給料が上がらない理由とは?【基本給と手当の闇】交渉よりもやるべき事

悩み中の人

うちの会社全く昇給しない・・。
長く働いているのに、どうして給料が上がらないんだろう?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 会社員の給料が上がらない理由
  • 基本給を上げたがらない会社の闇
  • 今よりも給料をガッツリ上げる方法

給料がなかなか上がらない・・。
おそらく、会社で働くほとんどの人が直面する問題だと思います。
なぜ日本人はこんなに勤勉なのに、なかなか豊かになれないのでしょうか。

大企業でさえ、昇給率はわずか2%程度。
2019年の平均昇給額は、約6千円でした。中小企業だとこれがさらに下がります。

世の中には「基本給だけ」やたら低く、その他手当をたくさん付けることで、総額が多いように見せている会社もあります。

HIRO

自分の給料が「手当」で増え始めたら要注意!それは一時のまやかしにすぎません。

上がらない給料の謎

中小企業も含めると、日本全体の昇給平均額が約6,000円です。日本人は勤勉で、有休もほとんど使わず、真面目に働いていまですが・・。大企業でさえ、昇給額はわずか飲み会1回分くらいです。

基本給は特に上がりません。
昇進や昇格、諸手当、資格の取得など、付随する形で給料が上がることはあっても、最も大事な基本給が上がらないんですよね。

悩み中の人

まあ手当でも増えれば嬉しいけどね。総額アップに変わりないけど、「基本給」ってそんなに大事なの?

HIRO

めちゃめちゃ大事ですよ。会社員であれば、必ず最重要視しておかないといけないのが基本給です。

手当が多くて嬉しい!と思うのは大間違いで、実に巧妙なカラクリになっているんですよね。要注意なんです。

給料は必ず「基本給」に注目しましょう。
基本給が最も重要なその理由と、給料アップの方法について解説します。

もくじ

給料が上がらない理由は「基本給」にあります

上がらない基本給と増える手当

給料明細に必ずあるのが「~手当」です。
誰が考え出したのか分かりませんが、まあこの世には、数えきれないくらいたくさんの手当てが存在していますよね。

家族手当、役職手当、住宅手当、資格手当、時間外手当などなど・・。何かしらの手当てが必ず明細に記載されているはずです。

手当は会社に都合が良い

この「~手当」ですが、会社に有利なカラクリが隠れていることをご存知でしょうか。実は会社にとってめちゃめちゃ有利で、従業員にとってはめちゃくちゃ不利な支払われ方なんです。

額面全体を見るので、気付きにくいんです。
トータルで見てそこそこ支払われているように感じるため、ここは確かになかなか気付きにくいかもしれません。

なぜ「手当」は会社に有利か?

会社は~手当が大好き。
もちろん、それには明確な理由があります。

「~手当」は、ボーナスや残業代や退職金にも反映されないので、会社にとって有利な「見せかけの額面」なんです。

基本給は会社の負担が大きい

会社としては、できるだけ社員に給料を払いたくないわけです。そのため、負担の少ない手当が連発されています。基本給を上げると、それに付随してボーナスや残業代や退職金も増えるからです。

だから会社は手当で何とかしようとします。
でも本当は基本給から上げてもらわないと、従業員は大損なんです。

悩み中の人

えぇ・・だから基本給は低いのか。住宅手当とか家族手当とか、これじゃまるで搾取じゃないか。

HIRO

全てが搾取ではないですけどね。でも資本主義のカラクリは知っておいた方がよさそうですよ。

基本給が上がらないと無意味

会社って、頭良いですよね。
いかに支払い総額が少なくてすむか、考え抜いた結果が「手当」です。資本家はやはり、よく考えている。

会社員の場合、本来の労働価値は「基本給」で決まります。手当ばかりが増えてきたら、要注意です。

基本給が上がらない時、会社からもらう手当よりも、会社へ差し出す「犠牲」の方が多くなります。手当とは、労使対等のバランスが崩れはじめるサインみたいなものです。

役職手当とかもおかしいんですよ。
必ずと言っていいほど手当で支払われるのは、こういったカラクリのせいだったんです。

働いても、働かなくても給料は上がらない??

倍売り上げても上がらない給料の謎

営業経験者は、特に分かりますよね。
前月の倍売り上げても、昨対で倍にしても、給料って倍にならないです。歩合が多少増える、くらいはあるかもですが・・。

非常に残念で悲しい話ですが、僕も営業をやっていたので経験済みです。これが会社というものなんです。

会社の利益は、分配されない

非常に残念な事実として、会社では成果をいくら上げても、給料は上がりません。なぜなら日本の多くの会社では、そもそも利益を均等分配する仕組みになっていないからです。

だから倍売り上げても、給料は倍にならない。
多くは「必要経費方式」で支払われるからです。

このままだと給料は減り続ける

出展元:年収ラボ

日本人の給料はずっと右肩下がり。
サラリーマンの平均年収のピークは、消費税率が5%になった平成9年、1997年でした。

1997年はサラリーマンの平均年収467万円と、過去最高額でした。そして平成20年にリーマンショックの影響を受けてからは、令和になった今でも、回復する見込みがずっとありません。

ピーク時までの回復は、もうないでしょうね。
だからこそ、これから先は、自分達でどんどん動いていかないといけません。

このままだと、給料は減り続けます。
今まさに働き方を見直す時が来ています。

日本の会社の給料は「生活給」

日本ではもともと「賃金は労働者の家族も含めた生活を賄うもの」という考え方で、給料が支払われていました。「生活給(家族給)」という考え方で、戦後とかそのくらい前の話ですね。

つまり多くの日本企業では、給料は「生活に必要なお金」しかもらえない仕組みになっているんです。会社員の給料は、生活給(家族給)だから。

稼ぎたい人には不向き

日本の会社は多くの従業員により、会社を維持・存続させることが目的です。利益が出ても分配されにくいので、たくさん稼ぎたい人には、そもそも会社員は不向きなのです。

これが日本の会社の仕組み。
互いに助け合う「相互扶助」の意味もあるので、決してこれが全て悪いとも言い切れないんですけどね。

悩み中の人

う~ん、確かに会社は多くの従業員で「安定」を分け合っているのかも。それも分からないではないけど・・。

HIRO

それにしても会社員の平均給与は右肩下がりですからね。じゃあここからどうしよう?ですよね。

上がらない給料をガッツリ上げる方法3選

社内評価よりも市場評価を上げる

自分の給料を確実に上げある方法。
それは何よりまず「市場価値を上げる」ということです。

会社が自分の代わりを準備しようと思ったら、とても高くつく状態。とか、転職市場で高い金額を提示される状態、のことですね。

これから目指す働き方

  • ①社内評価が低く、市場評価も低い
  • ②社内評価が高く、市場評価は低い
  • ③社内評価は低く、市場評価は高い
  • ④社内評価が高く、市場評価も高い

正解は③です。
もし④ができれば最高ですが、相当に優秀であるか、もしくは超絶多忙になる可能性が高いですね。

最近は④が多いですよ。
社内評価は無視し、自分の市場評価にフォーカスしている人が稼いでいる傾向です。

副業を始めて自分で稼ぐ

もはや副業は必須じゃないですかね。
残業代も削減される世の中で、早く自宅に帰れるようになっているので、ある意味チャンスでもあります。

リモートワークも進み、通勤時間も減っています。空いた時間が増えている今、副業を始める絶好のチャンスじゃないですか。

生活力をつけよう

まさか今さら副業禁止の会社とかなら、ぶっちゃけた話、会社を変えた方がいいくらいです・・。 会社では割り切って働いて定時退社。あとは自宅で副業を始めた方が、よっぽど稼げたりします。

今はどう考えても、IT系で副業ですね。
ブログやYouTubeはもちろん最適。

Webライターとかもいいですね。もう少し頑張って、エンジニア系やプログラミング系なんかも最適です。

成長業界(IT系)へ転職する

そもそもですが、今、成長業界で働いていますか?
もし今衰退しつつある業界で働いているならば、苦しい働き方から抜け出せる可能性は、限りなく低いです。

今はどう考えても、成長業界であるテクノロジー系で働くいた方が、ガッツリ給料アップする可能性は飛躍的に高いです。

ITスキルは、自分を救う

給料が高く、これから伸び続けるのはIT業界ですね。事実として、日本のお金持ちの大半はIT企業の経営者であり、世界のトップ企業の大半はIT企業です。

しかもIT系は「副業OKの会社」が多い。
スキルアップして副業もできれば、もはや鬼に金棒じゃないですかね。

悩み中の人

でもIT系って未経験には難しそう。
転職したとして、仕事すぐに覚えられるかな?

HIRO

会社って基本的に「仕組み化」されてるじゃないですか。だからIT系って言っても、入って仕事しときゃ普通に覚えますよ。

成長業界に強い転職エージェント3選

IT系はさらに「市場価値」も高めやすい。
無料で学べるスクール感覚で働いて、給料をもらいつつ同時にスキルアップすればOKです。

衰退業界で働くのはキツいですよね。
苦しみ続けるくらいなら、今すぐ行動することをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる