仕事と働き方

会社員の給料が上がらない理由と「~手当」の闇!給料アップの方法とは

脱社畜ブロガーひろ
脱社畜に成功したひろです。自分の給料が「~手当」で増え始めたら要注意!それは一時のまやかしにすぎません。

 

給料がなかなか上がらない・・。
おそらく、会社で働くほとんどの人が直面する問題だと思います。
なぜ日本人はこんなに勤勉なのに、なかなか豊かになれないのでしょうか。

 

僕自身もブラック企業から一部上場企業まで、色んな会社で働いてきました。多少の違いこそあるものの、基本的に会社の構造はどこも変わらない気がします。

 

大企業でさえ昇給率は2%程度、2019年の平均は6,199円でした。中小企業だとこれがさらに下がります。

 

上がらない給料

中小企業も含めると、日本全体の昇給平均額が約6,000円です。みんな頑張って働いていると思うんですけどね。大企業でさえ昇給額は、わずか飲み会1回分って感じですね。

 

中でも「基本給」が特に上がりません。
昇進や昇格、諸手当、資格の取得など、付随する形で給料が上がることはあっても、最も大事な基本給が上がらないんですよね。

 

悩み中の人
まあ各種手当とかでも、増えれば嬉しいけどね。手当でも総額アップに変わりないと思うんだけど、「基本給」ってそんなに大事なの?
脱社畜ブロガーひろ
めちゃめちゃ大事ですよ。会社員であれば、必ず最重要視しておかないといけないのが基本給です。

 

世の中には「基本給だけ」やたら低く、その他手当をたくさん付けることで、総額が多いように見せている会社もあります。

 

手当が多くて嬉しい!と思うのは大間違いで、実に巧妙なカラクリになっているんですよね。要注意なんです。

 

給料は必ず「基本給」に注目しましょう。
基本給が最も重要なその理由と、給料アップの方法について解説します。

 

給料は額面ではなく「基本給」に注目すべき理由

その額面に騙されないで下さい

給料明細に必ずあるのが「~手当」です。
誰が考え出したのか分かりませんが、まあこの世には、数えきれないくらいたくさんの手当てが存在していますよね。

 

家族手当、役職手当、住宅手当、資格手当、時間外手当などなど・・。何かしらの手当てが必ず明細に記載されているはずです。

 

メモ

この「~手当」ですが、会社に有利なカラクリが隠れていることをご存知でしょうか。実は会社にとってめちゃめちゃ有利で、従業員にとってはめちゃくちゃ不利な支払われ方なんです。

 

額面全体を見るので、気付きにくいんです。
トータルで見てそこそこ支払われているように感じるため、ここは確かになかなか気付きにくいかもしれません。

 

なぜ「~手当」は会社に有利なのか?

トータルがある程度の額なら、それが「基本給」でも「手当」でも気にしない人がほとんど。でも実は・・

 

「~手当」は、ボーナスや残業代や退職金にも反映されないので、会社に超有利な「見せかけの額面」なんです。

 

社員には大損な話

会社としては、できるだけ社員に給料を払いたくないわけです。そのため、負担の少ない手当が連発されているんですね。基本給を上げると、それに付随したボーナスや残業代や退職金も増えますからね。

 

本当の「トータル」で考えると、実は従業員が受け取る総額は全く異なる、ということが分かりますよね。~手当でもらうより、基本給でもらわないと従業員は大損なんですよ。

 

悩み中の人
ぐぬぬ・・なんだと!
住宅手当とか家族手当とか、名前はアットホームな雰囲気なのに、これじゃまるで搾取じゃないか。
脱社畜ブロガーひろ
悪意の有無は会社によるので、全てが搾取とは言えないですけどね。でも資本主義の原理として、カラクリは知っておいた方がよさそうです。

 

労働価値を決めるのは常に「基本給」

会社って、頭良いですよね。
いかに支払い総額が少なくてすむか、考え抜いた結果が「~手当」です。資本家はやはり、よく考えている。

 

会社員の場合、本来の労働価値は「基本給」で決まります。手当ばかりが増えてきたら、要注意です。

 

メモ

基本給が上がらない時、会社からもらう手当よりも、会社へ差し出す「犠牲」の方が多くなります。手当とは、労使対等のバランスが崩れはじめるサインみたいなものです。

 

例えば、役職手当とかもおかしいですよね。
シンプルに基本給から上げてくれればいいじゃないですか、仕事はするんだから。

 

その分働くわけですからね。
でも必ずと言っていいほど手当で支払われるのは、こういったカラクリのせいだったんですね。

 

働いても、働かなくても給料は増えない??

倍売り上げても、倍にならない給料の謎

営業をしたことがある人なら経験あると思いますが、前月の倍売り上げても、昨対で売上を倍にしても、給料って倍にならないですよね。歩合が多少増える、くらいはあるかもですが・・。

 

非常に残念で悲しい話ですが、僕も営業をやっていたので経験済みです。これが会社というものなんです。

 

メモ

非常に残念な事実として、会社では成果をいくら上げても給料は上がりません。なぜなら日本の多くの会社では、利益を均等分配する仕組みになっていないからです。

 

利益が出たら出た分だけ、均等に分配する仕組みになっていれば、売上を増やした分だけの給料が上がるはずですよね。

 

でも倍売り上げても、給料は倍にならない。
僕自身、もっと早くここに疑問を持つべきでした。さんざんブラック企業に搾取されてから、やっと気づき始めたんですよね。

 

給料はあくまで「生活給」でしかない

日本ではもともと「賃金は労働者の家族も含めた生活を賄うもの」という考え方で、給料が支払われていました。「生活給(家族給)」という考え方で、戦後とかそのくらい前の話ですね。

 

つまり多くの日本企業では、給料は「生活に必要なお金」しかもらえない仕組みになっているんです。会社員の給料は生活給(家族給)だから。

 

もらえない仕組み

日本の会社は多くの従業員により、会社を維持・存続させることが目的です。利益が出ても分配されにくいので、たくさん稼ぎたい人には、そもそも会社員は不向きなのです。

 

これは日本人の良い所でもあります。
互いに助け合い、協力するという「相互扶助」の観点もあるので、決してこれが全て悪いとも言い切れないんですね。

 

悩み中の人
う~ん、確かに会社は多くの従業員で、互いにリスク分散することで「安定」を分け合っているのかも。それも分からないではないけど・・。
脱社畜ブロガーひろ
分からないではないけど、にしても会社員の平均給与は右肩下がりですからね。じゃあここからどうしよう?ですよね。

 

今よりも給料をガッツリ上げる方法3選

自己価値を上げて会社より強い立場になる

自分の給料を今より上げるには、最近よく耳にする「市場価値を上げる」ということがまず言えますね。まあこれはもう当たり前なので、言わずもがなという感じもしますけど。

 

会社が自分の代わりを準備しようと思ったら、とても高くつく状態。とか、転職市場で高い金額を提示される状態、のことですね。

 

メモ

悲しい事実ですが「給料の低い人」=「交換可能な人材」である場合が多いです。自分が辞めても、会社や組織がなんの問題もなく存続するなら、給料は上がりにくいですよね。

 

高いスキルを身に付けて、会社と交渉できるくらいになれば、今よりガッツリ給料を出させることができるはず。もちろん、基本給から大幅アップですね。

 

会社への期待を捨てて副業を始める

最近は働き方改革も進んでますよね。
残業代も削減される世の中で、早く自宅に帰れるようになっているので、ある意味チャンスでもあります。

 

リモートワークも進み、通勤時間も減っています。空いた時間が増えている今、副業を始める絶好のチャンスでもあります。

 

生活力をつけよう

ここまできて、今さら副業禁止の会社とかなら、あまり将来性もないですね。会社は社会保険を維持する場と割り切り、自宅で副業を始めた方がよっぽど稼げたりします。

 

何の副業すればいいか分からない・・。
という人も、中にはいるかもしれません。
今はどう考えてもIT系で副業するしかないですよ。

 

ブログやYouTubeはもちろん、Webライターなんかもいいですよ。もう少し頑張って、エンジニア系やプログラミング系なんかも最適です。

 

成長業界(IT系)へ転職する

IT系がサッパリと言う人や、エンジニアやプログラマーに興味があるという人は、思い切って転職もいいですね。働きながら、給料をもらいつつ、スキルアップできますからね。

 

今もし衰退市場、衰退業界でそのまま働いたとして、ガッツリ給料が上がる可能性って限りなく低くないですか?

 

それはもう自分で感じるはずです。
どうせなら、成長業界であるテクノロジー系で働くいた方が、ガッツリ給料アップする可能性は飛躍的に高いです。

 

メモ

給料が高く、これから伸び続けるのはIT業界ですね。事実として、日本のお金持ちの大半はIT企業の経営者であり、世界のトップ企業の大半はIT企業です。

 

しかもIT系は「副業OKの会社」が多いです。
スキルアップして副業もできれば、もはや鬼に金棒じゃないですかね。

 

悩み中の人
つまりスキルも無ければ、給料も上がるはずないってことか。スキルアップしたいけど、IT系って未経験でもできるものなの?
脱社畜ブロガーひろ
会社って基本的に「仕組み化」されてるじゃないですか。だからIT系って言っても、入って仕事しときゃ普通に覚えますよ。

 

「市場価値」を高めやすいのはIT系です。
会社と給与交渉できるくらいのスキルがなければ、上がらない給料で疲弊するだ
かもしれません。

 

衰退業界で働くのはキツいですよね。
苦しみ続けるくらいなら、今すぐ行動することをお勧めします。

ホワイト転職に強いおすすめの転職エージェント3選

  1. ウズキャリ
    ブラック企業を徹底排除した転職エージェントです。
  2. マイナビエージェント
    最大級の転職サイト。大手のため案件が豊富です。
  3. マイナビクリエイター
    Web職・ゲーム業界に転職意欲のある人にお勧め。

-仕事と働き方

© 2020 元ブラック社畜hiroのブログ