手取り15万円生活からの脱却方法【副業か転職しないとジリ貧です】

HIRO

手取り15万円から抜け出すには、そこでそのまま頑張り続けないことが1番。転職と副業に全精力を注ぎましょう。

元ブラック企業の社畜でした。
転職もいくつか経験していて、1番低かった時期で手取り12万円の時がありました。正直かなりキツかったです。

家賃の安い地方に住んでいたとしても、手取り12~15万円くらいだと1人暮らしはなかなかに厳しいものがありますね。

自身の体験談も含めてですが、手取り15万円前後でそのまま頑張り続けてもほとんどの場合で報われることがないです。

[st-midasibox title=”環境が悪すぎる” fontawesome=”fa-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

何よりも、そこから逃げ出すこと。決してそこで頑張ってはいけません。骨折り損のくたびれ儲けになるだけです。手取り15万円生活から脱却する最善の方法は、まずは環境を変えることです。

[/st-midasibox]

なぜここまでハッキリ言い切れるかと言うと、有資格者や正社員であるにも関わらず手取り15万円なら、あまりに環境が悪すぎるからです。

そんな環境の中で努力して改善しようとすればするほど泥沼にはまります。変えないといけないのはもっと根本的な所です。

毎日残業しても手取り12万円。
この極貧生活から這い上がれたのは、転職を決断したのと、仕事を頑張るのをやめて副業を始めたからです。

手取り15万円生活からの具体的な脱却方法について、大事な考え方と方法論を実体験込みでお伝えします。これをしないと人生変わりません。

もくじ

まずは手取り15万円の会社をすぐに辞めるべき

迷わずさっさと見切りをつけよう

国家資格を持っているのに、正社員でフルに働いているのに、手取りは15万円ほどしかない。最近時にこんな人が増えていますね。その割には忙しくて、残業や休日出勤まであったりします。

激務で働いているのに手取り15万円で四苦八苦しているなら、それはもう異常事態です。見切りをつけてさっさと転職しましょう。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

派遣や契約社員で正社員より少しユルめに働いても、手取り18万円くらいは普通にいきます。サビ残や休日出勤までして手取り15万円とかなら、仕事というよりも、もはや「苦行」ですよ。

[/st-mybox]

その苦行を耐えるに値するだけの特別なスキルが手に入るとかなら別ですが、たいていの場合は「我慢のみ」ですよね。

手取り15万円くらいなら、毎日定時退社でユルユルな仕事とかでない限りバランスが合いませんよ。

まずは失業保険や職業訓練を活用

僕はこれまでに正社員だけで5回以上転職してきましたが、その度に失業保険や職業訓練などで間をつないできました。

仕事を辞めるのが怖いとか、転職に不安があるのでなかなか環境を変えられないという人は多いですが、本当になんとでもなりますよ。

メモ

特にサービス残業続きとか休日出勤も強いられるような環境であれば、その記録さえきちんと残しておけば失業保険もすぐにもらえる可能性が高いです。勤怠記録が超重要です。

不遇な環境で苦しい思いをしている人は、まずは自分が働いた本当の記録を自分でつけておきましょう。会社はいくらでも誤魔化しますので。

中でもザンレコという無料のスマホアプリが最もお勧めです。辞める前に虎視眈々と準備をしておきましょう。

もし記録が残せていなくても、ハロワで受けれるハロートレーニング(求職者支援訓練)に申込めば、無料でスキルを得られて「手当」もすぐに出ます。

IT系も充実しているし医療事務やネイリスト養成科など様々なコースがあります。立ち止まって人生を見つめ直すことができますよ。

収入を増やして手取り15万を抜け出す確実な方法

辞めた後の選択肢は大きく分けて2つ

とりあえず手取り15万円の会社を辞めたら、時間を使って今後の方向性を定めましょう。と言っても、大きく分けると選択肢は2つだけ。別の会社を探して就職するか、自分のスキルで生きていくかです。

ハロートレーニングなどでスキルを磨き、手当をもらいつつ休憩している間にじっくり考えることができます。ここの時間が大切です。

メモ

安定志向でもう少し社会経験を積みたければ、別の職種や業界にチャレンジするのもいいでしょう。手取り15万円時代に比べれば、ホワイトな職場が見つかる可能性もあるかもです。

ここは人それぞの価値観や将来像によるので、一概には言えないところ。転職かもしくは独立を目指すかで考え方が大きく変わりますよね。

とは言え手取り15万円の会社から比べれば、まだマシな働き口はきっとあるはずですよ。

転職エージェントを使おう

ここで注意点ですが、手取り15万円で苦労した経験がある人は決してハロワで転職を活動をしないで下さい。

なぜなら似たような会社に引っ掛かる可能性が高いからです。無料で求人募集ができるハロワは、ブラック企業も簡単に紛れ込んできます。

[st-midasibox title=”ホワイトを狙え” fontawesome=”fa-exclamation-circle faa-flash animated” bordercolor=”#f44336″ color=”” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” myclass=””]

転職を考えるなら最低でも転職エージェントに登録し、プロに転職の手助けをしてもらいつつ、仕事を探しましょう。仕組み上、転職エージェントは基本的にブラックを排除しています。ホワイト企業が多く、しかも利用料は全て無料です。

[/st-midasibox]

ハロワももちろん無料ですが、窓口の人は転職のプロではありません。親身になってくれる人もいますが、期待してはダメです。

転職エージェントは転職のプロで、ハロワと同じで無料ですよ。ブラック企業は受付けできないので、ここは絶対に使っておくべき。

当然、今より年収が上がる可能性も格段に上がります。自分で言いだしづらい給料や条件面も、エージェントが代わりに交渉してくれます。

副業は簡単にできてしかも人生を変えてくれる

手取り15万円から20万円への近道

手取り15万円の仕事をそのまま頑張ったとしても、そこで給料が上がる可能性がどれくらいありそうでしょうか。たぶんかなり薄い見込みというか、ほぼ皆無に近い話だと思うんですよ。

全体的に衰退しつつある今の日本で、会社に期待しても給料はマジで上がりません。自分で副業した方がよっぽど早いし前向きです。

メモ

例えばクラウドソーシングなんか素晴らしくて、コンビニでアルバイトとかしなくても自宅に居ながら誰でも仕事を受注できます。ライター業務とかなら誰でも稼げますよ。

僕もまずはWebライター業務から始めました。スキルと信頼が自分に蓄積するので、時間を切り売りするバイトとは全く異なります。

IT系の副業はまだ低スキルの人でも簡単に始められて、さらにスキルも磨けます。副業で3~5万円稼げるようになるだけで、かなり人生変わりますよ。

手取り15万円ならすぐに転職か副業を

あとはとにかく動き出すだけです。動かなければそのままシンドいだけで、未来は明るくなりません。副業禁止とかも関係ないです。

どのみち手取り15万円の会社は、自分を助けてくれないです。ちゃんとした別の会社を探すか、副業でスキルップしていくかしかありません。

副業にはブログとかYouTubeとかもいいですよね。コストがほぼゼロで大きく稼げるので、やっぱり今はIT系が最強です。ネットで勝負がお勧めです。

ホワイトに強い転職エージェント3選

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる