仕事と働き方

パートタイム・有期雇用労働法が2020年4月1日施行に【同一労働同一賃金】

hiro
hiro
ブラック企業から脱社畜したhiro(ヒロ)です。非正規の待遇改善が具体的に進みつつありますね。今度の改正は特にインパクト大です。

2019年4月1日から具体的に始まった「働き方改革関連法案」が着実に進んでいますね。そして、これから始まる「非正規雇用労働者の待遇改善」は、この先特に有効な追い風となるでしょう。

2020年からは「同一労働・同一賃金」がスタートしますが、これがとてもとても大きな改変になりそうです。

ポイント

2020年4月(中小企業は2021年4月)から同一労働・同一賃金が始まることで、正社員とパートタイム・有期雇用・派遣労働者との間の不合理な待遇差が禁止になります。

パートタイム・有期雇用労働法、そして同一労働・同一賃金の開始により、働き方や非正規の収入が大きく変わることになります。

今回の法改正を上手に生かしつつ、効率的で効果的に豊かに生きていく方法論についてまとめてみました。

パートタイム・有期雇用労働法とは?

正社員と非正規の待遇差改善

パートタイム・有期雇用労働法の具体的な中身としては、非正規雇用(パートタイム労働者・有期雇用労働者・派遣労働者など)と正社員の待遇格差をより縮めるように定められた法律になります。

これにより基本給や賞与、交通費や各種手当などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

同じ距離を通勤していても正社員なら交通費ありで、非正規はなし。みたいなことが禁止になります。非正規だからと暗黙に冷遇されたいた部分が大きく改善されそうです。

もちろん企業としても業務内容や責任の程度によって差を設けるのは当たり前ですが、契約や派遣で正社員並みに働く人が多いのも事実です。

基本給、役職手当、通勤手当、時間外手当、家族手当など、あらゆる面で正社員との格差を是正しなさいという法律になっています。

パートタイム・有期雇用労働法周知リーフレット

僕も経験があるのでよく分かりますが、「責任は重く待遇は薄い非正規」の人が日本にはとても多かったです。この改正はスゴいですよ。

派遣や契約でも賞与が出る!?

もちろん大前提として業務内容や責任の度合いが勘案されるので、正社員と完全同等にはならないと思いますよ。でもそれでも業務内容や貢献度によっては、派遣や契約でも賞与が出る可能性は十分にあり得ます。

これまでは「派遣社員だから賞与無し、契約社員だから賞与無し」という判断が当たり前に行われてきた印象でしたが・・。

ポイント

対象となる待遇は、「基本給・賞与・手当・退職金」からなる賃金と賃金以外の待遇です。2020年4月からは賞与も支給され、退職金も対象になることがほぼ確実になりました。

「責任だけは重く待遇は薄い」で苦しんでいた非正規は、これを機に年収が大きく改善されるでしょう。

むしろ正社員の待遇が下がるなどの逆転現象まで予想されているくらいで、今度の改正のインパクトは相当なものです。

最大の注目ポイントは「賞与と退職金」

勤続3年以上の人は退職金も対象に

派遣や契約社員などの非正規雇用でも賞与や退職金が支給されるなんて、これまでからすると信じられないような改善ですよね。非正規雇用で働いていた当時の僕が聞いたら腰を抜かしそうです。

全ての非正規社員の待遇が改善されるのは間違いないですが、同一業務に対する勤続年数が長ければ長いほどさらに優遇されそうです。

2020年4月1日以降、勤続3年経過した派遣スタッフや契約社員から退職金も対象になりそうです。これは「退職金制度がない派遣事業者も対象」になるというのが大きなポイントです。

つまり現在は退職金制度が無い派遣会社でも、2020年4月1日以降は3年以上勤続している派遣スタッフに対して退職金を払わないといけないのです。

これは2019年7月8日に、厚生労働省から都道府県労働局長に通達(退職金は7ページに記載)が出されたもので「労使協定方式」による全国一律の基準になります。

厚生労働省HPにより公表済み

その他詳細は厚生労働省HPの「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル」内にて公表されています。

マニュアルの場所が少しわかりにくいですが、リンクをたどっていくとちゃんと見つかります。契約社員と派遣の人で微妙に違っていますね。

パートタイム・有期雇用労働法への対応(業界共通編)

改正労働者派遣法への対応(労働者派遣業界編)

マニュアルを要約すると

マニュアルには、労使協定の対象となる派遣労働者の賃金には、基本給、手当、賞与(特別給与)、退職金が含まると記載されています。

ポイント

つまり「基本給・賞与・手当・退職金からなる賃金」と「賃金以外の待遇(福利厚生・教育訓練など)」に対する格差があってはならないと、きちんと明記されているのです。

厚生労働省のお墨付き、ということです。これはデカいですね・・。派遣社員や契約社員は、確実な根拠を持って会社と交渉できるということです。

恐らく派遣会社の方から順次対応や発表があるでしょうから、各自でガンガン突っ込みをいれたり交渉していくと良いと思いますよ。

新しい働き方の到来

法律も働き方も確実に変わってきた

なぜ僕がここに注目したかと言うと、これからの時代は確実に複業や兼業、そしてフリーランスといった自由な働き方が増えてくることが確実だからです。

フリーランスや独立とまではいかなくても、例えば「非正規雇用+副業」のような選択はかなり賢い働き方になってきます。

ポイント

派遣や契約社員の最大のメリットは、社会保険や福利厚生を享受しつつ正社員ほどは縛られない働き方ができることです。今回の待遇改善は、非正規にさらに追い風です。

これらの日本はますます非正規雇用は増えます。ただぶっちゃけ正社員で会社にガチガチに会社に縛られたとしても、給料も特に上がらないし豊かになるのは難しいですよ。

であれば非正規で最低生活費だけは確保しつつ、空いた時間に自分の好きな副業で稼ぐ方が、色んな意味でよっぽど豊かになれると思います。

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業で毎月200時間以上の残業を強いられるド底辺社畜でしたが、Webサイト作成、ブログ、WordPress、Webライティングを学び脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。⇒ ひろぞうのゲーム実況チャンネル
RELATED POST