ビジネスコラム

友達がいない「コミュ障ぼっち社会人」は成功に近い成功者予備軍

hiro
hiro
ブラック企業から脱社畜したhiro(ヒロ)です。この記事では成功者予備軍の条件についてまとめました。コミュ障ぼっち社会人はむしろ成功者の特徴です!

毎日家と会社の往復ばかりで、充実したプライベートが全くない・・。休日に遊ぶ友達もいないし、昔の友達にも全く会うことがない。

同窓会にも誘われることもない。働き出してから、同級生の結婚式にまだ1回も行ったことない。

もしあなたが今こんな「ぼっち社会人」であったとしても、何も嘆く必要はありません。友達が多ければいいってことはないし、むしろそのままで大丈夫です。

特に社会に出てからこんな特徴が自分に当てはまるようになったという人は、将来成功する確率が非常に高い ”成功者予備軍” だからです。

成功者は圧倒的に友達が少ない

成功者は孤独である

運がいいことに学生の頃から経営者に会う機会が多く、社会に出てからも経営者と接する事が多かったんですが、ベンチャー企業経営者やお金持ちの人達にはある特徴がありました。

成功者の特徴

それは・・圧倒的に友達が少ないということ。ぶっちゃけ、友達付き合いなどほぼ皆無に近いですね。孤独な人ほど成功しているという特徴があります。

もちろん、仕事上の付き合いや接待や会食などには頻繁に出ていることもあります。でもそれはあくまで「仕事」であり、遊びで行っているわけではありません。

同窓会も結婚式も行かない

逆に社会人になってもまだ昔の友人達と会っている人、毎月のように同級生や同窓会に行って飲んでいる人、しょっちゅう友人の結婚式に行っている人。

一見、多くの友人達に囲まれて充実した社会人生活を送ってそうですが、これは成功者と真逆の特徴ですね。

成功者の多くは日頃同級生に会うことなどまずないし、同窓会などまず行きません。仕事関係の人の結婚式には行くけど、友達が結婚したどうかなんて知る由もないような人です。

それくらい、毎日を仕事や自分のやりたい事に没頭してます。友達と会いたいとか、同窓会とか結婚式とか、そんなことに一生懸命になっている時間などありません。

自分の世界を大事にする

もしあなたの周りで「夜1人で飯を食うのが寂しいから誰か一緒に晩飯付き合える人いない?」なんて会社で言ってる人がいたら、その人は将来成功することは絶対にないなと思って間違いないです。

ポイント

ぼっちでもコミュ障でも、一人の時間や自分の世界を大事にできるような、ちょっとひねくれた奴の方が確実に頭角を現しやすいです。むしろオタクの方が有利な時代ですよね。

一見リア充っぽい人でも、ただのいい人じゃ全然意味ないです。いい人って成功者の真逆の特徴なので。

同級生・同僚と飲む酒ほど無意味な時間はない

無意味な時間は過ごさない

会社の社長とかクライアントがいて「場慣れ」するために参加する会食ってあると思うんですけど、そういった食事会ならどんどん行きましょう。

社会人になってすごい人達や成功している人達を見て「自分もそういう風になりたい!」と思ったら、働きながら学ばないといけません。

成功したいなら、自分よりすごい人、レベルの高い人と接するべき。そんな思考になると、同級生や同僚と飲む酒ほど無意味な時間はないことに自然と気づくはずです。

お金と時間を無駄にするだけの行事には、できるだけ参加したくなくなってくる。必要なのは同僚達との時間ではないことが分かるようになります。

自分1人の時間に成長する

僕自身もブラック企業時代には自分の時間はなかなか取れなかったので、働きながら自分1人の時間がとても貴重でした。

とにかく毎日仕事に膨大な時間を費やしているため時間が全然足りなくて、アフィリエイトやSEOとかWordPressを勉強するにも寝る時間を削るしかなかった。

ポイント

社畜から抜け出すことだけを考えて、自分1人の時間に集中して一気に成長を遂げることができました。会社の飲み会なども一切行かなかったですね。

同級生・同僚と過ごす時間に意味はない、自然とこんな状態になるはずです。会社の飲み会とか、嫌なら行く必要ないですよ。

会社の嫌いな飲み会に行かない方法と参加しない方がいい理由【上手に断る】嫌な会社の飲み会、これほど非生産的な時間はありません。本当は行きたくないけど空気的に断れなかったり、上手く断る理由がなかなか見つけられないという人は多いと思います。「断り下手」は、会社組織だと特に損しやすくなります。行きたくない飲み会は、周囲を不快にさせない断り例を使ってサラッと帰りましょう。...

上位数パーセントの人は異端児

ぼっちで一匹オオカミな人間

上位数パーセントの人達が、友達とワイワイやってきて成功したんでしょうか。100人いたら他の95人から、10,000人いたら残りの9,500人から妬まれ、嫌われ、野次られ、批判されながらやってきてるはずです。

上位数パーセントの人は異端児で、孤独でコミュ障(もしくは人に興味がない)でぼっちで一匹オオカミな人間。孤独なことに動じず1人の時間を好きなように楽しめる人間です。

国税庁の平成28年度「民間給与実態統計調査」によると、年収1000万以上の人数は合算で208万2千人となり、給与所得者全体の約4.2%しかいません。

事業所得者を含めたとしても5~6%がいいところでしょう。多くの人と同じことをやってきているはずがありませんよね。

今まさに成長中!

社会人で毎日忙しくて、さらに友達が減ってぼっち社会人になってしまったという人。今まさに成長している証拠で、成功に近づいている証拠なのでぜひそのまま突っ走りましょう。

ポイント

友達ゼロ、休日予定無しでも全く問題なし。自分の趣味や得意分野を1人で伸ばしましょう。もし会社の仕事が嫌いなら、自分の好きなことをとことん伸ばすべきです。

ちょっと変わった人の方が成功しているということは歴史が証明していますよね。でも何かにのめりこんだりしていると、本当に自然とそうなってくるんですよ。

やりたいことをやる人と嫌いな仕事にしがみつく人との差【変な我慢は不要 】日本の多くの会社では「悪い我慢こそ正義」みたいな風潮が強いです。社会に出たら嫌いな仕事からも逃げず、辛い努力を乗り越えないと、やりたいことはできないと思っている人も多いです。ところがそれは大きな間違いで、やりたいことをやるのは今すぐでいいし、嫌いな仕事にしがみつく必要も全くありません。...

ぼっち社会人はできるだけ「恋活」すべき

友達は要らなくても・・

僕自身もサラリーマン時代には全く友達がいませんでしたが、同級生や友達と交流がなくても全く気にしなかったし、何も困ることはなかったですね。

ただし、女性にはやっぱり興味がありました。他人に興味は無くても異性に対する興味や欲求はあるので彼女は欲しいじゃないですか。

正直、女性がいれば友達なんていなくても全然問題なくなります。

孤独でぼっちで変わり者でも、彼女や恋人を作ることは全然できます。陰キャでゲーム好きで友達ゼロの僕もそこだけは努力するようにしていますし、頑張れば良い結果も出ます。

リア充度とモテ度は全く関係しないことは、陰キャの僕でも実証済みです。

「英雄色を好む」はずるい

英雄は何事にも精力旺盛のため女色を好む傾向も強いと、古くから言われている言葉があります。成功者もこれに当てはまるところがあって、確かにモテる人が多いですね。

正直、成功者がさらにモテるのはさすがにずるい。僕のように年中家に引きこもっている陰キャでも、モテたいに決まってます。

ポイント

最近はアニメ好きやオタク気質の女性・男性が増えてきているので、陽キャだけがモテる時代ではなくなってきました。ひと昔前はそうでもなかったですが、最近はいい時代ですよね。

ぼっち社会人は、なんとか恋活だけは頑張りましょう。これで上手くいけば、心がかなり救われます。

オタクがモテる方法

僕らのような陰キャは、リア充がやっているような合コンやパーティ的なことはまず向いていません。あんなの行っても、冷や汗かいてしんどいだけですから。

アニメ好き、ゲーマー、陰キャ、ぼっち社会人がモテるために大事なことは、戦う場所を間違えないことです。陽キャが強い場所で頑張っても、正直成果は出にくいです。

パソコンとかネットが大好きな僕らに、最も向いている場所で勝負しましょう。

恋人を探したい人は

友達以上恋人未満な関係を楽しみたい、本気の恋人を作りたいという人はマッチングアプリが最もお勧めです。僕もかなり使ってますし、合コンなんかよりも全然こっちの方が成功率高いです。


詳細はコチラから
↓↓
結婚・恋愛マッチングサービス
いいね婚「マリッシュ」/R18

結婚相手を探したい人は

将来に向けてしっかりした婚活を始めてみようという人は【ヲタ婚】がお勧めです。オタク男女専門で共通の趣味を持った人だけが登録しているので、これこそまさにぼっち社会人向きですね。


詳細はコチラから
↓↓
初期費用0円から始められるヲタク(オタク)専門婚活サービスは【ヲタ婚】

成功者や経営者は友達もいないし、同窓会も結婚式も行かないような人ばかり。リア充ではなく異端児として成功しています。ぼっち社会人は希望を捨てず、何とか恋活だけは頑張りましょう。

社会人が幸福度を増す方法は「貯金」と「恋活」の2つだと断言します。社会人が幸福度を増す絶対的法則は「貯金」と「恋活」の2つです。新社会人のうちから貯金と恋活を一生懸命やっておくと、その後の人生がいい意味でかなり楽になっていきます。逆に貯金ゼロ、異性との交流もゼロだと人は人生に絶望を感じやすくなってしまいますので、せめてどちらかは頑張っておきましょう。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST