ブラック企業

ストレスで仕事に行きたくない朝が続く時は無理せず辞めた方がいい理由

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では仕事に行きたくない時の対処法と考え方についてまとめました。逃げでも甘えでもなく「選択」です。

朝、仕事に行きたくない。
ストレスで仕事に行く気がしない。

誰もが経験すると思いますが、心のしんどさを無視して頑張り続けるとどうなるのか?実際の経験談と共にお伝えします。

僕の場合は営業→管理職の間に猛烈なハードワーク生活が続きまして、月200時間残業という人間の尊厳を失いかけるほどの社畜でした。

この間に交通事故・大ケガ・入院・手術などなど、なぜか上手くいかない現象が次々に続いて本当に悲惨でしたね。

ポイント

朝なかなか動けないほどのストレスなのに、それでも無理に頑張るのはマジでお勧めしません。全てが裏目に出るし、思ってもみなかった障害を次から次へと引き寄せてしまうことになります。

嫌な仕事を無理して頑張り続けてしまうと必ず心と身体から警告が出てきます。それでも無理に頑張ってしまうとロクなことはありません。

そんな仕事は早めに辞めて、そこから立ち去ることをお勧めします。

嫌いな仕事を無理して頑張ると心と身体から警告が出てくる→無視してたら骨折した時の話かつて僕自身もそうでしたが、多くの日本人は本当に挑戦したいことをないがしろにして、本当は望んでない事柄に多大なエネルギーと時間を費やしています。心と身体から発せられる内なる警告に耳を傾けましょう。まじめな努力は時に自分を傷付ける刃になってしまいます。...

ストレスで朝から仕事に行きたくない日が続くと病みやすい

辛い努力は報われにくい

どれだけ苦しくてきつい状況でも、歯を食いしばって辛い努力で乗り切ろうとする。これって日本社会の大きな特徴で、欧米からすると考えられないことみたいです。いわゆる精神論とか根性論ですね。

努力とは辛いものであり、辛いければ辛いほど価値があるという精神論が根本的な間違いですね。

ポイント

望まない事に辛い努力を続けても、良い成果を出せたり成功できる可能性はとても低いです。報われたいなら、もっと自分がハマれる場所努力すべき。

自分が「努力している」という感覚もなく、楽しめていたり夢中になれていることだと大成しやすいですね。

辛くて苦しいけど頑張っているという感覚だとそこで良い成果を出せる可能性はかなり低くなります。辛い努力って本当に報われにくいです。

仕事も人生もゲーム感覚でいい

「真面目とみじめは紙一重」というのは本当に名言だと思っていて、僕もハードワーカー時代にもっとこんな柔軟な考え方が出来ていたらなとつくづく感じます。

仕事も人生もゲーム感覚でいい。これくらいの余裕と遊びゴコロを持って楽しまないと、人生損してしまいますよ。

僕は20代のうちにそれで大きな失敗をしてしまったし、時間の損失もたくさんしてしまいました。視野が狭くなることはマイナスでしかないですね。

ストレスで仕事に行きたくない朝が続くのは方向性が間違っているから

自分にとって何が適職かは分からない

仕事に行くのがダルいなとか、今日は休みたいなくらいの感覚であれば誰でも抱くものです。それくらいは学校とか部活がダルいていうのと変わらないので、そこまで深刻な話ではありません。

だけど毎朝仕事に行きたくない。毎朝仕事に行く気がしない。この状態がずっと続くのであれば、そもそも今の職業が自分にとって適職ではないのかも。

例えば営業は合う人には合うし成果もどんどん出せるけど、合わない人にはとことん合いません。逃げとか甘えじゃなくて「選択」は大いにした方がいい。

世の中に仕事は腐るほどあるし、いつどれを選ぶかも全て自分の自由です。

逃げとか甘えとかよく言われるけど、それは会社にとって都合が良いか悪いかだけの話なので。職業選択の自由ですね。

働く会社の価値を見極めよう

例えばブラック企業のように社員が常にボロボロに疲弊している会社って、そもそも社会的な存在価値が薄いです。

そこでそれだけ頑張るほどの価値がある会社なのか?ということは、働きながら冷静に見つめておいた方がいいです。

ポイント

社会人として働きだしたら、1日の大半の時間を仕事に費やすことになります。それだけ力を尽くす価値がある会社かどうか、冷静に見つめるべき。

会社に就職するって、他人が創業した会社の一員になるわけです。自分がオーナーではないので、労働と対価の交換バランスが取れてるかが重要ですよ。

じゃなきゃ仕事で働くというよりも、ただの自己犠牲になってしまいますからね。

いい大人もストレスから逃げる

会社を辞めようとするとそれこそ犯罪者のような扱いをされたり、人が足りないとか根性が足りないとかまぁ色んな言葉を大人達から言われますよね。

若い世代は我慢が足りないとか、特に言われやすいです。逆に「いい大人達」が我慢強いかと言うと、決してそうでもありません。

いい年した大人でも、都合が悪くなるとビックリするくらい簡単に休職したり、仕事を置いて逃げ出したりします。結局自分の都合でモノを言っているだけなので、相手にする必要はありません。

いやそれで人のこといえるのかよって、猛烈にツッコミ入れたくなります。結局自分の立場のことしか考えてないんですよ。

朝からストレスを抱える仕事なんて、辞めればいい

残業続きなら、失業保険はすぐにもらえるかも

もしあなたが法定時間以上の残業続きで働きづめの毎日なら、自己都合退職であっても退職後すぐに失業保険がもらえる可能性があります。

これは僕も経験済みですが、忙殺されていた仕事を辞めて少し静かに過ごしたいという時に失業保険があるかないかってかなり大きいですよね。

これは会社を辞める前の準備がかなり重要になってきます。自己都合だと失業保険はすぐもらえないと思っていましたが、残業時間がポイントになるんですね。

会社がタイムカードを勝手に操作するなど労働時間を不正にごます所もあるので、自分が働いた時間は必ず自分で記録しておきましょう。

残業続きなら失業保険はすぐ給付される?会社都合退職と同じ待遇になる条件とは退職を検討する時にどうしても気になるのが失業保険についてです。自己都合退職と会社都合退職では給付の条件が大きく異なります。実はリストラや倒産以外の離職理由でも、会社都合と同じ待遇を受けられる場合があります。それが「特定受給資格者」です。残業続きのブラック企業の人もそうでない人も必ずこの条件は確認しておきましょう。...

社会にはセーフティネットが充実している

職業訓練校的な所と研修事業をやっている所は意外と多く、自分が住んでいる地域のキャリアアップ支援事業などを調べると意外なサポート体制が整っていることに気づけます。

僕もこれまでパソコンや資格の勉強をしながら給料をもらえる研修事業にいくつか参加してきました。人材派遣会社も情報を多く持っているのでお勧めです。

セーフティネットはいくらでもあります。僕も実際に使いましたが、役所の労働相談窓口もかなり有効ですよ。

ストレス過多の仕事を辞めても生きていける

仕事を辞める前って何かと不安もありますが、辞めたら辞めたなりに意外と生きていくことができます。僕もこれまで6~7回は転職してますが、借金とかせずにつなぎの期間も何とかなってます。

失業保険ももらえるし、それがなくなったら簡単なバイトなど負担の少ない仕事をするのもいいですね。

今はネットで在宅ワークがいくらでもできるので、パソコンで文章を打つライター業務とかなら自宅で稼ぐことができます。

未経験からWebライターの勉強を始めて副業収入を倍増させる方法Webライターは会社員の副業としても始めやすく、続けることによってライティングスキルも身に付くので初心者には最もお勧めの副業です。経験と実績を積めば高単価のWebライターを目指すこともできます。ライティングスキルを磨いて今度は自分がサイトオーナーになれば、副業収入は爆上げです。...

朝からのストレスを避けるため転職を前提に考えておく

会社員は「安定」ではない

既に今の時代であれば、新卒一括採用、年功序列の賃金制度、終身雇用といった古い日本の雇用制度は常識ではなくなってきています。会社員が「安定の職業」だったのはかなり前の話ですね。

逆にブラック企業も増えていますし、ホワイト企業でやりがいもある仕事に運良く巡り合えるとも限りません。自分の能力・スキルを中心軸に、転職やキャリアアップを前提として考えておいたいいです。

欧米ではガンガン転職が行われる

ちなみに世界一の経済大国アメリカでは、そもそも終身雇用という考え方がなく自分の能力・スキルが仕事の中心軸に置かれています。だから転職もバンバンするんですね。女性の場合は学歴が高くなるほど転職回数が増えます。

社会に出て初めて就く仕事を英語では「First Job」と言って、そもそも最初から転職が前提とされています。欧米では約4年に1回転職、生涯で10以上の仕事に就きます。

ゴールドマン・サックスに就職した若者でも平均して2.4年で転職するので、合わなければ彼らはどんどん辞めていきます。

会社で胃が痛くても我慢して働くのは日本人だけ。対してアメリカでは3人に1人がフリーランスの時代です。

ブラック企業を避けて転職すべし

ブラック企業を避けて転職するためにはハローワークよりも転職エージェントを活用する方法がお勧めです。ハローワークには建前だけで実際は残業だらけみたいな会社が本当に多いですからね。

UZUZ

第二新卒・既卒・フリーター・ニートでも転職できる就活サービス、ブラック企業徹底排除のウズキャリがお勧めです。普通の転職サイトに比べて求人エントリーした後の書類通過率が全然違いますよ。

ストレスを減らしてもっと自由に働こう

というか、あまり無理してゴリゴリ働きすぎないという選択でいいと思います。長時間働かない、無理しすぎないということが当たり前の人達と付き合うかコミュニティに入るなりして価値観を変えましょう。

僕がインターネットに注力しだしたのも最終的には働く時間を減らして自由を得ていくためです。まずは転職してバランスよく働ける場所を探し、空いた時間を有効に使えるようにするのがいいですね。

まとめ

なぜこの会社で頑張っているんだろう?という疑問がよぎる時は、そもそもの生き方や働き方、働く場所が適切かどうか冷静に見つめ直しましょう。逃げでも甘えでもなく「選択」は大いにするべきです。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST