人生・仕事に役立つ話 学校では教えてくれないこと

大金持ちと小金持ちの違いとは?最高の選択は「幸せな小金持ち」

脱社畜ブロガーひろ
脱社畜に成功したひろです。大金持ちと小金持ちはどれくらいの違いがあって、どちらが幸せなのか?正解は「幸せな小金持ち」でした。

 

お金持ちになりたい・・。
誰もが1度は夢見ることでよね。

 

でも実際、どれくらいのお金を持っていれば、本当のお金持ちと言えるのか?またその中でも、「大金持ち」と「小金持ち」は、どこがどれくらい違うのか、気になりますよね。

 

まずは日本ではどれくらいのお金があれば「お金持ち」なのか、数字でしっかり定義を確認してみましょう。

 


出典:野村総研

野村総合研究所の調査によると、いわゆる「お金持ち」と呼ばれるのは、純金融資産が1億円以上の富裕層と超富裕層の人達ですね。日本では約200万世帯の人達(全体の約2%)がお金持ちだということです。

 

全体の約2%だけですからね。
いわゆる「お金持ち」である人達は、日本でもかなり少ない数しかいないということがよく分かると思います。

 

メモ

日本でもお金持ちと定義されるのは全体のわずか2%。これだけでもかなり厳しい数字です。さらに上位の「大金持ち(超富裕層)」になると、全体のわずか0.15%のみだけです。

 

上位0.15%って、なかなかですよね。
かなり少ない数字です。普通に生活していたら、まず会う事すらできないようなレベルの方達じゃないですかね。

 

悩み中の人
ぐぬぬ・・厳しい。
上位0.15%しかいない「大金持ち」になるなんて、ほぼほぼ無理ゲーじゃん。
脱社畜ブロガーひろ
「大金持ち」は無理ゲーでしょうね笑
でも幸せな小金持ちを目指せば、もっと自由に豊かに暮らせるはずです。

 

ほぼ到達不可の「大金持ち」
努力と工夫で手に届きそうな「小金持ち」

 

この記事では「幸せな小金持ち」になる方法論と考え方について、じっくり深堀りしていきたいと思います。このゾーンならば、元社畜でド底辺だった僕でも、届きそうな勢いです。

 

大金持ちは「ほぼ無理ゲー」なので目指さないでOK

途方もなさすぎる目標は逆効果

大金持ちと定義される「超富裕層」の資産額は5億円以上です。サラリーマンの生涯獲得賃金が2~3億円と言われるので、資産額5億以上というのがいかに莫大な金額か分かりますね。

 

まずは自分の現在地を冷静に見つめ、努力と工夫で届きそうな、次のステップを見つめるべきですね。

 

まずは1歩ずつ

途方もない目標をかかげると、おそらく簡単に挫折します。動きが止まると、今より豊かになる可能性も消えるので、まずは努力と工夫で届きそうな範囲を目指すのが得策です

 

途方もない目標をかかげて、人を動かすリーダーとかもいますけど、あれは組織全体で頑張るから可能なんですよね。

 

お金持ちなんて1人で目指すわけですから、途方もない目標は、自分1人で達成するのはほぼ不可能。

 

小金持ちでも十分すぎるほど豊か

小金持ちとは言っても、おそらく多くの人にとって、今よりも十分すぎるほど豊かなゾーンにあるはずです。

 

富裕層の影響を受けにくい「中央値」で考えた時でも、日本人の平均貯蓄額は1,000万円前後。ほとんどの人は、資産額3,000万円未満のマス層です。

 

メモ

サラリーマンの平均年収が400万円ちょっとですからね。小金持ちと言っても、普通の会社員だと、なかなか達成できない数字です。小金持ちとはいえ、今の日本なら十分に豊かな人です。

 

これが現実的な数字と定義。
多くの人にとって、まず目指すべきゾーンを「小金持ち」にした方が、現実的でまだ達成しやすそうですよね。

 

今の日本で、どんな「小金持ち」を目指すべきか?

死ぬほど忙しい小金持ちはNG

日本は豊かな国です。
東京とかの都会に出て、高給だけど、そのかわり超絶忙しくて超絶ストレスフルな仕事はわりと見つかります。

 

ブラック率高めな投資不動産業界や、外資系投資銀行とか、外資系コンサルとか外資系証券などですね。

 

激務で高給は多い

「高給」「インセンティブ」「実力主義」「激務」このあたりのキーワードに着目して転職したらOK。わりとすぐ、会社員の3倍の平均年収は稼げたりします。ですが・・

 

ですが・・なんですよね。
わりとすぐ稼げたりするんですが、決して「幸せな小金持ち」にはなれません。犠牲が多すぎるからです。

 

とにかく「自分の時間がない」「超絶ストレスフル」「健康を害しやすい」ので、本当の幸せってなんだっけ?状態に陥りやすいですね・・。

 

ワーカホリックの代償と反動

ワーカホリックになると、人はどうなるか?
多くの場合は「燃え尽き症候群」になって、仕事を辞めるんですよね。その反動で、極端な田舎暮らしとか始めたりします。

 

極端な田舎暮らしも、もちろん悪くないですが・・。とはいえ、お金を忘れて「悟りの開きすぎ」にも要注意です。

 

メモ

適度な豊かさと、自由な時間。この2つがうまくバランス取れていると、人は幸福を感じやすいため、両方をうまく得ていくべき。結局は人ってバランスなんですよ。

 

忙しければ忙しかったほど・・
その反動で「世捨て人」にならないように注意です。

 

適度な豊かさと自由のバランスを

じゃあ結局どうすれば良いのか?

結論はやはり「幸せな小金持ち」を目指す、これが1番確率が高く、コスパも最高な選択になります。

 

それでも超絶お金持ちになりたければ、起業して会社を上場させるとか、投資家として成功するとかになりますね。

悩み中の人
ブラック労働の反動で「悟りを開く」かぁ。実際そんな人いたからよく分かるなぁ。自由な時間と豊かさの2つが、結局は1番良さそうかも。
脱社畜ブロガーひろ
実際いましたね・・。
だからバランスよく、自由な時間とある程度の豊かさ、これが最強の働き方になると思いますよ。

 

幸せな小金持ちの定義は「自由で豊かなこと」

目標は大好きなことで年収3,000万円

ブラック企業から脱社畜した後、今でも僕が目指しているのがこのゾーンです。幸せな小金持ちでいること、その具体的な数字が「好きな事だけで年収3,000万円」以上という目標です。

 

好きな事だけ・・
というのが難しいんですけどね。
でもそれだけ取り組む価値のある目標です。

 

誰にも縛られず、何の成約や制限もない状態で、完全に自分の好きな事だけ。それでいて年収3,000万円超は、簡単ではないです。

 

メモ

年収3,000万円では、決して「大金持ち」とは言えないかもしれません。でも年収1,000万円超ですら、給与所得者の5%だけなので、これでも十分すぎるほど豊かですね。

 

「小金持ち」とは言え・・
数字で見ると全く馬鹿にできません。
狭き門であることには変わらないんですね。

 

会社員はまず副業をやるべし

まずは副業からがいいですね。
僕の場合はサイト作成やブログなどでしたが、好きなことで稼げるようになるには、なかなか時間も掛かります。

 

まずは好きな事で月収10万円を達成すること。もちろん、働きながらでも絶対的時間の投下は必須です。

 

副業で結果を出す

大金持ち(超富裕層)になろうと思ったら、そんなものじゃないですからね。小金持ちになるのにも、努力するのは当たり前。まずは副業で少しでも結果を出せば、自由度がグッと上がります。

 

会社は時間を奪いますからね。
自分の時間を確保するためには、会社からいつでも離れられる状態を作っておく必要があります。

 

副業もできない会社は絶対NG

僕の専門は「HP作成、アフィリエイト、Webマーケティング、ライティング」あたりで、もともとは副業として独学で始めました。

 

これだけで年収3,000万円以上、つまり月収300万円くらい稼ぐとなると、かなりハードです。

 

でもまず月30万円くらいでも稼げたら・・
無理して会社に行かなくてよくなるし、時間は確保できて「幸せな小金持ち」へのステップも見えてきます。

 

メモ

普通に会社員やってて、お金持ちになれるわけないですからね。なのでやはり、全てのスタートは「副業」から。副業禁止の会社とか、副業もできないほど忙しければ、秒速で転職すべきです。

 

もちろん努力も必要です。
でもそもそも、あまりに時間が無いほど会社の仕事が忙しければ、本気で転職した方がいいですよ。

 

悩み中の人
小金持ちもならないのに、大金持ちになるなんて、できるはずない・・。まずは副業で少しでも稼げるようになるってことなんだな。
脱社畜ブロガーひろ
僕はまず正社員を捨てて派遣とか契約社員になって、自分の好きなことをとことんやりました。とことんやる「時間」がまず必要ですから。

 

大金持ちへの第一歩は小金持ちから。
小金持ちへの第一歩は副業で稼ぐことから。
副業で稼ぐことの第一歩は「転職」からです。

 

せめてホワイトで働こう

結論、会社員だけじゃ無理です。
このように逆算していくとよく分かるはずです。

 

会社員→会社員+副業→フリーランスor起業→小金持ち→大金持ち、豊かになるにはこのステップしかないです。

 

最初の「会社員+副業」でつまづくと、もう会社員をやるしかなくなります。せめて自由に副業できる環境と時間のある、ホワイト企業で働きましょう。

 

最低でもホワイト

僕のようにブラックとか社畜のまま働く時間が長いと、自由で豊かな生活はどんどん遠ざかるばかりです。ブラック企業を排除したエージェントを使って、せめてホワイト企業へ転職して下さい。

 

そんなホワイト企業なんて見たことないという社畜脳に陥っている人は、ホワイト企業をたくさん取り扱う「転職エージェント」を使ってみて下さい。

 

世の中には、こんなにホワイト企業が存在していたということに、本当に驚きますよ。下記の別記事を、ぜひ参考にどうぞ。

 

こちらもCHECK

元社畜がお勧めする厳選の転職エージェントランキング【脱・ブラック企業】

続きを見る

-人生・仕事に役立つ話, 学校では教えてくれないこと

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ