最高のWordPressパーマリンク設定はこれ!カテゴリとスラッグの超重要な最初の設定

ドメインを取得してサーバーを借りてWordPressもインストールできた。さぁ早速記事を書いていこうと意気込む気持ちも大事ですが・・ちょっと待った!WordPressをインストールしたらまずやらないといけない設定がいくつかあります。

WordPressをインストールしたらまず入れておくべきプラグインとその設定についてはネットでも色んな記事で見かけますが、このパーマリンクについての最適解を解説しているサイトは少ないですね。

断言します・・。WordPressにおいては何よりもまずこのパーマリンクについての理解と設定を1番最初にやらなけれなりません。これを後から知ってしまうと「えぇ!?これ絶対最初にやっておかないといけないやつじゃん!」って必ずなります。

サイトのURL構造が重要だとGoogle先生が言っている

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

Search Console ヘルプより引用

サイト運営者が最も大事にしないといけないアクセスは何でしょうか?どこからのアクセスでしょうか? そうですね、「検索エンジンからの自然流入」が最も重要視しなければならない貴重なアクセスです。

SNSでバズったとかは一時的なものですから。健全なサイト運営には長期的に安定した検索エンジンからのアクセスが必要です。その検索エンジンの王様であるGoogle先生が、サイトのシンプルなURL構造が重要だと言っているんです。

 

・・ということはつまり、ここをないがしろにすることほど愚かなことはないということです。Googleにサイトや記事のURLを認識してもらって初めてアクセスに結び付くわけですから、この設定がいかに重要かということですね。

パーマリンク設定は必ず1番最初にやるべき設定!

まずパーマリンクというのは簡単に言ってしまえば記事のURLのことです。記事のURLとは自分が時間と労力をかけて必死に書いた記事の”住所” です。

permanentというのは「永久的な」ということですから、permalink には『半永久的なURL』という意味があります。1度設定したパーマリンクで「記事を公開」するということは、基本的に(変更も可能ではあるが)その後は2度と変更しないと考えます。

アクセスアップしたいとか記事をたくさんの人に読んでもらいたいと思っているのに、この記事のURLにこだわらないというのは僕の感覚で言えば有り得ないことです。

 

「設定」からパーマリンク設定にいくと、そこにはこう記載されてあります。

『WordPress ではパーマリンクやアーカイブにカスタム URL 構造を使うことができます。URL をカスタマイズすることで、リンクの美しさや使いやすさ、そして前方互換性を改善できます。利用できるタグはたくさんありますが、以下にいくつか試していただける例を用意しました。』

URLにはカテゴリを含める?含めない?

さぁ、パーマリンク設定の画面、ここで何を選んでどう設定するか・・。WordPressの最適なパーマリンク設定において意見が2分されるのは、カテゴリを含めるか含めないのか、ということですね。

僕の結論から言うと、実はカテゴリは含めないが方が正解だと思っています。シンプルに投稿名だけ、が最もいいと感じています。もっと正確に言うと、カテゴリ分けはしてもいい、というかカテゴリには分けるけど、記事のURLにはカテゴリを含めないということです。

 

①https://トップレベルドメイン/投稿名

②https://トップレベルドメイン/カテゴリー名/投稿名

 

これで言うとURLが①の状態ですね。ネット上では、カスタム構造を選択することで、この②のカテゴリー名+投稿名が1番いい設定だよ!って言っている人が結構いるんですけど、後々を考えると実はこれでは弊害が生じる場合があります。

もし、②で設定していた場合、その記事のカテゴリを変えたくなって別のカテゴリに移すとその記事のURLそのものが変わったことになり、今まで検索エンジンに上位表示されていたその記事が突然姿を消すことになるんです。

 

だってURLが変わったんだから、そうなりますよね。カテゴリがURLに入っている②の構造では、カテゴリを入れ替えるとURLが変わるわけですから、安易にカテゴリの変更ができなくなっちゃうんです。

permalink は『半永久的なURL』だったはずです。URLにカテゴリが含まれているのにカテゴリを変更すると、サイトインデックスされるところからやり直しです。もう一度GoogleがURLを再認識するまでじっと待つしかありません。

正解は https://トップレベルドメイン/投稿名

↓↓

パーマリンク設定の画面で「投稿名」を選んでおくと、記事の新規作成をした時に上の画像のようにpost-0000のような形で表示されます、そこで編集を押して直接入力することで、その記事のURLを決定するというのが最もいいやり方です。

記事のURLは任意で自分の好きなように決められますが、記事と関連性があって短く分かりやすいものにしましょう。その記事と関連性がある、というのがポイントです。この記事ならパーマリンクの記事なので、そのままpermalink にしています。

 

URLを①https://トップレベルドメイン/投稿名 の形にしていれば、カテゴリを入れ替えてもURLそのものが変わることはありません。こうすることで記事の整理をしたり保管場所を入れ替えるようなことを後々にしたとしても、URLそのものが変わってしまうというリスクを避けることができます。

URLを①https://トップレベルドメイン/投稿名 の形にしておいて、カテゴリは自由に作って設定して下さい。トップページにカテゴリが表示されていますが、ここで記事が分類分けされているので訪問者もサイトを閲覧しやすくなります。

カテゴリを作成する際は必ずスラッグを半角英数字に!

カテゴリを作成する際は必ずスラッグを半角英数字にする!! はい、これはもう呪文のように唱えて忘れないようにして下さい。これが超重要なんですよ。URLというのはGoogle先生が読み込みやすいようにしておかなければいけませんので。

 

カテゴリーの編集からカテゴリを新規作成したら、この「スラッグ」というところに注目して下さい。ここが最初作った時は日本語になっているはずです。ここの上の名前というのが表示名、スラッグはカテゴリ用のURLになるところです。

スラッグが日本語のままだと、アルファベットと日本語が混ざったあべこべなURLになってしまいます。これだとGoogle先生が読み込みにくいんです。必半角英数字にしてGoogle先生が認識しやすいURLに変えておきましょう。

*ここでいうURLとは、記事を分類分けしているURL(トップページに表示されているカテゴリをクリックした時のURL)のこと。

ユーザー目線でパーマリンク設定をしよう

WordPressでブログ運営をしている人でもパーマリンク設定をやっていない(デフォルトのまま)人も結構います。パーマリンクって結局URLの設定をどうするかなので、そのサイトのURLを見たらすぐに分かります。

記事のURLにはカテゴリを含めないで、カテゴリ分けだけはしているサイト運営者を見ると、あぁこの人さすがバッチリやってるなぁと思いますが、逆にデフォルトのままだともったいない!ってなっちゃいます。

以前僕が作った別のサイトでは、まだこの設定を知らずに記事を書いてしまっていました。過去記事を全て設定し直し、デフォルトからURLを一から変えて痛みに耐えて再度インデックスされるの待ったら、その後アクセスがドンと増えたことがあります。

その時はそれだけサイトのURL構造は大事だというのを実感・勉強することができました。ただし、SEOに絶対はありませんし、何が絶対に正しいというのもありません。

 

ユーザー目線、検索エンジン向け、自己管理のしやすさを追求すると、やはりサイトURLは短くて分かりやすいのが簡潔でいいと思います。せっかく時間と労力をかけて作ったサイトのURLなので、最良のパーマリンク設定をしておきましょう!