ブラック企業

【脱社畜】仕事のストレスで限界を感じたら、心身を壊す前に環境を変えよう

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。会社でボロボロに疲弊するまで無理して働く必要はありません。ストレスで限界を感じるなら環境を変えましょう。

元ブラック企業の社畜でした。
僕は毎月200時間以上残業するような超絶ブラック企業にいたので、その苦しさはとてもよく分かります。

仕事のストレスで会社に行くのが苦痛でしかない、毎日がストレスでやばい。それでも会社に行っているという人は社畜になってしまっている可能性が高いです。

ストレスで限界を感じているのに、それでもまだ仕事を続けていると、再起ができなくなるくらい心身を壊してしまうかもしれません。

毎日朝早くから深夜まで働き続けると、寝る時に動悸がして心臓の音が聞こえるようになります。無理して心身を壊すところまでいくと、その後社会復帰するのが大変です。

あまりにボロボロになって心身を壊してしまうと、その後復活するまでに結構な時間とエネルギーが要るので悪循環ですね。

僕は社用車を運転中に気を失い、電信柱に正面衝突したこともありました。こうなる前に早めに環境を変えることをお勧めします。

ストレスで仕事に行きたくない朝が続く時は無理せず辞めた方がいい理由朝、仕事に行きたくない。毎朝仕事に行く気がしない。こんな状態が働きながらずっと続くのであれば、そもそも今の職場や職業が自分にとって適職ではないのかもしれません。ただ辛いだけの努力は報われにくく、まじめとみじめは紙一重です。逃げでも甘えでも何でもないので、早めに無理をしないという選択をしましょう。...

仕事のストレスが大きすぎる時は無理しない

仕事のストレスは我慢しすぎないこと

あまりに大きな仕事のストレスは、自分が思っているよりも大きなダメージが心身へと蓄積されています。人間関係、労働時間、パワハラ、給与待遇面、原因は人それぞれ様々にあると思います。

仕事をすぐ投げ出すのもどうかと思いますが、かと言って我慢ばかりが正しいとも限りません。

ポイント

職場のストレスの中で最もやばいのが労働環境からのストレスです。あまりに長い労働時間、当たり前のようなサービス残業など、労働環境から受けるストレスが最も深刻です。

僕自身の経験から言っても、サービス残業を強要してくる会社や違法残業をさせるような会社はまず長続きしません。

「どう考えてもこれはおかしい」というようなことが日常的に起こる職場で頑張っても自分が損するだけです。

職場でストレスを感じる時の対処法【仕事を辞めたいと思ったら】ブラック上司、パワハラやセクハラ、長時間残業などなど、職場でのストレスは絶えません。職場でのストレスは2種類に分けて考えて、不可抗力の方が大きければ早めに逃げましょう。僕はこれまで大企業からブラック企業まで様々な職場を経験してきましたが、職場でのストレス回避法についての結論が見えてきました。...

ストレス過多の仕事で頑張っても損するだけ

価値の低い会社では頑張らない

重要なことは「価値の低い会社」で頑張らないことです。
勤めている会社や上司から吸収することがたくさんあって、自分のスキルアップにつながるなら頑張る価値ありですが。

もしそうじゃなければ、自分の貴重な頭脳と労働力を、価値の低い会社に捧げるだけの働き方になってしまいます。

ポイント

社員をボロボロに疲弊させないと存続できない会社は、そもそも社会的存在価値が薄い。そういう所は退職する時も必死でしつこく引きとめてきますが、まさに会社の価値が低い証拠です。

業績の良い会社やビジネスの上手な会社は社員がボロボロに疲弊しているなんてことはまずありません。

ビジネスが上手な会社は生産性が高いので、社員をきっちり休ませている割には平均給与が高いですね。社員の満足度も高い。

今の会社から得るものが薄そうなら、無理せず早めに切替える準備をしておいた方がいいと思います。

仕事を辞めてストレスから逃げても大丈夫

辞める前に準備をしておこう

僕はこれまでにいくつも転職を繰り返してきていますが、仕事を辞めても意外と何とかなるものです。ニートみたいな時期もありましたが、色んなことを考えるのにとても良い時間を過ごすことができました。

頭も体もスッキリするし、何よりも健康を取り戻すことができるのでこれが大きいですね。

だけど思い付きで急に会社に行かなくなるのではくて、辞める前にある程度準備をしておくのが賢いやり方です。

自己都合退職の場合は3ヶ月経過してからでないと失業保険がもらえないので、これがネックです。ただし残業続きで長時間労働だった人は、自己都合退職でもすぐに失業保険をもらえる可能性があります。

退職前6ヶ月間の間に一定時間以上の時間外労働があった場合「特定受給資格者」に該当する可能性があります。

タイムカードの操作などで残業時間を会社にごまかされないよう、必ず自分で記録をつけて証拠を残しておきましょう。

残業続きなら失業保険はすぐ給付される?会社都合退職と同じ待遇になる条件とは退職を検討する時にどうしても気になるのが失業保険についてです。自己都合退職と会社都合退職では給付の条件が大きく異なります。実はリストラや倒産以外の離職理由でも、会社都合と同じ待遇を受けられる場合があります。それが「特定受給資格者」です。残業続きのブラック企業の人もそうでない人も必ずこの条件は確認しておきましょう。...

今の時代、会社員が全てではない

仕事を辞めるとまず時間ができます。
これまでなかなか会えなかった人達に会うとか、あまり働いてない人達のコミュニティに参加するなどして、話をたくさん聞きましょう。

圧倒的に視野を広げることができます。それまでいかに自分が狭い世界にいたかが、本当によく分かりますよ。

ポイント

そもそも会社員という働き方だけが全てではありません。仮に収入がゼロでも、今は在宅で仕事ができる時代です。在宅で稼ぐフリーランスや、あくせく働かない自由業の人達もたくさんいいます。

クラウドワークスクラウドテックなどのクラウドソーシングサイトも今は充実しているので、在宅で仕事を受注することも簡単にできます。僕もライターでお小遣いを稼いでいた時期がありました。

仕事のストレスで倒れるほど会社で頑張る必要はない

仕事は手段でしかない

僕自身、元々はかなりのハードワーカーでワーカホリック状態でした。当時のことを人に話すと、共感されることは皆無でほとんどの場合は引かれます。

「それ生きている意味なくない?」って言われて今は理解できますが、当時は時間も気持ちの余裕もなさすぎて分からなかったんですよね。

「定時で帰れない正社員」はかなり不利なので、僕はまずそれを辞めることにしました。仕事は目的ではなく生きるための手段なんですよね。

時間とお金の両方大切

突き詰めて考えていくと、時間とお金の両方を得られる人生が最高です。でもそれは会社員では無理だという答えに辿り着きました。

とりあえず契約社員や派遣で働き、仕事のウェイトを落としつつ、自分のコアとなる副業を頑張るという選択で頑張りました。

時間とお金の両方を得るには、やはりネットで頑張るのが1番ですね。僕の場合はHPやブログをどんどん作っていって、労働収入から事業収入へと徐々にシフトさせていきました。

この過程はかなり頑張らないといけませんが、価値の低い会社で働くことに比べれば大きな意義を持ちます。

ストレスを減らして好きなことをやろう!

好きなことをやって生きていくにはどうしてもある程度のお金と時間が必要です。そのためにはビジネスオーナーになる必要があるので、僕はサイトオーナーになることにしました。

今ではHPやブログが僕の資産になっています。何億と稼ぐ有名人にならなくても、インターネットを上手く使えば好きなことで生きていくことができる時代です。

ポイント

ゲーム実況で飯を食っている人もいる今の世の中です。単純にお金持ちを目指すのもいいですが、苦しい働き方よりも「自分らしさ」を重視した方が幸福度は高くなるような気がします。

自分を安売りすると「価値の低い会社」にどんどん搾取されます。自分の価値は自分で定義しましょう。自分の給料額を決めるのは自分自身です。

仕事は今すぐ頑張るのをやめよう【人生詰まないので好きなことに集中する】仕事は今すぐ頑張るのをやめましょう。社会人になって嫌な仕事から逃げるとか、我慢をやめるとかすると、人生が詰んでしまうみたいに思っている人が多いと思います。だけどそれは明確な間違いです。我慢して働いても、人生は決して豊かになりません。仕事はサッと切り上げて、好きなことに集中しましょう。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST