【ブログの書き方】読まれるブログの書き方テンプレート例文と全く読まれない書き方とは

悩み中の人

良いブログの書き方を知りたいな。例文やテンプレートがあると嬉しいな。

こんな疑問にお答えします。

ブログには書き方があります。
まずは良い書き方の流れを掴まないと、どれだけ記事を書いても、全く人に読まれないブログになってしまいます。

HIRO

まずは書き方の流れを掴みましょう。その後はテンプレートに沿って書けばOKです。

本記事ではテンプレートも公開します。
まずは先にそちらからご覧下さい。

この流れですね。
後は記事によって大見出し(H2)を追加して、記事のボリュームを調整していくだけです。

HIRO

本記事もこちらのテンプレ。後は見出し(H2とH3)を追加して調整します。

本記事では「ブログ本文の書き方」と「記事を書く前の準備」について分けて解説していきます。どちらも超重要な内容です。

では早速いきましょう。
型が身に付くとブログはスラスラ書けるようになりますよ。

もくじ

読まれるブログの書き方は「書く前の準備」で全てが決まります

まずはキーワードを選ぼう

まず最初にキーワード選定をしましょう。
ぶっちゃけこれで全てが決まります。

いきなり記事を書き始めるのは1番の悪手です。まずは書く記事の「キーワード選定」から、ここがブログの全てを左右します。

悩み中の人

テンプレートに「①キーワードを含んだタイトル」ってあったけど、それのことかな?

HIRO

その通りです。需要の無いキーワードで記事を書いても、アクセスは全く伸びません。

タイトルに含むキーワードを選ぶ。
これを「キーワード選定スキル」と言いますが、つまり「検索数の多いキーワード」を選ぶ必要があるということです。

もちろん僕だけの持論ではないですよ。
多くのブロガーが通った道なんです。

キーワード選定スキルとは?

まずは検索数の多いキーワードです。
これは当たり前の話で、あまりに二ッチすぎる話題の記事を書いても、そもそもそれを読む人は少ないですよね。

ある程度の検索数があって、さらに競合が少ないキーワードを選び、それを記事タイトルにする。これがキーワード選定スキルです。

HIRO

それと同時に、需要が多く競合が多すぎるキーワードも、検索での上位表示が難しくなります。

そこを見極めるスキルが重要です。
特にブログ立上げ当初は、あまり欲張りすぎることなく、堅実なキーワードでコツコツ記事を積み重ねる必要があります。

ブログの書き方に必要なキーワードの選び方

まずは自分のブログのテーマを明確に。
そのブログがどんな情報を発信しているか、自分のブログテーマやジャンルをハッキリさせましょう。

雑記ブログでも同様です。
自分が得意なジャンルがありますよね。

自分が得意なジャンル(記事を書きやすいテーマ)で、かつ需要のあるキーワードを探していきましょう。無料ツールを使えばOKです。

無料キーワードツール

2つとも無料で使えます。
ここで「確かなキーワード」を先に探さないと、100記事200記事ブログを書いても、全く人に読まれない記事になってしまいますよ。

悩み中の人

書く前の準備がそんなに重要とは知らなかった・・。具体的にどうやってツールを使えばいいのかな?

では次に具体的な使い方を解説します。
重要どころか、読まれるか読まれないか全てが決まる工程なので、書き出す前にしっかり押さえておきましょう。

正しいブログの書き方は「良質なブログネタ」をツールで探すこと

キーワードツールの使い方

では早速使っていきましょう。
実際に具体的な「ブログネタ」をここで探していきますね。

今回は悩み系キーワードから探します。ネット上で常に検索数が多いのは、人の悩みに関することだからです。

検索数の多い悩み

  1. 仕事系(転職・副業)
  2. 美容系(コスメ・脱毛)
  3. ダイエット系(痩せる方法)
  4. 恋愛系(モテる方法)
  5. 恋愛系(マッチング系)
  6. ゲーム系(攻略法やアプリ)
  7. 金融系(投資やFX、株)
  8. 自動車系(中古車・買取)
  9. 健康系(健康食品やサプリ)
  10. 通信系(回線・格安SIM)

代表的なのはこの辺りですね。
今回は⑩通信系(ネット回線・格安SIM)でブログネタ作りをやってみますね。

STEP
ブログテーマを決める

通信系(ネット回線・格安SIM)のブログと仮定します。
格安SIMの mineo(マイネオ)の記事を書いてみるとしましょう。

STEP
検索数を確認する

ここでUbersuggest を使います。

Ubersuggest でmineo(マイネオ) を検索してみます。
検索数を見てみると・・

月に13万回以上の検索数です。
検索数はかなり多いですね。

しかしSEO難易度が高めです。
mineo単体では上位表示が難しいので、次にキーワードを深堀りしていきます。

STEP
関連キーワードを探す

次のステップです。
ラッコキーワードを使います。

関連キーワードを探しましょう。
「mineo」で検索すると・・

関連ワードが909個出ました。
「mineo 料金」「mineo 解約」など、かなりの数です。

悩み中の人

「mineo」単体だと検索数は多いけど、上位表示が難しい。関連語と合わせてブログネタを作っていくってことだね。

HIRO

そのとおりですね。実際に具体的なブログネタを作ってみましょう。

関連語から作ったブログネタの例

  • mineoの初期不良や修理の方法とは
  • mineoを解約する時の注意点は?
  • MNPでmineoに乗り換える方法を解説
  • 格安SIMを徹底比較!mineoの評判とは
  • mineoマイページに入れない理由を解説
  • 今月のmineoキャンペーン情報お知らせ
  • mineo乗り換え前に確認したい注意点
  • mineoでログインできない時の対処法
  • バッテリーの減りが早いのはmineoのせい?
  • mineoにすると料金はどれくらい安くなる?

mineo+関連語のキーワード
2つの無料ツールを使って、検索数も多くて、かつ上位表示もしやすいブログネタが作れました。

これでやっと事前準備完了です。
記事を書き始める前に、最低でも「キーワードの検索数と上位表示の難易度」は必ず調べておきましょう。

でないと骨折り損のくたびれ儲け。
いくら記事を書いても、誰にも需要が無い記事で量産するだけになってしまいますよ。

SEOを意識したブログの書き方を実践しよう

ブログ集客の基本はSEO

ブログはとにかくまずSEOです。
検索で上位表示されなければ、アクセス数は増えません。SEOに強くないと、ブロガーが生き残るのはまず無理だからです。

SNSからの集客もありますが、SEOで集客してブログ収益を上げているという実績があるからこそ、SNSからもファンを集められるんですよ。

集客はまずSEOからです。
そのためには先ほど探したキーワードをブログ内に散りばめていくことが重要になります。

テンプレートにキーワードできるだけ盛り込む

さっきのキーワードを例に考えます。
「mineo 解約」を使ってみますね。
これをテンプレートにできるだけ盛り込むことが重要です。

まずは①記事タイトルを作ってみますね。

mineo解約方法と注意点とは?乗り換え先のおすすめ格安SIMもご案内

試しにこんな感じです。

悩み中の人

mineo 解約を盛り込んだ記事タイトルだね。ちゃんと検索で引っ掛かるようにするってことか。

HIRO

「大見出し(H2)」「小見出し(H3)」にもできるだけ入れ込めたいですね。

大見出し④⑦にも入れましょう。
できれば小見出し⑤⑥⑧⑨⑩にも、自然に散りばめられるとより良いですね。


mineo解約する際の手順とは

└⑤小見出し
└⑥小見出し


mineo解約すると違約金がかかる

└⑧小見出し
└⑨小見出し
└⑩小見出し

この流れです。
大見出し(H2)と小見出し(H3)は階層構造になっていることが重要です。H2の深堀りとして、H3の見出しが自然と流れるようになっていることです。

読まれるブログの書き方にするために

むやみに記事を書き続けるのはNG

もう100記事も書いたのに・・
そんな経験をしたことがある人もいるかもしれません。というか、僕自身もかつてそれを経験しました。

よく見ると経験済みの人もわりと多いです。
低品質記事を更新しても、本気で無意味ですからね。

ブログはまずはキーワード選定から。
探し出したキーワードに沿って記事を書きましょう。でないと「埋もれる記事」を量産するだけの作業になってしまいます。

悩み中の人

キーワードを選ぶことの重要性は分かったよ。その選んだキーワードで書く記事の内容はどこに気を付ければいいかな?

HIRO

記事の質を上げるには選んだキーワードに対する「問題解決方法」にすることですね。

記事の質を上げる書き方とは「悩み+問題解決」

記事は問題解決方法にすること。
これで記事の質がグッと上がります。

ただの日記を書いても誰の役にも立ちません。キーワードに対する解決策こそが、人の役に立つことのできる記事となります。

先ほどの「mineo 解約」で考えてみます。
このキーワードで検索する人が求めるものは何か、それは「解決策や情報」ですよね。

HIRO

自分の経験値から発信できるものなら最強です。だけど「代わりに調べました」でも全然OKなんです。

悩み中の人

なるほど。代わりに調べて記事にまとめるだけでも、十分人の役に立つことができるんだね。

それでも十分です。
誰かが代わりに調べて記事にまとめてくれてるだけで、忙しい人やパッと情報が欲しい人の役に立つことができますよね。

これを付加価値と言います。
ブログ記事には誰かの役に立つ付加価値を意識すれば、記事の質はグッと上がりますよ。

読まれるブログの書き方まとめ

では最後にもう1度振り返りです。
流れを確認しておきましょう。

ブログの書き方の流れ
  1. ブログのテーマを決める
  2. Ubersuggest で検索数を確認
  3. ラッコキーワードで関連を探す
  4. 記事のタイトルを決める
  5. 見出しにもキーワードを入れる
  6. テンプレートの形で書いていく
  7. 問題解決になる記事を書く

この流れでした。
事前準備をしない記事の書き方だけはやめましょう。

キーワードを選んで「悩み+問題解決」
これで記事の質はグッと上がり、読まれるブログの書き方ができるようになりますよ。

「副業収入の作り方」無料メール講座を期間限定で公開中です

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる