、安定した優良企業が多いです。

他社との競争率はポイントですね。
競争のしわ寄せは、従業員にそのまま来ますからね。

メモ

世の中を変えてやる!みたいな、大きな野望や起業意欲のある人はあまり気にしなくていいかも。安定志向の人なら、ホワイト選びはまず業界をしぼると、わりと見つけやすくなるでしょう。

特徴③ 強者のビジネスモデル

こういった業界は寡占状態です。
つまり少数の企業が、生産や販売市場を支配してる状態ですね。

参入障壁が高く、価格競争に巻き込まれない。ホワイト業界の特徴として、やはり強者のビジネスモデルの条件をしっかり満たしています。

例えばガス、電力、エネルギー、通信など。競合は誰も参入できず、しかも供給側が価格決定権を持っていて、まさに儲け放題なビジネスモデルです。

まさに強者の戦略。
事実として、この世は強者に乗っかるか、ベンチャーで対抗するかの2択です。

できれば避けたいブラック傾向の強い業界

本気でシンドい業界とは?

では次に、避けておいた方がいい業界です。
これまで述べてきたホワイト業界の逆の特徴で、競合他社が多く、BtoC企業は本当にシンドいです。

結論から行きましょう。
ずばり、避けたておいた方がいい業界は以下の6つです。

避けておいた方がいい業界6選

  • 小売業界
  • 飲食業界
  • 宿泊業界
  • 保育、介護業界
  • 不動産業界(営業系)
  • ブライダル業界

細かく出せばまだあるでしょうが。
代表的な業界にしぼると、このあたりだと思います。これらの業界には、共通した明確な特徴があります。

競合の多いBtoCビジネスモデル

上記の業界は常にブラックになりがち。
それもそのはず、なぜなら「人の労働力」を使わなと、会社に儲けが出ないから。

ブラック業界が儲からない理由

  • 参入障壁が低く競争が激しい
  • 業界自体が衰退系傾向にある
  • 個人を相手にしたBtoC企業である
  • 人の労働力でしか利益が出ない
  • ブラックがゆえに常に人出不足

という感じです。
まさにホワイトと真逆、強者のビジネスモデルと真逆の特徴ですね。

ホワイトは、人のスキルや知識や最先端技術、もしくは会社の資産を使って利益を出します。常に動き続けないといけない業界は、シンドいです。

大手だけじゃない今狙い目のニッチなホワイト企業とは

グローバル二ッチトップ企業とは?

大手ホワイトは確かに魅力的。
でもその分、そこに入るための競争は当然ですが激しくなりますよね。だってみんなそんな所で働きたいわですから。

先ほどは「この世はホワイト強者かベンチャーの2択」だと言いましたが、スイマセン。実はまだ打つ手はあります。

大手ホワイト企業は人気があって、競争倍率がめちゃ激しいです。転職できなければ無意味なので、二ッチなホワイト企業を狙うのがお勧めです。

中でも、今注目されている企業があります。
それが「グローバル二ッチトップ企業」です。

グローバル二ッチトップ企業の特徴

  • 隠れた優良企業
  • 二ッチ分野で世界トップシェア
  • 世界シェアと利益の両立
  • 技術の独自性と自立性がある
  • 自性の高い製品・サービス開発

これは経済産業省により選定されています。
2020年度は優良な企業113社が、グローバルニッチトップ企業として選ばれました。企業名も公表されています。

経済産業省HP
グローバルニッチトップ企業100選

地味ホワイト企業を狙おう

ホワイトは超有名企業だけではありません。
グローバル二ッチ企業のような、ニッチな市場で活躍している、隠れた優良企業は実はたくさんあります。

大手ホワイトや有名企業は競争も激しいです。「無名なシェアトップ企業」とか「地味ホワイト企業」あたりが実は1番の狙い目です。

有名企業に注目しがちですけどね。
無名なシェアトップ企業とかも、独自技術で参入障壁が高いためお勧めです。

知名度がない分、激しい競争を戦う必要がないのは大きいですね。ただ無名とは言え、参入障壁が高いというホワイトの条件は満たしている会社です。利益率も高いので、地味ホワイトなら適度にユルく働けるでしょう。

知名度だけじゃないってことですね。
二ッチ系や地味めのホワイト企業は、僕も本当にお勧めの業界です。

仕事は働く環境が全て

ここでもう一度、最初の図に戻りましょう。
仕事は、働く環境が全てですから。

ちょっと極端かもと言いましたが、業界によっては極端でも何でもなくて、現実にあり得ることです。環境によって、これくらの差は本当にあります。

環境で人生は大きく変わる

大手や有名企業だけでなくても、隠れた優良企業はたくさんあります。ホワイトな業界の特徴を満たしている会社は、やっぱり会社に余裕がありますよ。

会社のビジネスモデルが重要ですね。
ホワイト業界の特徴を満たす会社を見極めて、できるだけ余計な消耗は避けて働きましょう。

ホワイトに強い転職エージェント

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

もくじ
閉じる