HP作成・SEO

ペラサイトで稼げるは嘘?本当?初心者でもできる不労所得の作り方

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではペラサイトでアフィリエイト報酬が本当に稼げるかどうかの真実についてまとめました。

HPやブログなどのサイトを作って、そこで商品を紹介してアフィリエイトするのが最も基本のサイトアフィリエイトです。そのサイトアフィリエイトの中でも「ペラサイト」と呼ばれる手法があります。

*ペラサイトはサイトアフィリエイトの中でも初心者向きで難易度も低い手法ですが、その分参入してくる人も多いです。

初心者でも本当に稼げるのか、ライバルも多い中で今から始めたとしてもまだ稼ぐ余地があるのか、初心者さんは特にそのあたりが気になりますよね。この記事ではペラサイトの真実と今後についてお伝えしていきます。

そもそもペラサイトって?

1ページのみのサイト

ペラサイトというのはHPのページ数が「1ページのみ」のサイトのことです。通常のサイトは複数ページによって構成されているものがほとんどですが、ペラサイトは基本的に1ページで商品の紹介がされています。

ポイント

ペラサイトは1ページに商品情報を全て掲載するので、自然と縦長のページになります。上から順に紹介する商品情報を載せるので閲覧者は下にスクロールして内容を見ていくことになります。ここでいかに上手に見せれれるかがカギです。

複数ページのサイトと比べると、読み手は欲しい情報を分かりやすく簡潔に得られるというメリットがあります。

ペラサイトの基本的な作り方

ペラサイトは1ページのみのサイトなので、その分サイトを作る側は読みやすく凝縮された情報を構成して作る必要があります。

ペラサイトは1ページのみのサイトなので、1キーワード、1ドメイン、1ページが基本の考え方になります。1つのキーワードに対してドメインを1つ取得して1ページのサイトを作る。トップページのみのサイトを作ります。

まずはアフィリエイトしたい商品をASPから見つけます。アフィリエイトしたい商品が決まったらドメインを取得するわけですが、多くの場合「商品名+〇〇」という2語のキーワードで狙っていきます。

*商品名単体でドメインを取得してもなかなか上位表示させることができません。なので「商品名+販売店」とか「商品名+最安値」といった具合に複合キーワードで狙います。

2語キーワードが効率が良くお勧め

http://薬用ハリモア販売店.com
http://薬用ハリモア最安値.com
http://薬用ハリモア口コミ.com

例えば「薬用ハリモア」という商品で狙うなら、このような2語キーワードのドメインにします。

これに適切な情報を1,500文字~2,500文字前後のボリュームでサイトを作っていきます。1ページの中に情報は少なすぎず詰め込みすぎず、ユーザが必要としている情報を分かりやすく掲載するのがコツです。

ユーザーが実際に商品を購入するのは公式サイトなので、あくまで「上手に誘導すること」が目的です。公式サイトで商品が売れたら報酬がもらえるという、簡潔で最も初心者向きのアフィリエイトです。

ペラサイトはもう稼げない!?

ペラサイトは量産が肝

実はこのペラサイトという手法が流行し始めたのはもう何年も昔の話です。この間に何千何万というサイトが量産されてきました。ペラサイトは1ページ勝負のサイトなので量産が肝になるからです。

*中には上位表示されないサイトや売れないサイトもあります。売れないサイトは更新されず消えていくので、市場には常にチャンスがあります。

ポイント

ペラサイトは初心者向きで作りやすく量産しやすいという特性から、これまでに何十万というサイトが作られてきました。でも、安心して下さい。何万というサイトですが、現在も存続しているサイトはほんのごく一部だけです。

量産向きなので確かに多くのサイトが作成されてきました。だけど、年々スマホで商品を購入する人が増えているので、物販サイトはこれからも売上が上がり続けます。

スマホ全盛でさらにチャンス

実際に僕自身もペラサイトを多数所有していますが、スマホからの購入者が飛躍的に多くなってきました。全体の7割弱はスマホからなので、時代と共に今後も物販サイトは順調に売上が伸び続けるでしょう。

*ネットで購入できる商品数は年々増加し、毎年新商品やヒット商品が生まれるので市場が枯渇するなんてことは起こり得ないのです。

ペラサイトはもう稼げない!と言っている人も確かに一部いますが、ライバルを減らすための戦略かもしくはただ単に作業量の足りない人ですね。実際に僕自身は稼いでいますし、今後もまだまだ伸びしろのある手法です。

広告費ゼロ利益率100%の不労所得

作ったらあとは放置でいい

SEO対策、つまり検索エンジンで上位表示させるための対策ですが基本的に何もしません。人によっては少しずつバックリンクを当てていく人もいるかもしれませんが、現在のGoogleでそれがどれくらい評価されるのか実は誰にも分かりません。

基本的にペラサイトはページを作ったらあとは放置です。何もしないというか、何もすることがないのです。「商品名+〇〇」と検索してきたユーザーに対し適切な情報をページ内で提供する。ここが勝負のキモです。

ポイント

検索数はそこまで多くなくても購買意欲が高いというのが2語キーワードの特徴です。「商品名+〇〇」と検索してくるのはより濃いユーザーということ。検索総数としては1語キーワードより劣るものの、成約率は断然高くなります。

2語キーワードで検索してきたユーザーは、商品名のみで検索してくるユーザーよりもより具体的で詳細な情報を求めています。つまり購買意欲も高いということです。

1サイト当たりのコストは限りなくゼロ

その商品に対してより詳細な情報を求めてより詳細に検索するわけですからね。だからその後はサイトが勝手に検索されていつの間にかモノが売れていく。

ドメインやサーバー代はかかりますが、サイトを量産することで1サイト当たりのコストは限りなくゼロに近づきます。どうしても成果が出ないサイトは割り切って切り捨てましょう。翌年更新しなければドメイン更新料もかかりません。

広告費もゼロ、ランニングコストも極限にゼロに近く、ほったらかしていたらいつの間にかモノが売れて粗利100%の報酬が発生する。まさに不労所得。こんな商売はサイトアフィリエイト以外この世の中に存在しません。

ペラサイト量産に必須のサイト作成ソフト

ペラサイト作りに必須

ここまでペラサイトの作り方やメリットについて解説してきましたが、肝心のサイト作りができなければ話になりません。もちろんアフィリエイト自体は無料ブログでも可能ですが、ペラサイトは独自ドメインを取得してHPを作る必要があります。

ペラサイトは1ページのサイトなので、ブログのように随時情報を更新するものではないからです。その真逆です。

作ったら基本的にあとはほったらかしです。ほったらかしてたらいつの間にか検索に出てくるようになります。もちろん全部が全部確実に上位表示されてくるなんてことはありませんが、そこは慣れですね。

ポイント

コツコツとサイト作りをしていけば成果は必ず後からやってきます。サイト作成ソフトが必須ですが、初心者でも簡単に作れるのがSIRIUSです。最も重要なのはスマホサイトがいかに簡単に綺麗に作れるかということです。

僕のペラサイトはスマホからの購入が圧倒的に多い!と言いましたが、スマホからの報酬発生を支えてくれているのがこのHP作成ソフトSIRIUSです。

最も重要なのはスマホサイト

2015年5月5日Googleは「Inside AdWords」で正式に「モバイルデバイスによるGoogle検索数がPCを上回っている」と発表しました。

検索ユーザーの多くはスマホから検索してサイトを閲覧しているということです。だから必然的に僕のペラサイトもスマホからの成約が多い。つまりサイトがスマホ対応していないというのは死を意味するわけです。

閲覧者の画面サイズに合わせてWebサイトが構築される技術を、専門用語でレスポンシブウェブデザインと言います。HP作成ソフトで最も重要な事は、そのソフトがレスポンシブウェブデザイン対応かどうかということです。

SIRIUS上位版ならレスポンシブウェブデザインに対応しているので、PCサイトを普通に作るだけで完全スマホ対応されたサイトが出来上がります。だから僕はペラサイトで確実に成果を上げられているんです。

どんなサイトなら稼げる?

SIRIUSでどんなサイトを作れば稼げるようになるか、やっぱりそこが1番気になりますよね。ここは実際に経験値を積んでいくのがもちろんですが、それでも多少は勉強する時間も必要でしょう。

できるだけ回り道をせずに効率的に稼いでいくためには通るべき「正しい道」があります。骨折り損で大きな時間ロスをするか、アフィリエイト成功者に近づいていくかは道の選択次第です。

僕のメルマガでは僕が実際に実績を上げているサイトを特別に紹介しています。ペラサイトをマスターするには実績者から学ぶのが1番ですよ。あなたの成功の助けとなれば幸いです。

まとめ

サイトアフィリエイトでHPを作る際は、プロ並みのデザインやシステムは全く必要ありません。いかに簡潔で分かりやすく必要な情報を伝えられるかがカギです。人の役に立つことを意識すれば自ずと報酬は発生します。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST