早く帰りたい・・仕事が辛くて早く帰りたい時の対処法とその心理【言い訳無用で帰ろう】

悩み中の人
仕事が辛くて早く帰りたい・・。
早く帰るにはどうすればいいんだろう?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 早く帰りたい理由と心理
  • 仕事を終えて早く帰る方法
  • 早く帰った後にやるべきこと

元ブラック企業の社畜でした。
数年前、毎日残業地獄の生活を辞めました。
早く帰りたくて帰りたくてたまらなすぎたからです。

脱社畜ブロガーひろ
この記事では、早く帰りたいのに仕事で帰れない時の対処法についてまとめました。

早く帰らないと時間を失うだけ

早く帰りたいのに、すぐに帰れない環境で我慢を続けても、時間を失うだけです。早く家に帰ってやるべきことをやりましょう。

僕は大きな時間を失いました。
その時間はもう帰ってきません。

早く帰りたいのは「サイン」が出ている証拠。
今いるべき環境は、もう違うのかもしれませんよ。

この辺りを本記事で解説します。
早く帰れない原因と、効果的な対策をお伝えします。

もくじ

早く帰りたいのに帰れない理由とは?

明らかにおかしい仕事量

まずはこれですね。
そもそも会社が未熟であるがゆえに、社員が疲弊している会社は多いです。経営がポンコツだからです。

会社員の基本は「定時退社」
定時で帰れないほどの仕事は、そもそもする必要ナシです。

帰れないのは経営責任です

社畜時代は感覚がバグっていたので、月200時間とか残業していました。完全にコンプラ違反ですね。社員が早く帰れないのは「経営者の責任」という、正常な感覚をまず持ちましょう。

自分の責任だと、感じる必要ゼロです。
そこまで仕事させちゃだめなんですから。
経営者の責任なんですよ。

働き方改革という法律も整いました。
今の時代、早く帰るのが普通です。

ムダを重んじる古い社風

そして時代遅れの「古い社風」
まだこれに囚われている会社は多いです。僕はこれまでに何度も転職していますが、正直会社はムダだらけです。

ムダに長い残業、やらされ感の会議、無意味な飲み会、こんなことで自分の時間を失っている場合じゃありません。

会社の社風を自分で変えようとしても限界があります。それどころか、無駄を改善しようとすると、社内で冷遇されるリスクすら出てきます。どちらにしても消耗ですね。

同調しないといけない謎の空気感。
生産性の低い会社ほど、こんな無駄ばかりやっています。

早く帰る自分になるために価値観を変えよう

会社の社内評価なんて無意味です

「あれ、もう帰るの?」
「まだみんな仕事やってるよね」

こんな経験ありますよね。
しかしもう耳を貸す必要はありません。

自分の貴重な時間や、自分の大事な人生のことを本気で考えるのなら、こういった人達のことはガン無視すべきです。

考え方や価値観を見直そう

一時的に気まずい空気や、一時的な社内評価なんて、長い人生で考えたら微々たるものです。早く帰りたいのに空気で帰れない会社なんて、どのみち将来性は薄いですよ。

よく考えてみて下さい。
そんな環境に居続けることが正しいのか。

会社のために働くとか、社内評価とか、冷静に考えれば非合理的なことはすぐ分かります。これからやるべき事はスキルアップです。

この先本当に必要な能力とは

  • ①社内評価が低く、市場評価も低い
  • ②社内評価が高く、市場評価は低い
  • ③社内評価が低く、市場評価は高い
  • ④社内評価が高く、市場評価も高い

まず①②は論外ですね。
市場評価が低いということは、今いる会社でしか働けないので、今後もずっと社畜から抜け出せません。

④は最強ですが・・
多忙すぎて自分の時間ゼロです。実際は③がお勧めです。

この戦略がいいと思います。
社内評価は捨てて、自分の市場価値を上げるという行動ですね。

どうしても会社の空気として帰れないなら、転職するべきですね。辞めるかどうか迷うだけ時間の無駄です。

定時退社を当たり前にしよう

市場評価を上げるためにやるべきこと。
これはもう、スキルアップの一択です。これしかありません。

社内業務をどれだけこなしても、スキルは上がりません。外で通用するスキルを身に付ける必要があります。

辛い仕事に耐えているのが、いかに時間のムダか分かるはずです。会社では最小限だけ働いて、副業やスキルアップに専念する、が正解です。

仕事が楽しければいいですよ。
楽しい人はそのまま頑張ればOK。
でも辛くて早く帰りたいなら、もう正直になりましょう。

社内評価より市場評価です。
それが自分を救ってくれます。

悩み中の人
中途半端が良くないんだね。早く帰りたいなら、我慢せず素直になった方がいいってことか。
脱社畜ブロガーひろ
耐えるのがよくないですよね。割り切って早く帰るか、もう環境を変えるかです。

早く帰りたいというか、むしろ早く帰らないといけない

他人の時間と自分の時間

会社員は必ず定時退社するべきです。
帰りにくい雰囲気があったとしても、すぐ帰りましょう。自分の時間を確保しないと、幸せにはなりにくいです。

残業は必要ありません。
1日8時間も働けば、もう十分です。

会社で働くとどうしても「他人の時間」で忙しくなってしまいます。そこから自分に吸収できるものがあればいいですが、会社の仕組み上、自己犠牲の比率が多くなりがちです。

残業が続くともうクタクタです。
帰ってから、何もする気力が湧いてきません。

1日が会社の時間だけで終わります。
それで人生が良い方向に向かうわけがありません。

早く帰らないと人生がヤバい

1日のほとんどを会社に費やす。
週末はその疲れを取る時間に充てる。
結果「自分の有意義な時間」がほぼゼロですよね。

会社の仕事を通じて社会貢献を目指すとかならいいですが、早く帰りたい人が、やりがいを感じてるはずないです。僕もそうでしたから。

会社の仕事は時間内に片づけて、残りの時間は自分のために使わないと、人生を変えるのは不可能です。早く帰りたいどころか、早く帰らないといけないです。

会社の仕事を頑張る、これも確かに1つの働き方です。
しかし今の時代、あまりにリスク高すぎです。

今、会社のために尽くしまくった人達が、45歳くらいでどんどん「肩たたき」を食らっていますよね。まさか手の平を返されるとは・・。

働き方が完全に変わりつつある今、早く帰れないというのはリスクでしかないです。自分の時間を確保しましょう。

こちらもCHECK

あわせて読みたい
定時退社は気まずい?むしろ迷わず帰って当たり前です【会社も社員もメリットしかない】
定時退社は気まずい?むしろ迷わず帰って当たり前です【会社も社員もメリットしかない】 こんな悩みにお答えします。  本記事の内容定時退社が気まずいわけない理由まだ気まずく感じる人でも、すぐ帰る方法これからの働き方と生き残り方 定時...

早く帰りたいなら自分を犠牲にする前にすぐ帰ろう

自己犠牲か早く帰るかの2択

僕も社畜時代は死ぬほど働きましたが・・
結果ノーリターンです。もう、失った時間は戻ってきません。こうはなって欲しくないんですよね。

会社員生活は自己犠牲を続けて働くか、割り切ってサクッと帰るかの2択です。

今の働き方に疑問を抱いている人は、シンプルに行動してみるのが良いと思いますよ。思いきって定時退社を始めてみるか、どうしても環境がマズければ転職するだけですね。

スキルが吸収できる環境ならOKですけどね。
IT系で、働くだけで学べるとか。

会社の仕事を頑張るという選択に不安がある人は、副業に力をいれてみるといいですよ。実際に僕は行動して大正解でした。

もちろん早く帰りました。
自分の時間を確保して、自分の力を磨きましょう。

こちらもCHECK

あわせて読みたい
「定時退社は当たり前」罪悪感ゼロで気にせず帰ってOKです【帰れない方がおかしい時代】
「定時退社は当たり前」罪悪感ゼロで気にせず帰ってOKです【帰れない方がおかしい時代】 こんな悩みにお答えします。  本記事の内容定時退社はもう当たり前の時代誰でも定時退社していい理由定時退社を当たり前にする働き方 数年前まで、ブラ...

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

もくじ
閉じる