仕事と働き方

職場でストレスを感じる時の対処法【仕事を辞めたいと思ったら】

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では職場でストレスを感じる時の対処法についてまとめました。

「職場のストレスが大きくて・・」
これはたくさんの人が抱えている悩みですね。
特に僕は社畜だったので、仕事のストレスはかなりひどかったです。

でも職場のストレスは、別に社畜じゃなくてもブラック企業じゃなくても、どんな人にでもあることですよね。

これまで大企業からブラック企業まで様々な職場を経験してきましたが、職場でのストレス回避法についての結論が見えてきました。

ポイント

ブラック上司、パワハラセクハラ、長時間残業、多すぎる仕事量、変な飲み会などなど、職場でのストレスは多いです。だけどそんな古臭い体質の会社は時代についていけず必ず淘汰されます。

事実、僕がいたブラック企業も見事に消えてなくなりました。あまりに古臭い体質の会社はいずれ消えますが、現時点でストレスに悩まされているという人にも参考になる考え方だと思います。

自分で対処できるストレスと、自分ではどうしようもないストレスがあります。それぞれの対処法について解説します。

職場でのストレスは決して無視するべきじゃない

まずは職場でのストレス原因を探る

職場で多大なストレスを感じるにも関わらず、それでも我慢して仕事を続ける事ばかりが良い選択とは限りません。対処できそうなストレスもあれば、自分ではどうしようもコントロールできないことだってあります。

人生の大半の時間は仕事に費やします。まずは自分が感じているストレスの原因から探りましょう。

職場でありがちなストレス例

・仕事量が多い
・仕事時間が長すぎる
・上司からの要求が過大
・有り得ないほどのノルマ

・必要以上に叱責される
・給料が少なすぎる
・合わない人との人間関係
・パワハラ、セクハラ、いじめ
・望んでいない昇格、降格

よくある例としては上記のよう感じですね。多くの人が少なくとも1~2つは当てはまるでしょう。(当時の僕は全てありました・・)

自分が感じているストレスの中に、自分で解決できそうなものと自分ではどうしようもないものとあるはずです。自分で解決できそうな簡単なものは、できるだけ回避しましょう。

職場の人と無意味に仲良くしない

まず僕がお勧めなストレス回避方の一つとして、職場の人と無意味に仲良くしないという方法があります。適度な距離感というのはかなり重要ですね。

むしろ適度どころか、無用なコミュニケーションはほぼ取る必要はないと思います。仲の良さと仕事の進捗はなにも比例しないので、仕事のやりやすさに影響するわけでもありません。

大企業で多くの社員がいるオフィスでも働いていましたが、不要なコミュニケーションを避けたことでの悪影響は一切ありませんでした。管理職もやれていたので、特に問題ないと思います。

人間関係という無駄なストレスを避けるには「淡々」と仕事をするのがお勧めです。別に学校じゃないですし、仲良くするメリットの方が少ないです。

職場では過度に期待されない人になろう

これは結構重要ですね。職場で周囲から期待される存在になると、どうしてもストレスを受けやすくなってしまいます。

最初は意気込んで仕事をしていも、ストレスで倒れたら元も子もありませんからね。期待されないくらいがちょうど良いですよ。

ポイント

変に頑張って、部下からも上司からも期待されるポジションに就いて大失敗した僕がいい例です。中間管理職くらいになるとストレスが半端じゃないです。消耗してボロボロになりました。

あまり周囲の期待を受けるポジションに就くと「過大なストレス」で潰れてしまう可能背があります。

そこで一度作潰れるとこれまで頑張った分がまたゼロになるので、とても効率悪いです。

ストレスを避けて効率よく生きるなら、期待されないくらいのポジションに落ち着いている方がトータルでお得です。

仕事で期待されてもシンドイだけなので期待されない社会人を目指そう仕事で上司や部下に期待されると「正直しんどいな」と感じてしまうことってありますよね。期待される社会人を続けると、確実に消耗します。期待は「重荷」になることがほとんどです。社会人はスルースキル高めの生き方が、結果として人生安定しますよ。淡々と定時退社できるくらい、ユルく過ごすことをお勧めします。...

自分じゃどうしようもい職場のストレスもある

最大のストレスは上司を選べないというリスク

会社員にとって最大のリスクは「上司を選べない」ということです。どれだけ仕事ができて優秀な人でも、無能な上司に潰されるということはよくある話だからです。

会社員にとって上司の存在は運ゲーです。ここが最大のリスクですね。他人は変えることができません。

ポイント

職場で自分の権利ばかり主張する人は問題だけど、全て引き受けて何でもYESと言うのはもっと問題。質の良い仕事のために「断る」ことも重要。8時間しっかり仕事してまだ足りないのは、そもそもビジネスが下手な会社かマネジメントできていない上司が問題です。

本当は早く帰れるのに、上司のせいで余計な仕事が増えたり、いつまでも残業しないといけないとかよくありますね。責任だけ部下に押し付けてくる人もいます。

無能上司は自分の力で変える事ができません。我慢して頑張れるレベルなのかどうか、この辺りで判断が分かれそうです。

良いストレス・悪いストレスを見極める

多くの人が仕事を通じて良いストレス・悪いストレスを相互に感じているはずです。人によって違うのはその割合ですね。

自分が感じるストレスの原因を分析し、自分で対処できそうなものと、不可抗力のものとに分けます。残業代が全く出ないとか、自分ではどうしようもないパワハラやセクハラが原因の場合は、そこで無理する必要は全くありません。

日本人は今でもまだまだ勤勉な人種なので、真面目に頑張る人が多いですね。でも心と身体が辛いなら、無理はよくありません。

僕は思い切って会社員を辞めましたが、何とか生きられています。この世の中、選択肢は無限大です。

効果的なストレスの見極め方

職場でのストレスは2種類に分けて考えて、不可抗力の方が大きければ早く逃げた方がいいですね。多少のプレッシャーを新しい仕事への挑戦と考えられるなら良いストレス。逆に残業代が1円も出ないとか、セクハラが酷いとか、毎日誰かが泣いてるとか、さすがに環境が悪すぎです。

本来の職場という所は、前向きに仕事に向かう場所なので良いストレスだけでいいはずです。理不尽なストレスは決して「自己責任」ではありません。遠慮せず逃げましょう。

心と身体が対応できない時は要注意

仕事をしている以上は「ストレスゼロ」ということはさすがにないと思います。ただその中で、良いストレスと悪いストレスに分けることはできるはずです。

それが自分の力で対応できる範囲であったり、プレッシャーを新しい仕事へのチャレンジなどとして、自分の中で前向きに受け止めている場合などは良いストレスと言えるでしょう。

逆にストレスが多きすぎて、自分の心と身体が対応できない時は要注意です。

不眠や謎の体調不良など、明らかに体から危険信号が出ている場合は悪いストレスだと判断しましょう。

職場のストレスからはどんどん逃げた方がいい

絶対に無理をしないこと

「ここでどう頑張っても潰れるだけだ・・」

というような絶望的な状況に追い込まれるくらい、今の職場でのストレスが大きいなら早めに見切りをつけましょう。

普通にちゃんと仕事をしているのであれば、職場のストレスに関してあまり自分で責任を感じる必要はないですね。自分を追い込むとそれがまたストレスになるので、悪循環です。

普通に淡々と仕事をこなしていて、それでも外部からストレスを受けるようなら環境が悪い可能性大です。不毛な環境にしがみついても人生消耗するだけです。こちらから捨ててしまいましょう。

我慢が人生を狂わす!成長できない環境はさっさと切り捨てよう競い合える仲間や同僚、尊敬できる上司、凄腕社長、多くの刺激と競争で日々自分が生き生きと頑張れる環境なら言うことはないです。しかし多くの会社では、成長どころか求められるのは自己犠牲です。自分がそこに与えることはたくさんあるかもしれません。しかし、そこで自分が得られる事は本当にあるのでしょうか・・。...
ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST