ビジネスコラム

情報受信・発信時の注意点!ネットリテラシーの重要性とネチケットとの違い

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではネット上で情報発信する際の注意点についてまとめました。モラルを守りネットを上手に活用する技術を高めましょう。

1995年の「インターネット元年」よりネットが日本で一般に普及し始めました。2000年以降からはブロードバンド(高速大容量の情報送受信)が急速に普及し現在ではインターネットが完全に日常化しています。

次世代モバイル通信”5G”もスタートし、テクノロジーの進化が私達の生活をさらに豊かにしてくれることでしょう。

ところが便利な世の中になると同時に、それらが諸刃の剣となる可能性を秘めていることも忘れてはいけません。

いつでも、どこでも簡単にネットワークに接続できるのが現在のユビキタス社会です。情報モラルや情報セキュリティに関する知識と、ネットワークを正しく利用する能力は非常に重要になってきます。

あなたの「ネットスキル」は果たして十分と言えるでしょうか・・?

後ほど紹介するネットスキル診断にチャレンジしてみて下さい。実は意外と理解できてなかったことに気付かされますよ。

インターネットリテラシーの定義とは?

マナー・エチケットとは少し異なる

リテラシーという言葉自体が、その分野の理解力、応用力という意味なので、正確にはマナーやエチケットとは少し異なります。

ネットを活用する技術つまり「ネットを正しく使いこなす力」がどれだけあるかとういうことです。

ポイント

ネット上のマナーはある程度気を付けることができるでしょう。しかしネット上の虚偽情報に騙されない技術、ネット上に存在する危険から正しく身を守ることができる能力となると、当然ここは人により差が生じます。

インターネットの成長や進歩が著しい現代では、ネットを利用する以上、自分達がそこについていくしかありません。

ネット社会から恩恵を受ける以上は嘆いたり文句を言ってもしょうがないのです。自分の能力を向上させるしかありません。

情報を受信する際の注意点

「うそはうそであると見抜ける人でないと難しい」という誰かの有名な言葉がありました。だけどネット上では、もうそれだけでは足りない感があります。

釣り、ステマ、逆張り、炎上商法などなど、ネット上には数えるとキリがないくらい”虚偽っぽい”情報があふれています。

うそを見抜こうとするのは大前提で、大げさな表現やバイアス(偏り)が掛かっていることも見抜ける人じゃないとネットを使うことは難しい。これくらいの感覚がちょうどいいかもしれません。

もちろん本物の情報も多々あるわけで、そこの見極めと活用については、経験値もある程度必要になりますね。

購入時やダウンロード時の注意点

今の情報はいくらでもGoogleで検索しまくれるので、エゴサして裏を取って確かめるということが重要です。何か物を購入する際やダウンロードする際は特によく調べてからの方がいいでしょう。

特に注意すべきは誰でも簡単にできるフリーソフトのダウンロード。中にはウイルスやスパイウェア等が含まれる悪質な物もあるので、注意が必要です。

また自分がダウンロードしようとしているものが違法ダウンロードに該当しないか、ここも重要ですね。

音楽、映画、ダウンロード販売物、有料配信動画など著作物を受信しようとする際は事前によく確認しておきましょう。

ネット初心者さん
ネット初心者さん
知らずに違法ダウンロードしてる可能性もあるってことですよね。悪意はなくても、NGな行為だったってことがある。それ考えるとちょっと怖いな・・
hiro
hiro
ダウンロード後に違法配信と知った場合は、違法とはなりませんが、知りながらやるとNGってことですね。ここがまた微妙な所でもあります。

情報を発信する際の注意点

半永久的に消えない可能性も

SNSでもそうですが、現代は個人がいくらでも情報発言できる時代です。ネットがあればTVやラジオなどを通さなくても、個人が不特定多数に向けていくらでも情報発信できてしまいます。

だからこそ発信する際のリテラシーは、受信する際よりも慎重さが求められます。発信の方が、より多くの人に影響を与える可能性が大きいからです。

一度ネット上に出回ってしまうと、個人情報が半永久的に消えない可能性も十分あり得ますからね。

個人情報を安易にネットに晒さないことはもちろん、友人と映っている写真等の投稿も、本当にアップしていいか事前に確認しておきましょう。

著作権と肖像権

悪意はなくても知らず知らずのうちに著作権や肖像権を侵害している可能性があるので、発信する前には確認が必要です。例えば、SNSに何気なく好きなアーティストの歌詞を掲載したとしますよね。

ポイント

歌詞は著作物であり権利者の許諾なくネット上に公開するのは著作権侵害となります。歌詞の一部だけのアップや、友達間だけの限定公開でも著作権侵害となり得るので注意が必要です。

人に損害を与えるような行為をすると、損害賠償を請求される可能性があります。

自分自身はそのような行為を直接的にしていなくても、誰かのそのような行為を助けたと判断されると、やはり損害賠償請求の対象となってしまいます。

ネットスキル診断をやってみよう!

現在の自分の理解度を図るのにまずお勧めなのが、KDDIが中高生向けに無料で公開しているネットスキル診断です。ぜひやってみて下さい。

中高生向けとは言え、内容は侮れません。基本的な事を馬鹿にせず、大人でもぜひやってやってみることをお勧めします。

ネット初心者さん
ネット初心者さん
むむ・・。小学生~中高生向けとは言え、このネットスキル診断は意外と侮れないですね。回答を読むことがまた勉強になります。
hiro
hiro
ですよね。大人でもたぶん意外とできてない事が多いはずですよ。基本的な内容ですが、こういうのこそ重要です。

ネット社会が悪い?わけではない

公平性は向上している

こうなっていくとネット社会が全て悪いみたいなことを言われることがありますが、ハッキリ言ってそれは大間違いです。

これだけネットの恩恵を受けて生活しているにも関わらず、都合が悪くなるとネットが悪みたいに簡単に言われますよね。

そもそもネットよりTVや新聞などのマスメディアが強かった頃から、虚偽の情報は世の中にあふれていました。公平性や健全性はむしろ現代の方が向上しているくらいです。

ネット社会以前の方が善だった、みたいなことを言う人もいまだにいます。ネットが浸透したことにより、ひと昔前なら当たり前に通っていた不条理が「明るみになっている」だけの話です。

ネット社会の進行は止められない

インターネットリテラシーとは「ネットを上手に活用する技術や能力」のこと。

ネチケットとはネットワーク上でのエチケットのことなので、エチケット以上のスキルが求められます。

ポイント

「知ったかぶりのうんちく」と「医師の医学的見解」のような専門情報が同時に並んでいる場所がネットです。ネットリテラシーを身に付けて、リスク回避することは当然のことですね。

今さらネット社会の進行を止めることなどできません。何気ない一つの投稿が意図せず大きく拡散されることもあります。

それでも恩恵を受けることの方が多いわけですから、ネット社会と上手に付き合う術を身に付けるしかありません。

まとめ

現代では簡単にネットワークにアクセスできて、不特定多数の人達とすぐに繋がることができます。その分、受信でも発信する際でもネットリテラシーには気を付けましょう。

ABOUT ME
hiro(ヒロ)
hiro(ヒロ)
ブラック企業で毎月200時間以上の残業を強いられるド底辺社畜でしたが、Webサイト作成、ブログ、WordPress、Webライティングを学び脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。⇒ ひろぞうのゲーム実況チャンネル
RELATED POST