ビジネスコラム 学校では教えてくれないこと

働けば働くほど貧しくなる!?成功のポイントは「働かないこと」

悩み中の人
はぁ・・。毎日働いても働いても、全然楽にならない。このループはいつまで続くんだろう?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 相対収入と絶対収入の違い
  • 自分の時間と他人の時間
  • これから作るべき収入源

はたらけどはたらけど猶わが生活樂にならざり
1910年に、
石川啄木が詠んだ有名な短歌ですね。

100年経った現代でも、これと全く同じ事象が起こっています。僕自身のブラック企業時代も、昇給無し、ボーナス無しの地獄状態でした。

脱社畜ブロガーひろ
いくら時間を費やしても豊かになれない。そんな「どん底」の状態から、どうやって抜け出していったかを解説します。

脱社畜に成功しました

この記事の筆者である僕ですが、以前は毎月100時間以上残業するようなバリバリの社畜でした。働き方を変えないと、豊かにはなれない。社畜時代に身をもって体験し、そして抜け出しました。

当時の僕はまさに貧乏ヒマなし。
お金が無いだけでなく、時間も無い。

稼げないことに「時間や労力」をいくら費やしても、何も残らない。社畜時代から変えたのは「頑張るフィールド」です。

いくら時間を費やしても豊かになれないどん底の状態から、どうやって抜け出していったかを解説します。

今、誰の時間で忙しい?

その時間は誰のもの?

今、現代人はとにかく忙しいですよね。
景気は良くないのに、業務は増え続けて、いつまでも終わらない仕事。やらなければいけない事が、山ほどあります。

僕も完全にそう思っていました。
でも、冷静に考えてみて下さい。

世の中の多くの人は、会社で働いています。
会社に属するということは、自分のではなく、他人の時間に縛られるということです。

「他人の時間」で忙しくしてしまっています。忙しくて不幸だと感じてしまう大きな元凶の一つが、会社という仕組みです。

僕は社畜時代に残業をしまくって、そして全て分かりました。ここでどれだけ時間を費やしても、会社に属するという働き方では、自由になることも豊かになることもできないのです。

「相対収入」と「絶対収入」の違い

絶対収入に惑わされてはいけない

例えば「会社員で年収1,000万円のAさん」
と聞いたら、すごく優秀な人だと感じますよね。

Aさんが、優秀な人には間違いないです。
でも実は、圧倒的に不自由人(他人の時間に縛られている人)である、という意外な事実も隠れています。

年収1,000万円でも、不自由な収入

会社員で年収1,000万円でも、激務すぎれば本末転倒です。仕事にゴルフや接待で、ほとんどの時間を会社に費やさなければなりません。年収が高くても、実際は不自由な生活を送ることに。

会社が給料を1,000万円も払うんです。
創業者やビジネスオーナーのために、どれだけ自分の時間を捧げないといけないか。だいたい想像がつきますよね。

働くほどに下がる「相対収入」

では逆に、年収300万円の人がいたとします。
個人事業主で、働く時間は、1日1時間だけのBさん。

年収300万円でも、仕事は1日1時間だけなら、Bさんの方が圧倒的に優秀です。収入があっても、そこに多大な時間を費やすのなら、相対収入はどんどん下がります。

超絶激務の年収1,000万円より、わずかな作業で年収300万円の方が、圧倒的に収入の効率が高いということ。これが相対収入です。

無駄な労働や消耗は、徐々に減らしていこう

他人の時間に縛られる会社員

会社員の平均年収は400万円くらいですよね。
おそらく優秀な人でも、年収700万円とかでしょう。

超絶ブラック激務に耐えれば、年収1000万円越えとかもあるかもです。だけどストレスも異常にたまるし、健康面から言っても、長続きしませんよ。

奪われる物が多すぎる

会社員という働き方では「他人の時間」を費やすことで忙しく、ストレスも貯まります。頑張って上げた売上も、その利益の大半(超過利潤)は、オーナーの懐に入るようになっています。

無駄な労働を減らすために、まずは「正社員を辞める」ことを僕はお勧めします。会社員は会社の利潤を追求するための一員ですが、正社員には無駄な労働や無駄な時間があまりにも多い。

サービス残業、無意味な飲み会、強制参加の会社行事、とにかく他人の時間で人生が消耗されていく。これが耐えられますか・・?

働いても苦しいなら、正社員と決別を

実は正社員で年収を上げるのは簡単です。
自分の時間(=自分の人生)を捨てて、会社につぎ込めばいい。捨てた分だけ、効率は悪いままに、年収が微増していきます。

やはり最終的に目指さないといけないのは、雇われない生き方を作り上げること。ここにかかっています。そのためには、正社員という働き方はあまりにも効率が悪すぎる。

自分の時間を取り戻せ

ムダな会議やムダな飲み会、他人の時間を過ごすほど、自分の相対収入は下がります。まずは自分の時間を確保すること。そしてその時間で、自分のための収入を確保しなければなりません。

「正社員」は最も時間を消耗します。
働いても苦しいなら、正社員と決別もありですよ。

派遣や契約社員で働きながら最低限の生活費を確保し、空いた時間を全て自分のビジネス構築に費やす。僕はまずはここから始めました。

雇われ以外の収入源を作る

自分の時間と絶対的作業量

派遣や契約で働くと分かりますが、5分単位残業がつくような、本当にホワイトな世界です。サービス残業など有り得ないし、強制参加の会社行事もなければ、ムダな飲み会にも行かなくていい。

とにかく「自分の時間」を確保。
雇われ以外の収入源を作るのに、まずは「作業量」が絶対に必要だからです。

逆転のチャンスはここですよ。
副業収入が育って、会社収入に近づいてきたら、派遣の仕事を減らしてさらに時間を確保します。雇われ以外の収入源を本業に変えていきましょう。

そして自分の仕事さえ減らしていく

最終的には、自分のビジネスですら仕事量を減らしていきます。
最大効果が得られる最小必要量だけ働くようにしましょう。さらなる成功へのポイントは「働かないこと」 です。

投入量(仕事量)を減らしながら成果(収入)を倍にする。ネット副業ならそれが可能です。

正社員でも管理職でも派遣社員でもなく、堅実なキャッシュフローを生み出す収入の仕組みをネット上に創る。それが個人が活躍する時代の絶対的成功法則です。

-ビジネスコラム, 学校では教えてくれないこと

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ