ビジネスコラム

我慢が人生を狂わす!成長できない環境はさっさと切り捨てよう

hiro
hiro
ブラック企業から脱社畜したhiro(ヒロ)です。この記事では成長できない環境から距離を置くことについてまとめました。バカの空間にいると自分まで毒されます

元ブラック社畜のhiroです。
環境はその人の人生に大きく影響します。例えばブラック企業みたいな所でいくら頑張っても、成長せず消耗するだけ。

自分が上手くいってないことを周りのせいにするな!環境は関係ない!言い訳するな!自分次第だ!などなど、どこかで聞いたことがあるようなこんなフレーズ。

学校、部活、職場、どこかでこんな感じのフレーズを耳にしたら、そろそろそこから離れる準備をしましょう。もはやそこで得る事はきっと何もないでしょう。

あなたがそこに与えることはたくさんあるかもしれません。その環境はあなたを必要としているかもしれませんが、あなたはもう別の環境を求めているはずです。

自己犠牲が仕事?冗談でしょう

物足りなくなる瞬間がくる

自分自身が目線高く上を目指していると、今いる環境が物足りなくなったり、そこから得られるものがだんだん無くなってくることに気づいてくるはず。もっと多くのことを吸収したいのに、もっと勉強したいのに・・

ポイント

成長欲求が満たされない事のジレンマやもどかしさ。心がそう感じ始めたら、自分を別の環境に移してあげなさいというお知らせです。今いるべき場所はここではない、というアラートが鳴り始めている証拠です。

競い合える仲間や同僚、尊敬できる上司、凄腕社長、多くの刺激と競争で日々自分が生き生きと頑張れる環境なら言うことはないでしょう。

耳を貸す必要はない

「その中で頑張って努力したやつが成長して成功していくんだよ!」そう唱える上司も(実際にいました)いるでしょう。

けどその人達って決まってみんな上手くいっていません。だって自己犠牲を頑張ってるだけだから。「仕事はしんどいもの」を押し付けてくる。

自己犠牲が仕事って、冗談でしょ・・。吐き気がします。しかし多くの会社では、成長どころか求められるのは自己犠牲です。

やりたいことをやる人と嫌いな仕事にしがみつく人との差【変な我慢は不要 】日本の多くの会社では「悪い我慢こそ正義」みたいな風潮が強いです。社会に出たら嫌いな仕事からも逃げず、辛い努力を乗り越えないと、やりたいことはできないと思っている人も多いです。ところがそれは大きな間違いで、やりたいことをやるのは今すぐでいいし、嫌いな仕事にしがみつく必要も全くありません。...

成長できる環境へ飛び移れ!

環境を自分が追い越してしまう

今いる環境を自分が追い越してしまうというのはよくある話で、そうなるともうそこでは疲弊するしかなくなってきます。

環境や会社はそこにとどまってほしいから、必死で辞めるの止めてこようとしますけどね。

ポイント

自分より圧倒的に仕事ができる人、どうしても勝てない人、どう考えても追いつけそうにない人、そんな尊敬できる人達が身近にいる環境に自分を積極的に移してあげる。重要なのはそこで吸収できるだけ吸収しまくって、盗めるだけ盗みまくること。

「部下や自分よりできない人をマネジメントしていくのも大事な仕事だぞ」と、マネジメントができてない上司ほどそんなことを言います。そういった台詞はマネジメントのプロから聞きたいもんです。

環境はどんどん変えていい

引きとめるのは結局は嫉妬です。
そねみですね。自由にやってる人が羨ましいだけ。

「ここで何も得るものがないな」という目線を持てるということは、その雰囲気・空気感に飲み込まれてない証拠です。今まで尊敬できてた人がそうじゃなくなってしまったら、そこから離れればいい。

もし飲み込まれてしまったら、しんどい働き方をしている人達と一緒に、しんどく仕事をこなさなければなくなってしまうでしょう。

仕事を辞めるベストタイミングは、自分が辞めたい時です【準備だけしておく】大企業からブラック企業まで様々な職場を経験し、転職を繰り替えしましたが、仕事を辞めるタイミングはいつも「自分が辞めたくなった時」でした。正直、辞めるタイミングで悩む必要って全くないです。会社や上司から「忖度」することを求められ、それに応じることがどれだけマイナスなことか。迷わずサクッと動きましょう。...

「バカの空間」からは積極的に遠ざかる

ドリームキラーが必ずいる

他人と過去は変えられないという有名な言葉にあるように、どうやっても他人は変えられるものじゃありません。

だから一緒にいて士気が下がる人間、運気が下がりそうな人間からは積極的に遠ざかる必要があります。

自分の大切な人生、バカに邪魔されてるほどヒマじゃないです。

ポイント

「みんなが頑張ってるのにお前だけ逃げるのか!」「今辞めても絶対にお前のためにならないぞ!」そんなところからはどんどん逃げましょう。本当に自分の事を想ってくれる人なら、自分のやりたい事を応援してくれますから。

足を引っ張ってくる奴の方が多いし、分からない人には一生分からない。バカにしてくるやつはずっとバカにしてくる。そんな環境にいては成功できるはずがないです。

自分にしか責任は取れない

自分のやりたいこと、自分の人生に誰も責任は取ってくれません。成長できない環境はさっさと切り捨てること、そして日頃から「バカの空間」から積極的に遠ざかるのはとても大事なことです。

僕は少しでもドリームキラーの匂いを感じれば、その人、その空間、その環境からは距離を置くようにしています。それが例え友人であっても、自分の夢・挑戦をバカにする奴なら縁を切った方がいい。

逆にこの人は凄い!と思ったら、その人からはとことん学ぶ。そんなことしてたらいつの間にか勝手に色んなことができるようになってきました。

自分の歩みを止めようとするドリームキラーは必ずいます。意外と「つながる」ことよりも「距離を置く」ことの方が大事です。

上のステージに行こうとする自分に対する嫉妬でしかないので、何も吸収できない環境からはすぐに撤退しましょう!

ドリームキラーを引き離せ!友人、親、上司と戦い自分自身に打ち勝つには「趣味を仕事にするのはやめておけ」「もう一度よく検討した方がいい」「そんなに甘いわけがない」何か行動を起こそうとする時に限ってブレーキをかけようとする人がいます。それが善意であろうが悪意であろうが、夢や目標をストップしようとする行為には変わりありません。そんなドリームキラーと呼ばれる人達の特徴と対処法をご紹介します。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST