人生・仕事に役立つ話 仕事と働き方

【職場で合わない人】そのストレスは「ドライな関係性」で解決しよう

悩み中の人
職場で合わない人って絶対いるよな・・。どうやって解決すればいいんだろう。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 合わない人への対処法
  • ドライな関係が正解の理由
  • 職場における2枚のピザ理論

職場の人間関係ストレス。
会社で仕事をする上で、誰もが避けられない課題かもしれません。

脱社畜ブロガーひろ
この記事では、職場の人間関係ストレスを感じた時の対処法についてまとめました。

個人の努力には、限界があります

何とか上手くやろうとか、人間関係を改善しようと頑張っても、個人の努力には限界があります。特に人間関係はそうですね。最終的には、どこかで割り切ることが重要になりますよ。

努力で改善できればいいですけどね。
大人数になると、個人の力が及ばない事だって十分あります。

「ドライな関係性」を実践すればストレスは大幅に削減できますが、少人数の職場でも悩みが続くような場合は、もはや環境が悪いですね。

この辺りを本記事で解説します。
無用なストレスは、できるだけ避けていきましょう。

職場で合わない人のストレスが「上司」の場合

有能上司なら、頑張る価値あり

上司がデキる人なら、頑張る価値ありです。
その上司がすごく仕事ができて、自分に吸収できるものがありそうなら、まだ頑張る価値はあります。

あの上司とは合わない。
でも悔しいけど、仕事はデキるんだよな・・。

仕事で見返してみよう

悔しいけど、あの人は仕事がデキる。
こんな感情なら、圧倒的な成果を残すまで頑張ってみましょう。上司の態度が急変するかもですよ。

本気度を試されているのかもしれません。
相手がデキる人なら、結果で見返してみましょう。

無能上司なら「逃げる」

これが一番不幸かもですね。
自分の上司があまりにも無能上司なら、もはや逃げるしか選択肢はありません。

仕事の幸福度は、上司によって半分以上決まるからです。

ポンコツ上司なら「損切り」しよう

どんなに自分が頑張って、どんなに良い成績を残したとしても、無能上司に潰されるという例はいくらでもあります。

もうこれは「運」です。
ダメ上司は変わりませんから。

無能上司の下で頑張っても、人生消耗するだけ。合うとか合わない以前に、早く逃げ出しましょう。

逃げた方がいい上司の特徴

  • パワハラ気味
  • 責任転嫁ばかりしている
  • 派閥に巻き込もうとする
  • 自分のミスは絶対認めない
  • 否定しかしてこない

こんな人、実際いますからね。
合うとか合わない以前に、上司に恵まれなかったと諦めて、すぐ逃げ出しましょう。

そのまま頑張っても、人生消耗です。

こちらもCHECK

【我慢が人生を狂わす】成長できない環境は、迷わずに切り捨てよう

続きを見る

職場で合わない人のストレスが「同じ部署の人」の場合

合わない人とは合わない

改善しようとすると、疲れます。
何とか上手くやれないかなとか、何とか仲良くできないかなとか、そもそも考える必要ないんですよ。

結局、今後も合うことはありません。

改善する必要なし

合わない人とは結局「平行線」のままなので、改善しようと試みるだけ消耗です。会話も仕事も合わない人って、もう無理ですよ。

唯一例外があります。
それは「人見知り」で話をしてなかっただけ、の場合ですね。

実際話してみたら、全然大丈夫だった。
この場合なら、今後も良いお付き合いできそうですね。

職場の人間関係は「ドライ」が正解

そもそも、仲良くするがまず不要です。
職場の人とは仲良くするメリットがないし、ベタベタするような関係って全く要りません。

職場の人間関係は、最低限のコミュニケーションがあればもう十分です

仕事の結果に影響しません

必要最低限の交流だけでも、仕事は問題なく進みます。仕事を円滑に進めるためにも、職場でのコミュニーションが大事だとよく言われますが、的外れです。仕事の結果には、何ら影響しません。

生産性の高い職場は、わりとドライですよ。
静かで淡々としています。

適切な距離感を保ちつつ、無駄を省いて仕事をしていると、プライバシーも確保しながらより快適に働けます。

職場の人と仲良くしないメリット

  • プライバシーを守れる
  • やるべき仕事に集中できる
  • 仕事終わりに飲み会とか行かなくていい
  • 誰かに足を引っ張られなくなる
  • 派閥や人間関係に巻き込まれない

メリットだらけじゃないですか。
職場って、絶対に変な派閥や人間関係がありますから。

そんなものに巻き込まれず自分の仕事に集中できるので、必要以上に慣れ合わないことが重要です。

こちらもCHECK

職場で余計なコミュニケーションは不要な理由【無理に取らなくていい】

続きを見る

10人以上の職場で合わない人がいるのは当たり前

2枚のピザ理論

合わない人がいるのは当たり前。
これはAmazon創業者であるジェフ・ベゾスの考えで、仕事は人数が増えるほど仲間割れしやすくなるというものです。

ジェフ・ベゾスの理論

ピザ2枚で空腹を満たすことができない人数で、チーム編成または会議をしてはならない。

ピザ2枚でまかなえる人数。
つまり、5~8人程度の人数ですね。

10人を超えると仲間割れが起きる、派閥に分かれるなど、チームワークが破綻する可能性が高いということ。

もはや割り切るのみです。
みんな仲良しは、有り得ません。

少人数でも揉めるなら

逆に少人数なら仲良しは有り得ます。
5~8人程度のチームなら、意思疎通も図りやすいので、個人の努力で改善していくことも可能でしょう。

でももし、少人数チームでも揉め事が続くなら・・

仕事自体が合ってない可能性も

連携が取りやすい少人数のチームでもまだゴタゴタがあるなら、そもそも仕事自体が合ってないのかもしれません。環境を変えるのが最適解の場合もあります。

それはもう、環境が悪いですね。
普通なら上手くいくはずですから。

上手くいきやすいはずの「少人数チーム・少人数部署」でもガタガタなら、人間関係リセットした方が早いかもです。

ドライにリセットもありです。
不幸が続くよりは、賢明な選択ですね。

人間関係への期待はやめよう

まずは2枚のピザ理論で考えてみましょう。
ほとんどの職場で当てはまる考え方です。

少人数チームなら「個人の努力」で関係改善の余地もあります。大人数なら、最初から割り切ることですね。

人間関係ストレスへの具体策

  • 圧倒的な成果で認めさせる
  • ドライな関係性を維持する
  • 無理に改善しようとせず割り切る
  • 少人数内のみで連携を深める
  • 損切りして環境を変える

まとめると、この辺りですね。
過度な期待はせず、淡々とがお勧めです。

合わない人とは一生合いません。
無理せず、気にせず、そして時には損切りで解決していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hiro(ひろ)

hiro(ひろ)

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

-人生・仕事に役立つ話, 仕事と働き方

© 2021 元ブラック社畜hiroのブログ