仕事と働き方

バリスタFIREをお手本にこの先の「新しい働き方」を確立しよう

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事ではアーリーリタイアの方法と、この先の新しい働き方についてまとめました。

今、FIREムーブメント(Financial Independence, Retire Early)と呼ばれる「超早期退職」の動きが海外で流行中です。これまでのアーリーリタイアよりも、さらに早い退職生活です。

FIREムーブメントの特徴はリタイアする年齢がとにかく若い「超早期リタイア」であること。20代、30代で退職し、後は自由な生活を送るスタイルです。

もともとお金持ちだったとか、裕福な家庭に生まれているとか、そんな特別な条件があるわけではありません。

なぜそんなことが可能なのか、そしてどうすればそんな生活ができるのか?FIREムーブメントを深堀りしていくと、これから先の新しい価値観と「新しい働き方」が見えてきました。

FIREムーブメントの実態とは?

経済的に独立して30歳でリタイア

FIREムーブメントの火付け役となったのが、経済的に独立して、30歳という若さでリタイアしたPete Adeney(ピート・アデニー)さんです。30歳でリタイアは、日本だと異常な早さですね。

車も持たず、3人家族で年2万4000ドル(約270万円)で生きていく人生設計を立て、2300万円の家と6500万円が貯まったところで会社を退職。

ポイント

最初からこの計画で、共働きで鬼貯金したようです。3人家族で年間2万4000ドル(約270万円)で生きていくというのは、あくせく働くよりも、つつましくとも自由な暮らしを選択した結果ですね。

さらに彼は、FIRE生活の経験をブログ(Mr. Money Mustache)で広めたら、ブログ収入で儲かるようになってしまいました。もはや最強です。

もともとは貯めこんでいたお金の中から、運用による利回り4%を生活費に充てて生きていく計画でした。

結局はブログ(ネット)で稼いでいる

もともと運用のお金だけで生きていく予定だったのが、さらにブログという「おまけ」までついて、もはや言うことはありません。労働のサイクルから完全に抜け出したので、これで人生「上がり」です。

彼がやっている投資やブログのように、「自分で働いて稼ぐ」のではなく「自分以外が働いて稼ぐ」状態になれれば最強です。努力するのなら、会社の仕事ではなくここを頑張るべきですね。

*30歳までに7,000万円近くの貯金は現実的になかなか厳しいですが、ブログなど自分の分身をネット上にたくさん作ると、FIRE生活も夢ではなくなります。

FIRE生活までの具体的方法

FIREムーブメントは「超倹約主義で生きていく」ということだけではありません。投資やネット収入を得ることで、生活レベルを落とさずリタイアしている人もいます。

Lean FIRE

リタイア後も極端に節約をする人、生活費をとにかく極限に抑えてFIRE生活をする人のこと。「超倹約主義」の生き方です。

Fat FIRE

ピート・アデニーさんのように、まずはFIRE生活をする前に十分な貯蓄を準備。その後は投資やブログなどから収益を得て、なるべく生活レベルを落とさずにFIRE生活をする人。

バリスタFIRE

フルタイムの仕事は引退したけれど、健康保険のためにスターバックス等でパートタイマーとして軽めに働く人。バリスタしながらとは、欧米らしい発想です。

最も現実的で叶えやすいバリスタFIRE

まずは固定費を減らすことから

Lean FIREのように「超倹約主義」も悪くはないですが、できれば余裕のある生活がしたいですよね。とは言え、日本の賃貸マンションの家賃は高すぎるので、できるだけ固定費を減らすことはやっていた方がいいです。

都会で正社員として1人暮らしで働いていた場合、東京だと1ルームの家賃だけで毎月6~8万円というお金が消えていきます。疲れて帰って寝るだけなので、さすがに高すぎです。

FIRE生活をするなら都会は向いてないですね。この働き方だと貯金もほぼ不可能なので、なかなかの無理ゲーです。

家賃の低い地域に移住するか、シェアハウス等にするか、まず家賃は圧倒的に減らすのがお勧めです。

田舎に住み、非正規で働く

田舎と言っても、まずは「郊外」ということを考えれば、都会のど真ん中に住んでいる時と比べても、さほど不便はないはずです。

ポイント

大阪でも月3万円から借りることができる地域もあれば、家賃が安いと言われる札幌市内でも2万円~3万円で借りられる物件もあります。京都や東京は家賃が異常に高いので、普通の仕事だとかなりハードモードです。

家賃の低い地域で働き固定を徹底して抑えること、もっと言うと実家なら最強ですね。

そして正社員だと、なかなか自分の時間を確保するのが難しいです。毎日5時に帰っても何も言われないホワイトな職場でもあれば別ですが、今時そんなところはなかなかないでしょう。

軽めに働き、副業を頑張る

スターバックス等でパートタイマーとして軽めに働くだけでも、とりあえず社会保険には加入できますよね。日中は「非正規」で軽めに働くくらいがいいですよ。

*家賃の低い所で日中は軽めに働きつつ、ブログなどネット上に「自分の分身」を増やす作業を頑張ればFIRE生活が見えてきます。僕自身もそうしてきました。

投資家まで目指すので完全リタイアではないですが、ネットの作業を頑張らないと自由はないことは分かっているので、このままやり続ける予定です。

この先の「新しい生き方」

基本的に、あまり働かない

正社員として働いていても、仕事が多くて定時に帰れないとか、なかなかサボれないとかであるならば、転職するか思い切って辞めるのもアリです。非正規で、軽めの仕事はいくらでもありますので。

現実の話として、正社員で働いて会社で仕事を頑張ったとしても、給料は上がりません。僕自身、過去に毎月200時間以残業しており、「ブラック企業の養分」として思いっきり消耗してしまいました。

その時間はもう帰ってきませんが、ある意味そっちに振り切ったおかげで、ビジネスオーナーにならないといけないと決意できました。

ビジネスオーナーか、投資家

Employee(従業員)かSelf-Employed(自営業者)では、どうしても限界があります。仮に営業や販売でどれだけ稼げたとしても、病気やケガをしてしまうと収入は途絶えますからね。

ポイント

起業して株式上場とかしなくても、もっと簡単にビジネスオーナーにはなれます。ブログとかHPを作るとか、YouTubeに動画を上げるとか、自分の代わりに働いてくれる資産を増やせばそれでOKです。

まずはネット上で Business Owner(ビジネスオーナー)になり、Investor(投資家)へシフトしていく。この流れがリスクも少なくて安全でしょうね。

普通の生き方は終わりました

働いている人が悪い訳では全くなく、現代では「過去の普通」が崩壊してしまっているので、会社で頑張ることが得策ではなくってしまっています。

日本の労働人口の約70%が中小企業に勤めているわけですが、中小企業は年収200万円すら出したくないようです。しかし、福利厚生もさほど恵まれておらず仕事もキツイのは中小企業です。

終身雇用も保障されなくなっているのに、これ以上そこで頑張る理由って、何なんだろう・・。

バリスタFIREはまさにお手本のようなモデルです。軽めに働き社会保険を維持しつつ、ブログやHPからからネット収入を確保。超合理的です。

ビジネス収入(副業収入)が労働収入の倍くらいになってきたら、あとは何でも好きにやれます。人生をイージーモードに変えていきましょう。

まとめ

いきなり仕事を辞めてリタイアはさすがに無理なので、固定費を極限まで下げて、日中の仕事を軽めにします。時間を確保して副業に没頭すると、徐々に人生が変わっていきますよ。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST