仕事と働き方 大人の話題 損しない転職・就職術

パートタイム・有期雇用労働法の分かりやすいポイントとは【賞与と退職金】

悩み中の人
パートタイム・有期雇用労働法って、要するに何がどう変わるんだろう?ポイントを知りたいな。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • パートタイム・有期雇用労働法とは?
  • 待遇差改善の具体的な内容
  • 法改正による最大の注目ポイント

働き方改革が着実に進んでいます。
改正された法律が順次施行中ですね。

脱社畜ブロガーひろ
この記事ではパートタイム・有期雇用労働法のポイントについてまとめました。今度の改正は特にインパクト大ですよ。

待遇差が改善されます

2020年4月(中小企業は2021年4月)から同一労働・同一賃金が始まります。正社員と、パートタイム・有期雇用・派遣労働者との間の不合理な待遇差が禁止になりました。

待遇改善が法律化されたわけです。
非正規には大きな追い風ですよね。

パートタイム・有期雇用労働法、そして同一労働・同一賃金の開始により、非正規の収入が大きく変わることになります。

今回の法改正を上手に生かましょう。
注目すべきポイントについてまとめてみました。

パートタイム・有期雇用労働法で改正された内容とは?

正社員と非正規の待遇差改善

まずは改正内容を見ていきましょう。
改正のポイントは主に3つ。中でも、最もダイレクトに関係するのが「不合理な待遇差の禁止」ですね。

これにより基本給や賞与、交通費や各種手当などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

改正のポイント

  • ①不合理な待遇差の禁止
  • ②待遇に関する説明義務強化
  • ③紛争解決(行政ADR)の整備

この3つですね。
特に①と②が大きいです。

待遇差改善が期待される項目

では具体的にどこが改善されるのでしょうか。
①不合理な待遇差の禁止によって、特に基本給や賞与や退職金などが改善される可能性が高いですね。

待遇差が是施される項目

  • 基本給
  • 賞与
  • 通勤手当
  • 時間外手当
  • 家族手当

この辺りです。
とにかくあらゆる面で正社員との格差が是正されます。

中でも「交通費」はほぼ確実に支給されるでしょう。正社員でも非正規でも、出勤退勤は同じようにするわけですからね。

交通費が正社員だけはおかしいですよ。
もしそうなら、会社にきっちり説明を求めましょう。

パートタイム・有期雇用労働法リーフレット

パートタイム・有期雇用労働法は「賞与と退職金」が最大の注目ポイント

派遣や契約社員も賞与が出る?

もちろん同額はないですね。
大前提として「業務内容や責任の度合」いが勘案されるので、正社員と完全同等にはならないと思います。

それでも業務内容や貢献度によっては、派遣や契約社員でも、賞与が出る可能性は十分にあり得る話です。

会社には説明責任がある

それが②待遇に関する説明義務強化、です。貢献度が高いのに・・と感じている人は、会社としっかり話をしてみましょう。説明責任があるわけですからね。

非正規の多くの人は時給ですよね。
時給に上乗せされる例も多いみたいですよ。

基本時給1400円+賞与分200円とか。
かなり大きな違いですよね。

勤続3年以上の人は退職金も対象に

次に大きいのが退職金です。
退職金の支給なんて、以前からすると信じられないような改善じゃないですかね。

退職金は「局長通達」でも明言されています。
厚労省から各都道府県労働局長への通達

局長通達の要約

派遣労働者に退職金を支払うこと。派遣時給に、退職金相当の6%分を上乗せして支払うことも選択肢の一つとする。

通達文の7ページに記載されています。
この通達を材料に、会社と話ができるはず。

各派遣会社では「退職金前払い制度」を採用している会社が多いです。つまり、時給に6%分を上乗せして支払れる可能性が最も高いと言えます。

時給+賞与などに6%以上乗じた額。
もしその説明がされてなければ問題ですね。

退職金前払い制度の支給例

  • 基本時給1400円
  • 賞与分200円
  • 退職金分100円(6%切り上げ)

例えばこんな感じです。
1600円の6%で、端数は切り上げだからプラス100円。合計時給1700円って、なかなかに大きな違いじゃないですか。

パートタイム・有期雇用労働法により新しい働き方へ

厚労省のお墨付き

厚生労働省HPにはまだまだ資料があります。
この記事ではポイントを絞っていますが、もし全部読んでいくと、これは相当な時間がかかりますね。

中でもよさげな資料を抜粋してみました。
参考にしてみて下さい

厚労省のマニュアル

ボリュームが多いですけどね。
待遇に不満がある人は、少しでも知識を増やすといいと思います。

厚生労働省のお墨付き、これはデカいです。派遣社員や契約社員は、確実な根拠を持って会社と交渉できるということです。

ガンガン交渉してみて下さい。

法律も働き方も確実に変わってきた

この法案に注目したのには理由があります。
それは複業や兼業、そしてフリーランスといった自由な働き方が増えてくることが確実だからです。

フリーランスや独立とまではいかなくても、例えば「非正規雇用+副業」のような選択は、かなり賢い働き方になってきます。

非正規のメリットが生かせる

派遣や契約社員の最大のメリットは、社会保険や福利厚生を享受しつつ、正社員ほどは縛られない働き方ができること。今回の待遇改善は、非正規にとってさらなる追い風です。

非正規雇用はさらに増えます。
ぶっちゃけ正社員でも、給料も特に上がらないし、豊かになるのは難しいですよ。

非正規で最低生活費だけは確保しつつ、空いた時間に自分の好きな副業で稼ぐ。その方がよっぽど豊かになれるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hiro(ひろ)

hiro(ひろ)

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

-仕事と働き方, 大人の話題, 損しない転職・就職術

© 2021 元ブラック社畜hiroのブログ