ビジネスコラム

働けば働くほど貧しくなる!成功のポイントは”働かないこと”

1910年に石川啄木が詠んだ有名な短歌があります。100年経った現代社会でもこれと全く同じ事象が起こっていますね。僕自身もブラック企業時代は昇給無し、ボーナス無しの地獄の奴隷状態でした。

はたらけどはたらけど猶わが生活樂にならざりぢつと手を見る

まさに当時の僕です。とにかく仕事や会社の行事等で時間が無い、まさに貧乏暇なし状態でした。いくら時間を費やしても豊かになれないどん底の状態から、どうやって抜け出していったかを解説します。

今、誰の時間で忙しい?

その時間は誰のもの?

今、現代人はとにかく忙しいです。景気が良くない世の中、先行きが見えない不安、終わらない仕事、やらなければいけない事が山ほどあります。僕も完全にそう思っていました。でも、冷静に考えてみて下さい。

世の中の多くの人は「他人の時間」で忙しくしてしまっています。忙しくて不幸だと感じてしまう大きな元凶の一つが、会社という仕組みです。

会社に属することは他人の時間に縛られるということです。

僕はブラック企業で毎月200時間以上残業をしてきました。そして全て分かりました。自分の時間をどれだけ費やしても、会社に属するという働き方では自由になることも豊かになることもできないのです。

相対収入と絶対収入

働くほどに下がる相対収入

いくら管理職や役職に就いていて多少給料が良かったとしても、月に200時間も残業をしているような状態では、当然ですが時給換算をするととてつもなく低くなってしまいます。相対収入は下がるのです。

例えば年収1,000万円のサラリーマンがいたとします。かなり優秀な人ですね。だけど、仕事やゴルフや接待で週に100時間以上費やさなければなりません。これでは全く自由じゃないし、収入の効率はものすごく悪いですよね。

超絶激務の年収1,000万円より、1日1時間の作業で年収300万円の方が圧倒的に収入の効率が高いということ。これが相対収入です。

絶対収入に惑わされない

年収1,000万円!と聞いたら、すごい優秀な人だとかうらやましいとか思ってしまいがちですが、圧倒的に不自由人(他人の時間に縛られている人)の割合が高いという意外な事実があるんです。

会社が一個人に給料を1,000万円も支払うんですよ。擦り切れるほどにこき使われるに決まってるじゃないですか。ビジネスオーナーのためにどれだけ働かされるか、容易に想像がつきますよね。

激務すぎて人間らしい生活ができず、体を壊して働けなくなってしまったという人はものすごく多い。これでは元も子もありません。絶対値に惑わされては本当に自由で豊かな生活はできないということです。

徐々に無駄な労働を減らしていく

正社員との決別

会社に属するという働き方において、そこで真面目に働けば働くほど喜ぶのは誰でしょうか。顧客?取引先?下請け?・・そのどれでもありませんね。そう、1番喜ぶのはビジネスオーナーです。

雇われているという働き方では「他人の時間」を費やすことで忙しく、ストレスも貯まり、利益の大半(超過利潤)はオーナーの懐に入るようになっているんです。

無駄な労働を減らすために、まずは正社員を辞めることを僕はお勧めします。まず僕は正社員と決別することから始めました。会社員は会社の利潤を追求するための一員ですが、正社員には無駄な労働や無駄な時間があまりにも多い。

サービス残業、無意味な飲み会、強制参加の会社行事、とにかく他人の時間で人生が消耗されていく。これが耐えられますか・・?

派遣社員or契約社員

実は正社員で年収を上げるのは簡単です。自分の時間(=自分の人生)を捨てて会社につぎ込めばいいんです。そうすれば自分の時間(=自分の人生)を捨てた分だけ効率悪く年収が微増するでしょう。

やはり最終的に目指さないといけないのは雇われない生き方を作り上げること。ここにかかっています。そのためには正社員という働き方はあまりにも効率が悪すぎます。

「正社員」は最もお金を稼げない職種であり、最も他人の時間で人生を消耗しないといけない働き方です。まず大手人材派遣会社に行きましょう。

派遣や契約社員で働きながら最低限の生活費を確保し、空いた時間を全て自分のビジネス構築に費やす、まずはこれです。

雇われ以外の収入源を作る

自分のために働く

派遣や契約社員で働くと分かりますが、5分単位残業がつくような本当にホワイトな世界です。サービス残業など有り得ないし、強制参加の会社行事もなければ無意味な飲み会にも行かなくていい。

とにかく「自分の時間」を確保することができます。ここで全精力を注ぎましょう。雇われ以外の収入源を作り、好きな事で生きていくためにはまずは作業量が必要です。

ビジネスオーナになるか雇用される側のままか逆転のチャンスはここです。ネット副業の収入が育って雇われの収入に近づいてきたら、派遣の仕事を段々減らしてさらに時間を確保します。雇われ以外の収入源を本業に変えていきましょう。

自分の仕事さえ減らしていく

そして最終的には自分のビジネスですら仕事量を減らしていきます。最大効果が得られる最小必要量だけ働くようにしましょう。さらなる成功へのポイントは”働かないこと” です。

投入量(仕事量)を減らしながら成果(収入)を倍にする。ネット副業ならそれが可能です。

正社員でも管理職でも派遣社員でもなく、堅実なキャッシュフローを生み出す収入の仕組みをネット上に創る。それが個人が活躍する時代の絶対的成功法則です。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST