ブラック企業

残業続きなら失業保険はすぐ給付される?会社都合退職と同じ待遇になる条件とは

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。失業保険についての手続きは良く調べて確認しておくべきです。大きな大きな違いが出ますよ。

会社の退職を検討する時に、どうしても気になるのが失業保険です。僕自身これまで何度も転職をしているので、退職後は離職票を持ってハローワークに行って手続きするというのは何度も経験しました。

失業保険はどちらにしても貰えますが、自己都合退職の場合と、会社都合退職の場合で給付の条件が大きく異なります。

転職経験者は知っているかも知れませんが、この違いは退職後の活動に大きく関わってくるかなり重要な話です。

ポイント

もし在職期間中に、残業続きで働きづめだった場合、自己都合であっても3ヶ月間待たずにすぐに失業保険を受け取れる可能性があります。それを証明できるものがあるといいですね。

失業保険は労働者の権利です。サービス残業や残業代未払いなど、不当な扱いに対して泣き寧入りする必要はありません。遠慮なく受け取りましょう。

失業保険とは?自己都合退職と会社都合退職の違い

失業保険を理解しておこう

失業保険とは正確には雇用保険と呼ばれ、雇用保険の「基本手当」のことを一般的に失業保険と呼んでいます。給与所得者であるなら、大半の場合は会社から給与天引きで雇用保険料が引かれていはず。

会社を退職する直前2年間のうち、通算で12ヶ月以上雇用保険に入っていた場合、失業保険を受給することができます。

会社勤めをしている人で、普通に1年以上働いている人なら、退職後に失業保険をもらう資格があるということになります。大半は天引きされているので、ほとんどの人に資格があります。

まずはこれが大原則ですね。
一般的な会社員であればほとんどの人が問題なく受給できます。意外と手厚いですよ。

雇用保険加入期間は通算でも大丈夫

ちなみに、同じ会社で12ヶ月以上なくても大丈夫です。雇用保険加入期間が通算して12ヶ月以上あればOKです。

例えば6ヶ月間A社に勤めて、それから転職してB社で6ヶ月以上働いたとします。その合算で、加入期間が12ヶ月以上あればOKという考え方です。

この場合であれば失業手当の受給資格は、B社を退社した日から過去2年の範囲内で、通算12ヶ月以上が条件となります。

自己都合退職と会社都合退職の違いとは

会社都合退職とは、リストラや倒産など、会社側からの一方的な解雇による場合です。自分の仕事ぶりに重大な違反などがなく、純粋に会社の都合により退職に追い込まれてしまった時ですね。

ポイント

多くの場合は「一身上の都合による」自己都合退職が多いかと思います。会社都合の場合は失業保険がすぐにもらえますが、自己都合の場合は3ヶ月間後にやっと受給できるようになります。

この違いは相当大きいですね。
3ヶ月間無収入か、すぐに給付されるかの違いです。

これがある一定の条件を満たしていた場合は、3ヶ月間の待期期間なしで受給できる可能性があるのです。下記で詳しく解説していきますね。

もちろんブラック企業じゃなくてもOK

失業保険は権利

悪質であからさまなブラック企業じゃなかったとしても、最近は一般の企業や上場企業だって残業は多くなっています。失業保険は労働者の権利なので、雇用保険がある以上どんな会社でも同じです。

ブラック企業なら余計に違法な残業を強要している可能性が高いですね。相手がブラックだからって関係ありません。遠慮せず有給もしっかり使い切って退職しましょう。

まずは離職票をもらおう

まずは離職票をすぐに出すよう会社に要請しましょう。ブラック企業みたいな会社の場合は退所後の手続きも非常に遅いです。離職票をなかなか出さない場合はすぐにハローワークに言いましょう。

10日~2週間待っても届かない場合は雇用保険法違反になるので、自分で会社に警告するかハローワークから法律違反だと会社に指導してもらいましょう。

残業時間で受給条件が変わる!

優遇される特定受給資格者

リストラや倒産や事業所の廃止など、会社都合でやむを得ず退職になる場合は基本的に自己都合退職よりも大幅に受給条件が良いです。これは国としても労働者を守るための施策として当然ですね。

しかしリストラや倒産や事業所の廃止以外の離職理由であっても、会社都合と同じ待遇を受けられる場合があります。それが特定受給資格者です。

残業時間の条件

「特定理由離職者」と「特定受給資格者」の2つがありますが、特定理由離職者の場合は離職理由によるので一概には言い切れません。

特定理由離職者の詳細はハローワークのHPより項目をご確認下さい。

最も分かりやすいのは「特定受給資格者」です。こちらは残業時間が明確に指定されているので、全ての人が覚えておいた方がいい条件になります。

特定受給資格者

退職前6ヶ月間の間に
①3ヶ月連続で45時間以上の残業
②1ヶ月間で100時間以上の残業
③2ヶ月で平均80時間以上の残業
をしていた場合。

この場合はなんと「特定受給資格者」として、会社都合と同じ待遇で失業給付を受けられるのです。

3ヶ月間待たなくていい

月に100時間残業はなかなか残業多めですが、3ヶ月連続で45時間以上の残業であればかなり多くの人に当てはまるのではないでしょうか。3ヶ月間待たずに給付を受けられるのはかなり大きいですよね。

僕なんか当時は会社からの辞めさせない工作がかなり激しく、まず正常に辞めることが目的になっていたのでここまで考える余裕がありませんでした。今思えばすごくもったいないですね・・。

思っているより優遇されている

安心して受け取っていい

真面目にコツコツ頑張っているのに、残業代未払いや失業保険などで不遇な思いをする必要はどこにもありません。残業代も失業保険も働いているんだから当然のことです。

失業保険もですが制度は思っているよりも優遇されています。会社都合と自己都合で会社が負担する金額が変わるわけでもないし、離職票の離職理由は会社には関係ないことなので安心して受け取りましょう。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST