好きな事で生きていく

やりたいことが分からない・・という人はどうお金を稼いで生きていくかを考えよう

[voice icon=”https://hiro07.com/wp-content/uploads/2018/12/nprf.jpg” name=”記事執筆者 hiro” type=”l”]こんにちは!hiro(ヒロ)です。
この記事では「やりたいことが分からない」という人に向けての解決策についてまとめました。結論は何をやって稼いで食べていくか・・ということです。[/voice]

自分のやりたいことが分からない・・という悩みを持っている人は意外と多いものです。自分が何をしたいのかが分からない、何をやりたいか、何が自分に向いているのか分からないという悩みですね。

小さい頃から将来はアナウンサーになりたかったとか、学生の時にとある会社の社長と出会って経営者を志すようになったとか、何かしら方向性が定まっていればいいのですがそれが無い人も結構多い。

実はこの悩みは突き詰めると2パターンの答えに絞られます。単純に自己分析が足りないだけか、もしくは自分のやりたい事をやっている会社がない(もしくは少ない)から就職じゃなくて起業向きなのか。このどちらかです。

まずは徹底的に自己分析を

自分の強みや特性を知ろう

色々段階があるので時系列で見ていきますが、まずはまだ就職前の時点でやりたいことが分からないという人の場合。まだ就職前の時点でやりたいことが分からないという人は学生のうちにできるだけアルバイトを経験しておきましょう。

それも1つじゃなくて転々と色んな職種をやってみるのがいいです。日雇いバイトみたいなのは特に都合がいいかもしれませんね。学生のうちにとにかくできるだけ多くの業種に触れておくのです。

自分は愛想を振りまくのが苦手だから接客業は向いてないんだなとか、自分はやっぱりパソコンを扱うのが得意だとか、私はアパレルが好きだなとか、塾講師みたいに人に何かを教えるのが向いてるなとか。

 

バイトや転職など、働きながらできるだけ自己分析をする

 

これがすごく重要です。もう社会に出ているけど、今の仕事やこの生活でいいのだろうかと疑問があるならどんどん転職しましょう。そもそも会社で勤めるのが合わない人なのかもしれません。

自分が得意な分野とか職種をできるだけ多く経験して自己分析しておくと、やりたいことが分からないという悩みはかなり減少していきます。

ワガママでいい!人生1回しかないから

社会や会社に期待してはいけない

例えば美容師になりたいとか、医者になりたい、サッカー選手になりたい、役者になりたい、漫画家になりたい、芸人になりたい、社長になりたいなど、具体的な職業を自ら能動的に目指せる人はそれでいいでしょう。

でも、自ら能動的に「これがしたい!」というものがない人の場合、残念なお知らせかもしれませんが、あなたのやりたいことは社会には用意されていません。既存の仕事のどれかを選んで好きになっていくしかないのです。

 

なぜなら、社会で楽しい仕事が自分のために用意されているわけがないから

 

営業なのか事務なのか、医療・福祉系か、行政・法律関係か、もしくはファッション・美容関係かもしれません。今ある既存の職業のうちどれかを選んで自ら好きになっていくしかないんです。自ら仕事を好きになるってやつですね。

好きになれそうな職業がない時は

だからどこかの会社に入って、誰かが作った仕事の仕組みの中でどこかにやりがいを見つけていくしかない。誰か(もしくは創業者)が作り出した仕組みをなぞっていく、その仕組みを回すお手伝いをすることで対価を得る。

実は多くの人がここに落ち着きます。なぜなら、サラリーマン・会社員とはそういうものだからです。その中でやりがいを見出して仕事をこなしていくんですね。でも、それじゃ嫌だ!と思う人もいるでしょう・・

 

それが嫌だと感じる人は個人事業家に向いています

 

起業家っていう言葉が難しそうな印象を与えてしまうかもしれませんね。起業もしくはフリーランス、個人事業主向きです。要は人に雇われるのが嫌だと思うタイプの人は自らの力で稼ぐという選択肢が向いているのです。

自由にワガママに考えろ!

難しく考える必要はなくて、社会に出ると必然的に2択しかなくなるんです。どこかの会社に就職して働くか、もしくは自分で個人事業をやるか自分で起業して会社を作るかの2パターンしかないんですよ。

最近流行りのユーチューバーでもそうです。事務所に所属はしているけど決して「会社員」ではない。所属事務所の会社役員か、もしくは自分の会社を持っている人もいる。彼らは個人事業をやっているわけです。

 

就職や雇われで働くという発想だけだと、やりたいことは見つかりにくい

 

もっと自由でワガママでいいんですよ。
こんなことでお金稼いで生きていけたら最高だな~!って思うことでいいんです。今の時代、ゲーム実況で飯食っている人もいるんですから。

今後どうやってお金を稼いでいくかを考えよう

やりたい事がなくても働く必要がある

究極を言えば「やりたい事がどうしても無い」場合でも、この日本であれば何かしらの仕事をすることで取りあえず生きていくことはできるわけです。最悪何かしら仕事をすれば食べていくことはできる。

ほとんど多くの場合、1日の最も多くの時間を仕事に費やすわけですから何でどうやってお金を稼いでいくかが重要なんですよ。仕事が占める時間の割合は人生の中でめちゃくちゃ大きいわけですからね。

 

やりたい事がどうしても無くても、どのみち働いて納税する必要があります

 

資産家とか大富豪のように働かなくてもいい人は別ですよ。ほとんど多くの人の場合は1日の最も多くの時間を仕事に費やすわけです。特に日本の労働時間は世界一長いんだから。だから「何でどうお金を稼いで生きていくか」でやる事を決めましょう。

どうせなら好きなことをやる人生

◎好きなことをやってお金がある人生

〇好きなことをやってお金がない人生

▲嫌いなことをやってお金がある人生

×嫌いなことをやってお金がない人生

 

これは本田健さんの有名な「ユダヤ人大富豪の教え」という本に出てきたフレーズです。もし、今嫌いなことをやってお金がない人生だとしたら今すぐ転職しましょう。嫌いなことだけをやっていてさらにお金もないならすぐに状況を変えるべきです。

逆に好きなことをやってお金がある人生なら最高ですね。好きなことをやれていてお金がない人生だとしたら、お金を稼げるようにもっと努力するか、もしくはお金じゃないやりがいの方に人生の比重をおくのもいいですね。

ゲーム実況やライブ配信で飯が食える時代

子供の頃の遊びにヒントがある

今は「こんなことでお金稼いで生きていけたら最高だな~!」って思っていたようなことが現実になっている時代です。子供の頃に好きだったゲームをもう1度やって、YouTubeにアップして稼いでいる人もたくさんいます。

ゲーム実況者というジャンルができてしまって、最新のゲームも今では大人の方がやり込んでいるような世の中です。子供の頃に夢中になっていたことが大人になっても続けられて、しかも会社員の何倍も稼ぐという事実。

 

世間体を気にして自分を押し殺すことほど愚かなことはありません

 

子供の頃に夢中になっていたことにきっとヒントがあります。趣味や好きな事を仕事にして生きている人はたくさんいます。そこに実感がもし持てないのであれば、それは自分の周りにそういう人が少ないというだけですよ。

好きな事をやった人の勝ち

好きなことを仕事にしたい!好きなことで生きたい!なら、今の時代はネットリテラシー(情報ネットワークを正しく利用する力)を向上させることが1番です。ブログやアフィリエイトに強くなるのが間違いなく1番ですね。

 

今はインターネットを使えば誰でも副業や起業ができる時代だから

 

誰でも大きく稼げる可能性があります。パソコンとネット環境さえあれば誰でもできる。ユーチューバーでもそうですよね、あるのはパソコンとビデオカメラとネット環境だけです。

逆に今ネットリテラシーを磨いておかないと「好きなことをやってお金がある人生」にたどり着くのはかなり難しくなるでしょう。新しい知識・情報を受け取る姿勢は常に持っておくべきですね。

[voice icon=”https://hiro07.com/wp-content/uploads/2018/12/nprf.jpg” name=”hiroのまとめ” type=”l”]やりたい事は社会や会社や職業の中にはありません。自分の中にあります。こんなことで食べていけたら最高だな~と思うことを遠慮なくやりましょう![/voice]

ABOUT ME
アバター
hiro(ヒロ)
ブラック企業社畜→ボロボロの社会人生活→ 脱サラ→ 自分の時間を好きに過ごす生き方へ。WordPressやSEO、在宅ワークについて研究するブログを書いてます。

>>詳しいプロフィールはこちら