好きなことで生きていく

本当の「豊かさ」とは何か?変化しつつある豊かさの定義を見つけておこう

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。真の豊かさって何だろう?と考えることが多くなってきた時代だと思います。本当の豊かさを手に入れよう。

元ブラック企業の社畜だったhiroです。
サービス残業200時間越えで働いていましたが、本当に豊かになるために、働き方や生き方を変えました。

その結果、以前よりはかなり豊かになることはできたと思います。「お金と時間の不自由さ」をかなり克服することができたので。

だけどそもそも、豊かさって何なのでしょう。最近特にですが、豊かさの定義が変化し始めているように思います。

豊かな人=幸せな成功者だとは思いますが、最近では、単にお金持ちだったらOKということでもなくなってきました。

ポイント

持っているお金の量や、使えるお金の量で定義されていたのが今までの豊かさです。最近は自分の好きなことをする人が増えてきたので、この定義が変わりつつあります。

自分にとっての豊かな未来、望んでいる人生というのは人それぞれ違うと思います。ただその中でも、ある程度までは定義できる気がしますね。

価値観が変わりつつある世の中ですが、とはいえ、お金も豊かさの指標であることには変わりありませんよね。

ポイントになるのは「お金」「時間」「やりたい事」「好きなこと」「叶えたい事」この辺りになると思います。

この記事では「現代の本当の豊かさの定義」についてと、それを手に入れる方法についてまとめました。

豊かさとは何か?豊かさの本当の意味と定義

本当の豊かさって何だろう

自分にとっての豊かな未来、望んでいる人生というのが、人それぞれに違うのは当たり前ですね。ただその中でも、共通して言えることって絶対にあると思います。お金とか時間とかですよね。

豊かさは決してお金じゃない!っていうのも、ちょっと短絡的というか本質的じゃない気がしていて、個人的にはあまり好きじゃありません。

ポイント

お金も指標の一つであることには変わりないので、単純にお金を否定するだけでは本質が見えてきません。要はそれを得るための方法や、得るために費やす時間が重要です。

例えばですが、1日16時間働いて月に100万円稼ぐAさんもいれば、1日1時間だけ働いて月に20万円稼ぐBさんもいます。

相対収入(Relative Income)と絶対収入(Absolute Income)の考え方ですが、相対的に考えると、明らかにBさんの方が生産性が高いです。

やりたい事や好きなことができているか

1日16時間も働くAさんは、会社で激務をこなす人だと仮定します。月に100万円も稼ぐスーパーサラリーマンではあるけども、ものすごく忙しい人です。

逆にBさんは月に20万円しか稼がないけど、1日のうち1時間だけ仕事をして、あとは自分の自由時間です。

Aさんの方を幸せと思うか、Bさんの方を幸せと思うかは人それぞれの価値観ですね。おそらくひと昔前なら、たくさん稼ぐAさんの方が称賛されがちでした。

ちなみに僕なら間違いなくBさんの人生を選びますね。自由時間が多いので、余った時間でさらにあと20万円くらい稼げばいいだけだから。

最近は特に、会社での激務よりも、やりたい事や好きなことができているかが重視されがち。僕もそれに賛成派です。

本当の豊かさを得るには、最低限のお金は必要

お金からは逃げない方がいい

こういう時にキレイごとを語っても無意味な気がしていて、本当の豊かさを追求するなら、やはりお金も幾分かは必要だと思います。

僕はブラック企業時代に足を骨折して、2回の手術と2ヶ月の入院、そして3ヶ月くらいリハビリをしたことがあります。なかなかのお金がかかりました。

その間は働けないので無給です。大企業ならまだしも、ブラックなので何の保証もありません。医療保険に入っていたので何とかなりましたが、金銭的にはかなり苦しかったです。

お金の量だけに執着する必要はありませんが、最低限の医療や、生活維持のお金はどう考えても必要です。

お金だけに固執しない生き方も重要ですが、とは言いつつも、最低限を「稼ぐ」ということからは逃げない方がいいですね。

本当の豊かさとは、やりたいことをやりたいときにやれる能力

やりたいことを、やりたいときに

豊さの定義の中で、僕がもっともピンときて納得できた言葉があります。それがバシャールという人の言葉です。この定義の中には、もちろんお金も含まれるし時間も含まれます。

「豊かさ」とは、やりたいことを、やりたいときに、やれる能力

という言葉ですね。
自分がやりたいことをやれる時に、というのがまた深いです。でもこれでかなり納得できます。

かなり高度な自由人であること

「やりたいことを、やりたいときに、やれる能力」というのは、実はかなり高度な能力です。本当の意味で自由人ですね。

例えば「今日、夕方から、上海に中華食べに行く?」と誘われて、本当に行けるような人達は、本当に豊かでカッコいいです。

ポイント

かと言って、普段からすごい贅沢しているわけでもありません。普段は意外と質素に暮らしていて、好きな時に好きな事をする。これこそデキる人であり、豊かな人ですよ。

めっちゃ派手な生活や、見せびらかすような豪華な生活って、むしろ最近の豊かさには当てはまらなくなってきました。

時間的や経済的、そして場所的にも制約を受けず、身軽な自由人であることが現代の豊かさのような気がします。

真の億万長者の姿とは?大富豪と呼ばれる人達の多くは「倹約家」だったトマス・J・スタンリー(アメリカの億万長者研究者の第一人者)のような成功者研究家の多くは、実は本当の成功者や大富豪と呼ばれる人達の多くは「倹約家」であり「質素な生活」をしているとの調査結果を発表しています。自分のお金が「生き金」として使えているかどうか億万長者に学んで見直してみましょう。...

自分自身が求める豊かさを決めておこう

ここから先は価値観の違い

それでも自分は絶対収入(Absolute Income)にこだわって、デカい豪邸や派手な成功を求める!という人もいるでしょう。

反対に、年収には全くこだわらなくていいから、とにかく1日中自分の好きなことをしておきたい!という人もいると思います。

ここから先は価値観の違いなので、どれが「正解」というのはありません。自分が求める豊かさは、自分の望みに合わせて定義されます。

お金だけに固執する必要がないというのは明らかです。ただどちらにしても、やりたいこと・ハマれるものがないと、人生は迷走しやすくなるので要注意です。

やりたいことは大金持ち!とか、やりたいことはお金より1日中ゲーム!とか、明確なものが何かあればいいですよね。

やりたいこと=時間を費やしても後悔しないもの

僕がブラック企業を辞めたのは、ここに時間を費やしていると後悔する、と思えてきたからです。時間は別のことに使うべきだと。

1番重要なのは、人生の何に1番時間をかけてもいいかを見つけておくこと。それを見つけておくと、人生の苦悩はずいぶん減ると思います。

ポイント

やりたい事や好きな事が見つからない人は、自分がどこの何に時間を使ったら後悔しないかを基準に考えるといいと思います。今の会社や仕事に時間を費やしてても大丈夫ですか?

と、聞かれたら、ちょとハッとしませんか。
自分自身が求める豊かさって、そういう所から決まってくると思います。

自分の豊かさを知って快適に生きる

僕は「高度な自由人」になりたかったので、まずは会社員を捨てました。望んでいる本当の豊かさを手に入れるには、まだまだ継続努力中です。

やりたいことが明確だと社会で消耗もしにくいし、後悔することもなくなるので、自分の豊かさの定義も決まるはずです。

こんな感じで「自分が求める豊かさ」の基準は決まってくると思います。

自分にとっての豊かさを知っておくと、心が満たされやすくなるので、自然と幸福度高く生きれるようになりますよ。

やりたいことをやる人と嫌いな仕事にしがみつく人との差【変な我慢は不要 】日本の多くの会社では「悪い我慢こそ正義」みたいな風潮が強いです。社会に出たら嫌いな仕事からも逃げず、辛い努力を乗り越えないと、やりたいことはできないと思っている人も多いです。ところがそれは大きな間違いで、やりたいことをやるのは今すぐでいいし、嫌いな仕事にしがみつく必要も全くありません。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら