HP作成・SEO

サイトのSSL化 https://~でサイトが高評価?Googleが推奨するHTTPS ページとは

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではSSL化の重要性についてまとめました。まだサイトをSSL化していない人は早急に対応させましょう!

今やサイトをSSL化しておくことは重要なSEO対策の一つであり、サイト強化でもありサイト運営者にとっては必須の設定となってきました。ここはサクッとクリアしておきたいところです。

当サイトのように、URLが「http」ではなく「https」から始まるサイトがSSLサイトです。要はサイトを「https」にしてしまえばいいのです。

SSL(Secure Sockets Layer)のことをストレートに言うと「インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコルのこと」になります。保護された通信となっている所がポイントです。

つまりhttpsサイトは暗号化された通信になっているのでセキュリティ強化されいるサイトであり、ユーザーにとって信頼性や安心感の高いサイトであるためGoogleも評価を高くするというわけです。

常時SSL化のメリット

セキュリティ強化、サイトの信頼性安全性の向上

これは通信とかプロトコルとか僕らの目には見えていないところの話なので、httpsにしたからと言って「サイトが安全に通信されてる!」という実感はありませんが、SSL化したらそうなるんだと思っておけばOKです。

HTTP/2対応ブラウザで表示速度が早くなる

IE、Safari、Firefox、Chromeなど主要ブラウザの最新バージョンはHTTP/2(Google独自のプロトコルSPDYをベースとしたHTTPプロトコルの最新版)に対応済みなので、ほとんどのブラウザで表示速度が速くなるというメリットがあります。

SEOに有利になる

完全にhttpsの方が圧倒的に有利!ってわけではありませんが、でもちょっとだけ有利に働くことは確かです。Googleが公式にそう発表しているので、httpsサイトは検索順位で優遇される傾向になります。

参考:HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります(Googleウェブマスター向け公式ブログ)

HTTPサイトというだけで警告表示が

Chromeは確実にチェックする

じゃあ普通のhttpサイトはどうなるのかって言うと、今後はあからさまにハブられることになっていきます。これは正真正銘本当の話で、httpサイトというだけでブラウザに警告が表示されるようになっていくんです。

「Google Chrome」というブラウザは既にたくさんの人が使っていると思いますが、ブラウザは常に更新され続けます。今後、Google ChromeではHTTPS暗号化を導入していないサイトはあからさまに「Not secure(保護されていません)」と表示されます。

https化に対するGoogleの本気

Chromeセキュリティチームの製品マネージャーを務めるEmily Schechter氏が、Google Security Blog でHTTPS暗号化導入を強く支持すると訴えています。Googleは本気で全てのサイトをhttps化しようという考えなのでしょう。

Chrome 68 (2018年7月) 全てのhttps未対応サイトにて、[保護されていません]とアドレスバー左端に表示
Chrome 69 (2018年9月) https接続であることが標準扱いになり、[保護された通信]と[https]の表示なしに
Chrome 70 (2018年10月) 全てのhttps未対応サイトにて、[保護されていません]とアドレスバー左端に表示+赤色の文字色で強調されて表示

SSL化はもはや必須!ポイントはサーバー選び

SSL化は最低限レベルに

サイトのSSL化はもはや必須、まだ導入していないサイトはGoogleからのけ者にされるくらいの勢いです。httpサイトは標準ではないとなると、これは今すぐ対応しておかなければならない問題です。

*本来の意図はサイトの安全性の向上のためでユーザーのための施策です。

https接続であることが標準扱いになるのであれば、じゃあどうやって自分のサイトをSSL化すればいいのでしょうか?

ポイント

SSL化は自分が借りているレンタルサーバーでの設定になります。まずそもそもレンタルサーバー側がSSLに対応しているかどうか、そして対応していたとしても設定が簡単にできるかどうかも重要です。

SSL標準対応のサーバー

SSL化の設定に神対応しているのがHTTP/2対応されている日本初の高機能レンタルサーバmixhostです。SSLには標準対応しているので、料金も通常の月額サーバーレンタル料金に含まれています。

*mixhostであれば追加料金もなしでSSL設定について自分で何もする必要がありません。まさに神です。

新規ドメインであればサーバーに追加して24時間以内に勝手にSSL化されるので初心者の方には特におすすめです。取得したドメインをサーバーに追加して、あとは自動的に反映されるのを待っておけばいいだけです。

勝手にSSL化されるのは非常にありがたいですよ。何もしなくていんですから。今後のGoogleの流れを考えて、SSL化には必ず対応しておきましょう。

mixhost
mixhostの無料お試しはコチラから

まとめ

SSL化を標準対応していて、設定が簡単なレンタルサーバーを使いましょう。余計なお金や時間を使う所ではありません。SSL化ができていればサイトの信頼性はもちろんSEO対策にも大きく関わってきます。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST