ブラック企業

離職票が届かない時の対策とは【正攻法と裏ワザの2種類を知っておこう】

ヒロ
ヒロ
元ブラック企業社畜のヒロです。退職した会社から離職票が届かない・・はよくある話です。正攻法と裏ワザの両方を知っておきましょう。

元ブラック企業社畜のヒロです。
退職した会社から離職票が届かない・・はこれまでに何度か経験しました。本当にいいかげんな会社が多いですよね。

大企業や上場企業ならまだ手続きはスムーズですが、中小になるにつれてだんだん手続きが遅くなるイメージです。

2週間を過ぎても離職票が届かないとかなら、もう異常事態です。10日~2週間前後で普通は自宅に届きます。

ポイント

今は忙しいし、会社を退職した人間の手続きをすぐする必要はない、という考えの会社は確実に存在します。しかし完全に「雇用保険法」違反です。

離職票の交付を拒んだり、交付を遅らせる権限など会社にはありません。確実に提出させましょう。

僕自身これまでに5社以上転職してきたので、離職票やハローワークの手続きはかなり経験しました。離職票が届かない時の具体的な対策について解説します。

離職票はなぜできるだけ早めに必要なのか?

失業保険の手続きは1日でも早い方がいい

退職後、離職票がなぜすぐ必要なのか?ズバリそれは失業保険の手続きに絶対に必要な書類だからです。ハローワークに行っても、離職票なしでは失業保険の手続きはできません。

失業保険をもらうつもりがあってもなくても、離職票をもって職安に行き、手続きだけは必ず進めておいた方がいいです。

次の転職先のあてがあったとしても、失業保険の手続きだけは済ませておくことをお勧めします。何があるかは分からないし、早く決まれば「一時金」としてまとめてもらうこともできます。

次の転職先が早期に決まれば、なんと「再就職手当」をもらうこともできます。もちろん、手続きしていた人だけです。

給与額や支給残日数で計算が変わるため、状況によってかなり差は出ますが、実際に僕は30万円ちょっともらったことがあります。

もしあてにしていた転職先がダメになった場合、そこから手続きだと支給日がどんどん遅くなります。退職したら離職票を持って秒速でハローワークに行くべきなのです。

残業続きなら失業保険はすぐ給付される?会社都合退職と同じ待遇になる条件とは退職を検討する時にどうしても気になるのが失業保険についてです。自己都合退職と会社都合退職では給付の条件が大きく異なります。実はリストラや倒産以外の離職理由でも、会社都合と同じ待遇を受けられる場合があります。それが「特定受給資格者」です。残業続きのブラック企業の人もそうでない人も必ずこの条件は確認しておきましょう。...

離職票がなかなか自宅に届かない理由とは

まずはきちんと退職が成立していること

まずそもそもの大前提ですが、会社ときちんと退職は成立しているでしょうか。僕も経験済みですが、退職届を受理をせず、退職を認めないという会社もあるから要注意です。

実際に僕の退職後に会社を辞めた女性社員から、離職票がまだ届かないと相談を受けたことがあります。退職がうまく成立していなかったようですね。

退職の固い意志を伝えて退職届を提出し、退職日をハッキリ決めてきちんと退職を成立させておきましょう。

会社が手続きを怠っている可能性も

退職の手続きもきっちり済ませ、会社に置いておくものと持って帰るものも全て完全に終わらせたら、あとは基本的に待つだけです。

この状態でまだ離職票が届かないなら、何かの入れ違いか、もしくは会社が手続きを怠っている可能性があります。

ポイント

退職日から10日内に、会社は離職票発行に必要な書類をハローワークに提出しなければなりません。10日経過したら、離職票の状況をハローワークに問い合わせて確認してみて下さい。

まずは会社がハロワに必要書類を提出し、ハロワから会社に離職票が返送され、そして会社から自宅へ離職票が郵送されるという流れです。

なのでまずは会社がハロワに必要書類を提出していること、これが絶対条件になります。ここの確認を取りましょう。

離職票が届かずに10日経過したら動き出そう

ハローワークで確認してもまだの場合

会社は社員の退職日から10日内に、離職票発行に必要な「離職証明書」というものをハローワークに提出しなければなりません。なので最初の目安は退職日から10日後ということになります。

退職日から10日経過しているはずなのに、会社がハローワークに手続きをまだしていなかったら、動き出す合図です。

離職票は必要ないと本人が伝えている場合を除き、会社は離職証明書を10日以内にハローワークに提出しないといけないと雇用保険法で決まっています。

離職票が必要ないと会社に伝える人って、正直あまりいないと思います。でも会社によっては、本人からの催促がないことを、離職票の辞退と勝手に捉える会社もあるんですよね。

会社に連絡できるなら直接催促しよう

形だけでも円満退社できて、まだ会社と連絡が普通に取れるような状態であれば、直接会社へ催促してみましょう。

本人からの催促があって始めて動き出す会社もあります。離職票は要らないと思ってたなどど、トンチンカンなことを言う人もマジでいるので要注意です。

ポイント

一番いいのは退職時に離職票を郵送するようきちんと伝えておくことですね。退職日の当日に郵便局に行き、配達記録を残しつつ手紙で請求するのも効果的です。

退職後に地元に戻るとかもしくは引っ越しするとか、会社と遠く離れる場合もあるかと思います。実際にその時、僕は手紙を出したことがあります。

会社が動かざるを得ない状況になるので、念を入れてすぐに書面で請求するのはかなり効果的ですよ。

退職後、会社からもらっておくべき書類

電話で話したくないとか、会話をしたくないとかなら書面での請求が効果的です。簡単な手紙を出せばOKです。

①離職票
②年金手帳
③源泉徴収票
④雇用保険被保険者証

最低でもこの4つはもらっておくべきですね。郵送で送ってくる会社もありますが、こちらから請求しないと出さない会社もあります。

なので先手を打って「この種類を郵送で送って下さい」と書面で請求しておけば、余計な会話を交わす必要もありません。

それでも離職票が届かない時の裏ワザとは

10日間以内提出ルールの裏側

雇用保険法で定められている会社からハロワへの離職証明書の提出ですが、実は法律で定められているのは、会社からハロワに書類を提出するところまでなんです。ここが法律の甘いところ。

その後、会社から離職者に対して、離職票を必ず交付しなさいとは定められていません。なぜこうも甘いのか不思議ですが・・。

つまりせっかくハロワが会社へ離職票を返送しているのに、実際に会社から離職者に対する送付手続きが遅ければ、それだけ自宅へ届くのが遅くなってしまうということです。

変な話、会社で離職票を保管されたままにされても、法律上は問題ないということになってしまうんです。

ということは、変な話、嫌がらせされ放題の可能性も出てきます・・。これはマズいですよね。

ハロワが既に会社へ離職票を返送している場合

退職後、約2週間くらい経過してハロワに状況を問い合わせてみた時、もう既に手続き済みであることが確認できたと仮定します。

離職証明書がハロワに届いており、ハロワも会社へ離職票を返送済みと確認が取れた場合、ここで理論上可能な裏ワザ(自己責任で)が1つあります。

ポイント

会社からもらった「離職票を失くした」とハロワで言えば、その場で再発行してもらい受け取ることができます。ハロワからすれば、会社に送ったものを本人に再度渡すだけなので。

*もちろんあくまで自己責任です。
あくまで自己責任ですが、会社から離職票を届くまでのタイムラグを、理論上は短縮できます。

で実際にこれで再発行してもらえますが、全ての場合で成功するとは言えないし、自己責任でお願いします。

会社(離職証明書)⇒ハロワ(離職票返送)⇒会社(離職票郵送手続き中)⇒本人(離職票到着待ち)この構図を知っておくだけでもかなり違うと思います。

あとハローワークの担当の人と、できるだけ仲良くなっておいた方がいいですね。悪質な会社の場合、ハロワから連絡して注意や指導もしてもらえますので。

早急に手続きを進め、次の動きをできるだけ有利に進めましょう。退職後、まずは離職票が最優先事項です。

【ハロートレーニングとは】給付を受けつつ資格とスキルを得られる職業訓練仕事を探して働こうとする全ての人が無料で受けられる制度、それがハロートレーニングです。以前は「公共職業訓練」や「求職者支援訓練」という言い方をしていました。ハロートレーニングでは無料でスキルを得られ、さらに失業保険の基本手当や受講手当ももらえます。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST