人生・仕事に役立つ話 学校では教えてくれないこと

人生に疲れた時「どん底」から立ち直る方法【3つの条件と癒しの力】

現役社畜の人
もう、人生に疲れてしまった・・。今から元気にやり直す方法なんてあるんだろうか?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 疲れた心をリセットする方法
  • 人生を変える方法と3つの条件
  • 疲れたまま無理するのはNGな理由

もう人生に疲れてしまった・・。
その気持ち、すごくよく分かります。

僕自身もそうだったからです。
ボロボロのどん底から、なんとかやり直すことができました。

脱社畜ブロガーひろ
ひろです。ブラック企業時代は月200時間以上残業、交通事故、ケガ、入院とボロボロでしたが、脱社畜して普通の生活を送れるようになりました。

どん底の社畜から復活しました

ド底辺ブラック企業の社畜だった僕でも、何とか巻き返すことができました。だから苦しさはとてもよく分かります。現状から抜け出すには、考え方と行動を変えるのみです。

疲れたら、遠慮せず休みましょう。
少し立ち止まって休憩することも必要です。

「人生に疲れてしまった・・」そう感じる人は、無理せず立ち止まって下さい。どん底からでも、立ち直る方法はまだあります。

無理を続けると、ロクなことないです。
僕のようにボロボロになってしまわないよう、自分を大切にして下さいね。

人生に疲れたと感じたら、まずは心を一度リセットしよう

自暴自棄にならないために

まずは一度冷静になりましょう。
ここで焦ったり、自暴自棄になってはいけません。

何をやっても上手くいかない時は、悪い流れをリセットするために、疲れた心を正常に戻す必要があります。

悪い流れを断ち切ろう

悪い流れを断ち切るには「行き詰まった心」をリセットしないといけません。どんよりした心では、良い流れは訪れないからです。

自信も失っていますよね。
「自己肯定感」を取り戻しましょう。

悪い流れを断ち切る方法

まずは疲れた心を癒してあげること。
効果的な「心のリセット法」があります。

脱社畜ブロガーひろ
疲れた心をリセットするには、4つの言葉を使います。それがハワイ生まれの心の浄化法「ホ・オポノポノ」です。

やり方は簡単です。
4つの言葉を繰り返し唱えること、これだけです。これで疲れた心(潜在意識)の問題をクリーニングできます。

心を回復する4つの言葉

  • ありがとう(Thank you)
  • ごめんね(I’m sorry )
  • 許してね(Please forgive me) 
  • 愛してる(I love you)

ありがとう、ごめんね、ゆるしてね、愛してる。このシンプルな言葉で自分を見つめ直し、頑張っている自分を認めてあげましょう。

4つの言葉の意味

  • 「ありがとう」
    ずっと待っていてくれて
  • 「ごめんね」
    私の素晴らしさに気づいてあげられなくて
  • 「許してね」
    今まで私を信じてあげられなくて
  • 「愛してる」
    ずっと一緒にいよう

ホ・オポノポノは、元々は「医療」
ハワイ生まれの心の浄化法です。

古くからハワイに根付く思想で、問題解決や癒しの手段です。ネガティブな思考や行動をクリーニングし、本来の自分の望みに真っすぐ生きていくことができます。

深呼吸もして、落ち着きましょう。
落ち着けば大丈夫です。心が落ち着いたら、次に「人生を変える具体的な方法」を試していきましょう。

人生に疲れた人が、現状を変える方法は3つしかない

人が変わる方法は3つだけ

人生を変える方法はたった3つ。
最も具体的なのは、世界的経営コンサルタント大前研一氏の言葉です。

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変らない。最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

大前研一(著)
『時間とムダの科学』より

人生を変える具体的行動

  • ①時間配分を変える
  • ②住む場所を変える
  • ③付き合う人を変える

僕はこれを全て実践しました。
時間配分も、住む場所も、付き合う人も全て変えたおかげで、普通の生活を取り戻すことができました。

時間配分を変える

これは1日の時間配分ですね。
とにかく収入に困っている人は、ここをまず実践するのがお勧めです。

テレビやスマホなど、習慣化している余計な時間を削り、副業やスキルアップに没頭する。これで収入の問題を解決できます。

少しずつですけどね。
コツコツやり続けることで、ブログなどの副業収入を少しずつ増やせます。

住む場所・付き合う人を変える

これは同時になることが多いです。
ベストは「環境を変える」ことですね。

仕事や人間関係の疲れなら、転職や引っ越しなど、身近な人と思い切って別れるなどがいいですよ。

「環境の選択」は甘えじゃない

そういう時に逃げとか甘えとかよく言われますが、どっちにしろ他人は何の責任も取らないので、素直に自分の心の声に従いましょう。

まじめとみじめは紙一重です。
自分を犠牲にすることなく、適切に行動していきましょう。

疲れやストレスの原因を分析して、時には思い切って断ち切ったり、別れを告げる勇気を持つこと。エネルギーは要りますが、負のループから抜け出せないよりはずっとマシです。

具体的に行動しましょう。
動かないとずっとそのままです。

こちらもCHECK

仕事が向いてないのは甘えではなく適性です【ミスマッチだと人生消耗】

続きを見る

人生に疲れたまま無理を続けると、さらなる「悪運」を引き寄せます

まじめとみじめは紙一重

日本はまじめで勤勉な人が多いです。
ただし自分の本当の気持ちに目を向けず、無理を続けるとそれが裏目に出るので、要注意です。

疲れてるなら立ち止まろう

上手くいっていない事は「辞め時」も大事です。苦痛に耐えるより、自分に正直になる、が正解ですよ。

悪運を引き寄せたいい例が僕です。
これでもかと言うくらい、負のループが続きました。

悪運を引き寄せた社畜の例

まさに過去の僕です。
できれば、こんな事が起きる前に立ち止まって考え直して下さい。

今思えば、間違った方向に進む自分を止める「サイン」だったのかもしれません。自分を立ち止まらせる何かが起こるんですね。

大怪我と入院

行きたくもない「会社の強制参加イベント」で行われたフットサル大会。接触して転倒した時、激痛とともに、僕の右足首が見たこともない方向に曲がりくねっていました。

1回目が「鋼線等による直達牽引手術」
そして2回目がボルトを足に入れる「関節内骨折観血的手術」です。

これがリハビリ室。
車イスから降りるのが辛かった。
思い出すだけで痛いです・・。

脱社畜ブロガーひろ
リハビリ含めて全治6ヶ月、その間は無収入でした。入院費や治療費、生活費で300万円近くが吹き飛びましたね。

人生に疲れたと感じる時は、自分の本音に素直に従うことで救われる

人生に疲れたと感じるのはサインが出ている証拠

人間、上手くいかない時はあります。
ちなみに僕はさっきの大怪我のちょっと前に、社用車で自損事故も起こしてますからね。まさに負のループでした。

人生に疲れたと感じる時、それは「少し立ち止まるべき」というサインが出ている証拠なのかもしれません。

人生を見直すタイミング

人生のピークは、いつ訪れるか分かりません。いつか訪れる幸運を掴むためにも、マイナスの流れは早めに断ち切っておきましょう。

もし仕事なら、辞めても何とかなります。
失業保険でも職業訓練でも、社会のセーフティネットはいくらでもありますよ。

疲れた人生をリセットする手順

ではここで再確認です。
悪い流れを断ち切って、人生を変える具体的な手順は下記のとおりです。

心を回復する4つの言葉

  • ありがとう(Thank you)
  • ごめんね(I’m sorry )
  • 許してね(Please forgive me) 
  • 愛してる(I love you)

4つの言葉の意味

  • 「ありがとう」
    ずっと待っていてくれて
  • 「ごめんね」
    私の素晴らしさに気づいてあげられなくて
  • 「許してね」
    今まで私を信じてあげられなくて
  • 「愛してる」
    ずっと一緒にいよう

人間が変わる方法は三つしかない。
一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変らない。最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

大前研一(著)
『時間とムダの科学』より

人生を変える具体的行動

  • ①時間配分を変える
  • ②住む場所を変える
  • ③付き合う人を変える

この流れですね。
僕はこれで問題解決しました。

今の状況が望んでない状況なら、まずは全力で逃げ出しましょう。マイナスな影響を与えられる環境からは、即離れるべきです。

仕事も人間関係も全て、逃げるが勝ち。
ちょっとくらい休憩しても、人生はいつでもやり直し可能です。

こちらもCHECK

幸せとは?「幸せの正体」の答えは4つの条件です【幸せの具体化】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
hiro(ひろ)

hiro(ひろ)

ブラック企業で毎月200時間以上も残業するド底辺社畜でしたが、Webサイト制作、ブログ、WordPress、Webライティングを学んで脱社畜しました。現在はブログやWebサイトを複数運営中。 最近はYouTubeでゲーム実況もやっています。

-人生・仕事に役立つ話, 学校では教えてくれないこと

© 2021 元ブラック社畜hiroのブログ