好きなことで生きていく

大好きな事をやる人と嫌いな仕事にしがみつく人の差とは?

hiro
hiro
こんにちは!hiro(ヒロ)です。この記事では好きなことを仕事にする人とそうでない人の違いをまとめました。好きなことで楽しく生きていきたいですね。

これから先の社会では、あらゆる面での二極化が顕著に進んでいくと言われています。特に経済的格差、社会的格差、そして感情的格差の3つです。

*二極化の最も大きな原因は、大好きな事をやる人と嫌いな仕事にしがみつく人の差です。

両者の何が違っていて、どこに差があるのか?大好きな事をやって毎日が充実して楽しく過ごせる人と、生活のために嫌いな仕事にしがみついているためいつもイライラして不幸な人。その違いをまとめてみました。

自己理解がちゃんとできている

自分のやりたい事が明確

まずそもそもですが、自分が何が好きなことなのかを自分自身できちんと理解していることが大前提です。僕には信じられませんがでも中には自分が何を本当に好きなのか分からないという人もやっぱりいます。

ポイント

何が自分の好きなことなのか分からないという人は難しく考えすぎているだけです。それが職業になるわけがないとか、それでお金を稼いで生活していけるわけないとか、そういった先入観や思い込みにブロックされているだけなんです。

とにかくアリが好き!という人も世の中にいます。アリって、あのアリですよ。とにかくアリの観察が好きらしいです。

アリで飯が食えている

大学教授でも研究者でもない「本当にただのアリ好きの人」である島田さん。論文を書いたりしているとアリを見る時間がなくなるからという理由で研究職には就かなったそう。でも誰よりもアリに詳しいからそれが仕事になってしまいました。

大好きなアリが仕事になり、AntRoom というネットショップを運営する経営者でもあります。家族もいて、奥さんと子供が3人、しかも都内に一軒家を建てているほど。

*自分の好きなことの持つパワーってすごいです。自分の好きなことをやっている人のお手本のような人です。

アリが好きで飯が食えるようになるんです。自分の好きなことが何かもう1度考えなおして見ませんか?

自分の好きなこと=ワクワクすること

儲かる儲からないは後でいい

アリ好きの島田さんが出ている回のクレイジージャーニーを見ましたが、本当に心からアリが好きなことが伝わってきます。とにかくアリの事を話す時の顔が本当に子供のように生き生きとしている。

それで儲かるとか儲からないとかよりもとにかく自分の好きなことをしたい。結局は自分がワクワクしながらやれることで飯が食えているわけです。

自分の好きなことが見つからないという人は、何をしている時に夢中になって、何をしている時にワクワクしているか?これを探せばいいと思います。会社に行っている時間がもったいない・・と思えるほどのことが本当はあるはずです。

僕の場合は会社に行っている時間がもったいない、が原点です。もっとブログやりたいしHP作りたいし仕組みをもっと作り上げたいのに。会社で過ごすこの時間が本当にもったいない!という気持ちでした。

お金は後からついてくる

例えば僕がやっているブログやHPというのは、やったらすぐに結果が出るというものではありません。でも好きだから続けられたし、飽きっぽい僕が唯一ずっと追い求め続けていることでもありました。

会社で嫌いな仕事にしがみつく時間のことを考えたら、結果が伴うまでに時間が掛かってもやれるんですよね。だって本当に好きなことなので。

*まずは5万円、10万円というように少しずつ生活費を稼ぐことを目標に好きなことをやっていくのがいいと思います。

このまま生活を維持するための仕事にしがみつかないといけないのかと考えたら、恐ろしくて今すぐ動き始めることができるはずですよ。

まとめ

今のやりたくない事を一生やっていくのかと考えたら意外と動き出せます。やりたい事が見つからない時は、嫌な仕事に一生しがみつかないといけない恐ろしさを考えましょう。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。 >>詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST